板に戻る 全部 本家 最新10 1-

企業の都合をゴリ押ししすぎ(個人的に録画したコンテンツについて) @06456

1YoMogi 2021/02/21 16:03 ID:62a
著作権保護方式のDTCP-IPについて、コンテンツ保護の必要性は理解できますが、あまりにユーザーに負担を強いすぎです。

・機器が壊れたり買い換えると、HDDに録画しておいた番組が見られなくなる。

・その対策として、NAS(ネットワークHDD)にダビングして保管しておこうとすると、DTCP-IPに対応した機器が必要になる。

・そもそもルールが複雑な上、仕様がメーカー間で統一されておらず、非常にわかりにくい。

・統一された窓口もなく、ユーザーが自力で調べなくてはいけない。

・機器やソフトウェアによって、相性の問題が頻繁に起こる。
あの機器とこの機器の組み合わせではできたことが、こちらではできないとか、
ダビングした録画番組を、あのソフトだと再生できるけど、こちらだと駄目だとか。
苦労しても見られるならまだ良いほうで「この機器でダビングすると、iOSでは見られない」みたいなことも起こる。

・余計な出費を強いられる。
そもそも、コストが製品に上乗せされている上に、対応プレーヤーは有料なので、別途購入する必要がある。

・参入している企業が少ない。
もともと対応プレーヤーを作っている企業が数社しかない上に、それらの企業もほとんどが撤退している。
この先も保管したコンテンツが見続けられるかどうか不透明。

もちろんBDに保管すれば従来のビデオテープのような使い方はできますが、
BDプレーヤーがいつまであるかもわからないし、そもそも今の時代にアナログ過ぎます。
こちとらスマホやタブレットで見たい!のです。

そもそも海外ではプロテクト自体ないと聞きます。
企業の都合をゴリ押しするなら、せめてユーザーができるだけ困らないような体制を作るべきです。
2UNZEN.JP 2021/02/21 16:31 ID:e15
賛成
BDに書き出して、パソコンでデータを変換して、スマホにコピーすれば見られます。
でも手間なのでそのままスマホにコピーできれば最高ですよね。

  投票
本家に投稿する場合はここから