板に戻る 全部 本家 最新10 1-

マイナポータルによる持続可能なコネクテッド・ワンスオンリー申請 @06872

1 2021/04/02 06:05 ID:dda
<理念>
・個人が行う手続きにおいてサービス提供側(公的機関を含む)が求める申請内容から申請内容を組み立てるのではなく、申請者が持つ個人情報を基に申請を組み立てるしくみ
・過去に申請した内容は記録されているのでワンスオンリーの申請が可能となる。
・申請にのみ着目するのではなく、変更手続きにも事由の発生を起点に申請できるように配慮する。

<実現方法>
・国民一人ひとりに提供されたマイナポータルを利用してログイン時に取得できる個人情報及び本手段を通して記録された個人情報を基にサービス提供側(公的機関を含む)が求める申請内容を組み立てて、本人の確認後に申請する。
・求める申請項目はベースレジストリーにより標準化されている。
・必要に応じて外国語での申請も可能とする。
・申請の受理・承認・問い合わせはマイナポータル内のワークフローで確認できる。
・サービス提供側か申請側の事由により申請内容に変更が生じた場合は事由の発生を起点に本人の意思で変更申請が可能とする。
・サービス提供側の参加には厳正な審査と個人情報の取扱に関する遵守事項に従う義務を課する。
・同機能で有していない個人情報は申請時に記録して継続的利活用ができるように配慮する。
2北本安範 2021/04/02 07:54 ID:dda
賛成
このアイデアはマイナンバーカード関連の施策等を鑑みると必然性を感じる。提案せずともいずれは施策化されるべき内容であると思う。既に施策化されている可能性もある。
3UNZEN.JP 2021/04/02 08:37 ID:e15
賛成
還付金や高額医療費などで行政側からの通知がありますが、それをもっと広げて行政全般で行う、という意味だと思います。
それができると、今のコロナ関係の助成金ですか、自分が対象になるかどうかも分からず放置している人や、対象だと思って書類を集めて面倒だけど提出してみたらダメだったとか、そんな無駄な労力もなくなるし、行政事務も効率化できていいと思います。(詐欺もなくなる)

基本、デジタルの目標(理想)は「必要な人に必要な情報を」届けることなので、マイナンバー管理で本人の情報が一覧できるならば、自動的に処理をして対象者に通知して承認(申請)にチェック入れるだけというのは、とてもいい未来のデジタル社会のあり方だと思います。

保険証のマイナンバーカード化の利点一つに、高額医療費を申請なしにその場で適用できるという説明があったと思いますが、使えるデータは使いまわすと言ういい感じの方向で進んでいるようです。

・マイナンバーカードの保険証利用で、患者サイドにもメリット
gemmed.ghc-j.com/?p=36609
>マイナンバーカードの保険証利用で、「高額療養費」の活用も容易に
4s.ogawa 2021/04/02 09:11 ID:7b5
賛成
行政手続きがプッシュ型になり・簡易な選択や調整と承認だけで完了するようになれば、かなり素晴らしい経済効果が見込めますよね。
手続きに一日忙殺される人と、数秒で簡易に完了する人の対比は、CMに採用されても効果がありそう。
5北本安範 2021/04/02 09:29 ID:dda
賛成
追記
申請者本人は申請時には自ら申請でサービス提供側に個人情報の開示先を意識しても忘却・失念は大きな課題である。

退会や個人情報の利用を自らの意志で停止をしようにもどこに申請したかも経年を経ると不明確になりがちである。自ら個人情報を自ら管理する理念を掲げるなら個人情報の管理は避けて通ることができない課題であると考える。
6信長たろう 2021/04/03 17:54 ID:233
賛成
こんにちは、私が考案した内容:デジタル改革世界標準化案(シリーズ13回)の考え方(=種々の手続きが電子化され、また印鑑が廃止され、30倍ほどの効率UPとなります。)と全く同じです。(ポータルサイトの方が先に設定されているから、私が真似をしていることになります。)

<世界標準化案での改善点>
 1.なりすまし(マイナバーカードを窃盗&何らかの方法でパスワードを知る)を防止するために、刻々と変わるパスワード読み上げの、数秒の顔動画と音声情報(声紋)のAV情報を電子書類にリンク付けします。

 2.管轄スタッフ側が(脅迫されたり、買収されたりで)各電子書類の持ち出しや改竄するのを、不特定のスタッフと本人とのコラボとで、各電子書類を作成するようにして、防止しています。

 尚、ポータルサイトでは、マイナンバーカード&読み装置が必須(よって、盗難や紛失の問題、カードを受取らない、受けとれない人にはXです。)ですが、世界標準化案では、不要になる他、安全性がぐっと増し、またパスポート代替他多くの機能が付加され、コミュニケーションツールとして、仕事の効率UPや外国人との会話がスムーズにできます。

  投票
本家に投稿する場合はここから