板に戻る 全部 本家 最新10 1-

マイナポータルに、新型コロナ早期探知情報の掲載を @06434

1エスタブリッシュ・ニュープライバシー 2021/02/19 03:25 ID:efd
政府の分科会の会長が言うように、感染症の予防には、『早期探知・早期封じ込み』が重要です。これができれば、鳥インフルなど、将来の新たなウイルス脅威にも対応できます。

今後、コロナ前のような経済活動を再開するためには、”早期探知"の仕組みを作っていくことが重要だと思います。


マイナポータルについて機能提案です。

[提案]
全国の駅の浄化槽のバクテリア体内をPCR検査し、陽性反応が出た場合は、その場所を地図や住所で表示する


内容としては、コスパを抑えて、感染者の迅速な探知と絞り込みを行うために、人が沢山集まる全国の駅の浄化槽(特にバクテリアの体内)をPCR検査し、陽性反応が出た場合は、その場所をアプリで表示します。

例えば、『A駅の下水にて、○月○日のPCR検査にて陽性反応を確認』と出れば、それと同じ日にA駅を利用していれば、自身が感染している可能性があります。

これにより、自身の行動について、注意喚起を行うことができます。


浄化槽が設置されている駅であれば、沢山の人々の検体が浄化槽に集まります。浄化槽内のバクテリアの消化器内部を調べることで、ウイルスRNAの断片が残っていれば陽性反応が出るでしょう。

この検査で陰性が出たからと言って、その建物の利用者全てが陰性とまでは保証できません。しかしながら、この検査で陽性反応が出た場合は、その建物の利用者に陽性者がいる可能性は極めて高いです。

また、駅の利用者には、トイレに立ち寄った際に、洗面台に積極的に唾液を出してもらうようにすれば、より沢山の検体がバクテリア体内に集積されるでしょう。


最近ではワクチンが注目されていますが、有効性の内容としては、人体実験の結果ではなく、感染に注意した生活を送っている2つのグループの、感染判明者数を比較しているように思います。したがって、現時点では次の事しか言えないと思います。

『日本でワクチンが普及しても、これまで通り、感染に注意した生活(マスク着用、5人以上の会食禁止、大学生のリモート実施、など)を継続すれば、第1波・2波・3波の感染者数は95%減少する可能性がある』

つまり、ワクチンが普及しても、早期探知の仕組みがなければ、感染が再拡大するシナリオは考えられますし、以前のような、"感染を気にしなくていいような縦横無尽"な経済活動は再開できない可能性があります。
2変えたい人 2021/02/21 14:08 ID:66a
反対
早期探知の仕組みの具体的な内容については専門家ではないので良く分かりませんが、使用者が多いとは言えないマイナポータルよりも他の手段を使ったほうが良いと思います。(例えばLINEとか)

  投票
本家に投稿する場合はここから