板に戻る 全部 本家 最新10 1-

なぜ、2020年夏以降、日本ではテレワークに関する議論は下火になっている? @06914

1 2021/04/06 18:16 ID:167
ドイツと日本「テレワーク格差」が拡大したワケ 日本人は「出社したがり病」に見えている
toyokeizai.net/articles/-/420623

ドイツでは今、コロナ禍が引き金となって、新たな働き方改革が推し進められている。
テレワークをどのように定着させれば、市民そして企業にとってベストの結果が得られるか。ドイツで湧き起こっている議論には、われわれ日本人がワークライフバランスの改善について考えるうえで、大いに参考になる内容が含まれている。
2yuuka 2021/04/06 19:00 ID:a05
日本語の曖昧さ故の文章、会話での意思疎通の難しさがテレワーク向きで無いのかも?
こちらでの、投稿でさえ、誤字脱字変換ミス、句読点の位置や、助詞や接続詞など全てのことで、誤解を産んでいる。?その他、業務資料などが無いと躓いた時点で仕事が停滞してしまい業務効率が落ちてしまったりするのが原因で、出社してしまうのでは。?
3うぃず 2021/04/07 04:51 ID:536
議論が下火なのかはわからないですが・・・ 日本でテレワークがうまくいかない原因は割と明らかかなと思います。

一つはコミュニケーション能力が無いこと。日本は基本的に「気心知れた仲」で友人を作り、ディベートや討論などの経験を一切せず社会に出ますから、当然コミュ障だらけになります。
要は「価値観のあった気心知れた仲」でないと会話が成立すらしない。価値観異なる奴はハブって友人じゃない扱いが普通なのがいかに異常なのか、もうちょっと深刻にとらえたほうが良いですニェー(^ ^;;;

二つ目は責任感のなさ。これも社会に出るまで責任とは皆無で、社会に出てからも曖昧極まる状況なので責任感なんて育たない。
結果として「指示待ちロボット」になってしまう。
自発的に何かすることに強い抵抗感を覚え、指示がないと「上手くいかなかったときに理不尽に怒られる」となって自発的な行動ができない。
コミュ障も相まってパワハラだのモラハラだの、意思疎通や相互理解もできず、結果的に「権力に従うのが当たり前」の権力型組織にしかならない。
4うぃず 2021/04/07 04:59 ID:536
三つめは評価が下手くそ。社会に出るまで他人を評価することをせず、社会に出てからも評価をする経験がほとんどない。一方で評価は密室で行われるので、経験して覚えることもできない。
結果として、「忙しそうに働いていることを見て確認する」のような中身のないやり方で評価するなど、トンデモ評価しかできず「信頼して任せる」ことができない。
当然指示待ちロボットに「信頼して任せる」なんてやってもロボットは動かない。それを「使えない奴だ!」と怒り散らす。


とまぁ、そういう性質なので、教育レベルで根底から変えない限り無理だろうなぁと思います。

きちんと芯のある、人間としてまともな日本人は、レア中のレアな存在ですから、大半の人はリモートワークなんて夢のまた夢になっちゃって、マイノリティ化。結局マイノリティは白眼視されて、一部少数の人が楽をするためのことなんてやる意味ない!なんて感じにしかならない。


とまぁそういう感じだと思いますヨー(^ ^;;;;;;;;;;;;

  投票
本家に投稿する場合はここから