板に戻る 全部 本家 最新10 1-

【喫緊】国会、政府のテレワーク @05869

1TTaké 2021/01/09 10:23 ID:c5a
現在、首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言が出され、永田町のある東京都は「緊急事態措置」が講じられています。特に都市部ではステイホームで外出を控えて蟄居し、多少の無理があってもテレワークが強く求められています。そして我々もそれに応じているところです。

内閣及び議員の方々は、可能な範囲だけでも、議員会館にそれぞれがこもり遠隔で議論を進め、行政・立法を進めることが国民への強いメッセージになるのではないでしょうか。

皮肉でも嫌みでもありません。現政権の大きな方針である既成概念にとらわれない見直しにも合致します。まずはやってみていただきたいと考えています。
2MuneAndo 2021/01/09 10:50 ID:d7a
賛成
みなさん大勢で集まった会議の結果で、「テレワークを推進する。」と言われてもね。
3TTaké 2021/01/09 11:10 ID:c5a
>>2 ですよね。申し入れの会見でも大臣と知事の高齢者5名が隙間をあけずに並んでいて、なんだこれ?と思ったところです。あれも永田町に出向かずともテレ会議で充分なはずです。
4TomoyaNarita 2021/01/09 12:55 ID:90e
賛成
ほんとにその通りだと思います。できることからやりましょう。
5TTaké 2021/01/09 13:17 ID:c5a
>>4 緊急事態なのです。民間もバタバタです。即応する姿をみせる事で、国内外に国の危機管理意識を示せると思います。信頼を得る上でも意味が大きいと思っています。
6ただびと 2021/01/09 19:40 ID:e7d
賛成
人と会って話さなければ進まない今の議員の現状が、日本を苦しめている現状が垣間見る現実ですね。ただこうさてきた、日本国民にも責任は、ありますね。
7TTaké 2021/01/09 20:41 ID:c5a
>>6 その通りですね。
まさに、国民を越える政府を我々は持ち得ない、です。国民主権の民主国家ですから。
なので意見があれば発言し伝え続ける必要があります。国民主権の民主国家ですから。
8UNZEN.JP 2021/01/09 22:38 ID:e15
賛成
みなさん。

間接民主制における私たちの主権代表である国会議員の皆様が、立派なお手本を見せてくださいます。

心して、彼らを範としましょう。
多人数での会食オッケーです。密集会議で口に泡飛ばして、ついでにコロナ飛沫飛ばして、感染拡大の危険よりもヤジ飛ばす方が快感です。議員席にパソコン置いて議員の個室で有線接続してテレビ会議すればいいものを、そんなこと面倒だし慣れていないから嫌だとワガママ言ってもオッケーです。テレワークなんかしなくていいというお手本です。その後は恒例の料亭会議やるんでしょうね。
彼らがお手本を見せてくれます。すべからく注目して、彼らの行動を真似ましょう。

その結果、国会がクラスターになったら少しは変わるかも知れませんね。
9TTaké 2021/01/09 23:34 ID:c5a
>>8 わかります。皮肉も言いたくなりますね。
中長期的なことはまた別に議論があってしかるべきですが、現下の課題として我々はコロナ禍の真っ只中です。閣僚や議員の感染により国権の機能を低下させないよう、そして国内外へのメッセージとしても、早急におこなってただきたいと考えます。それで【喫緊】としました。多くの人々が緊急事態宣言下にありステイホーム中なのです。
10UNZEN.JP 2021/01/09 23:45 ID:e15
賛成
>>9
書く直前に「(議員の)5人以上の会食は責められない」ことになった(議員同士で)とニュースで見たんですよ。
国民には自粛を求めながら、自分たちは特権例外なのかと憤慨してしまい、強烈な皮肉になってしまいました。すみません。

もっと代表としての自覚が欲しいものですね。身を以て示せと。でもレンポーさんあたりにこれをまた政府の批判材料として使われたら嫌だな。議員全員への怒りですからね、念の為。
11TTaké 2021/01/10 06:34 ID:c5a
>>10 いえいえ、同然の視点であるとおもいます。デジタル改革を標榜する官房には即応すべき事も時間を要する課題も声として伝えたいところですね。
12b 2021/01/10 11:31 ID:605
日本国憲法と国会法を読む限り、出席とか集会とかの語句があるけれど
オンライン会議でも違憲、違法にはあたらないかなとは思う
衆議院規則や参議院規則には、演壇に至り、とか木札とかの物理的な制約が書いてあるから改正が必要だろうと思う
13TTaké 2021/01/10 12:31 ID:c5a
賛成
>>12 なるほどです。法整備が必要な点があるとすればそれ以外の部分からでもさっさと始めて欲しいです。
少し角度を変えて被選挙権でいえば「私は議員会館にステイホーム中、陳情は全て遠隔で」と真っ先に言った議員は次の選挙で有利に働くと思うのです。
14UNZEN.JP 2021/01/10 13:40 ID:e15
賛成
本文でも軽く述べられていますが、具体的な方法を提案してみてはどうでしょうか。

国会の各議員席にそれぞれ一台ずつカメラ付きモニタ(iMacみたいな?)を置いて、顔が映るようにする。これは議員会館の各個室に直接繋がっています。
議長だけが議場に入室し、手元の操作盤で発言者を指定し、議事を進める。
テレビの国会中継はその様を映す。
議席のモニタに国会議員全員の顔が写っているイメージです。

内閣同士や官僚とのやりとりは個別に回線を作っておく。
賛成反対は手元のボタンで(よくテレビのクイズ番組にあるような)。
または赤白(マル・バツ)の旗を持っていてどちらかを上げるでもいい、モニタで確認できるので。

ちなみに着席する椅子はゲーマーチェアーがオススメです。長時間でも疲れません。

これまでの慣習との折衷案ですが、できるところから始めるとして、こんな感じでしょうか。
モニタを介して発言できるので、キーボードに不慣れな議員さんもできると思います。
他に妙案ないですかね?
15TTaké 2021/01/10 14:47 ID:c5a
賛成
>>14 ありがとうございます。私の頭もなかで本会議の優先度は低めでした。現在は国会は閉じていて次の召集は18日です。また期中も各議員が本会議場にて費やす時間はとても短いと思います。

一般国民も他業種の内情はわからないように、国務について実体験があるわけではないので具体的提案はしかねます。ただ、工場や物流のようにモノを扱う現業部門ではありません。前回の緊急事態宣言から一年近くがたっています。我々は様々な工夫をして仕事を進めています。ホワイトカラーの仕事にリモートワークを強く要請しておいて、自分達は別であると出来ない理由を探させてはいけないと思います。現に各議員には、議員会館そして(一部を除いて)議員宿舎が国家予算で提供されています。そこで各議員が秘書ほかチームでステイしてテレワークしてみてはという提案になるわけです。

またこの提案は地方公共団体にも言える話です。

今、まさに今現在、国民も公僕も緊急事態宣言のさ中にあるので、我々と同じくやってください、と言うことです。
16UNZEN.JP 2021/01/10 15:32 ID:e15
賛成
>>15
すみません、私は本会議がすぐ頭に浮かんだので、そこで「国会もテレビ会議してます」となれば国民へのアピール度は抜群なのに、と思い書いてみたものです。
国会本会議がこうなれば他は自ずと改善されていくのではと思います。

こちらの田舎県でも県議が感染していたりで、やはりこういう人たちは仕事柄濃厚接触しやすいのかなとも思います。「膝を交えて」「顔を合わせて」が絶対みたいなところがあります。
次の選挙ではコロナに対応し、デジタルに対応した新しい候補者が出てくれることを期待します。
17TTaké 2021/01/10 16:49 ID:c5a
賛成
>>16 ですね。本会議その他法制に関する部分についてのご指摘はbさんより >>12 にていただきました。これはすぐとはならいでしょうが、国会を1日開くと億単位の経費がかかるといわれますし、加えてご指摘のとおりアナウンスメント効果も大きいですね。国会改革も踏まえ中長期的にはぜひ考えてほしい点です。

いま出来ることに論点をしぼれば、すでに記した例以外にも、週末毎の地元往来も強く考えるべきことでしょう。これは前の緊急事態宣言時にも地方議員の間で大きな問題となっています。GOTOを止めたくらいです。率先してやってほしい。

ひざ詰めでないと会話した気にならないのは、自分もリモートで仕事をしていてヒシヒシと感じます。だからこそ、変える勇気そして必然性があるとも考えられます。ニューノーマルのスローガンのもとに我々同様の対応をぜひ願いたい。重要な点です。ご指摘ありがとうございます。
18カスシロ 2021/01/11 14:15 ID:e60
賛成
賛成です!
リモートを使うことで東京にいても地方の声を聞けるようになりますし、このような状況でもできること、考えて進めていただきたいです。
19TTaké 2021/01/11 15:58 ID:c5a
賛成
>>18 ありがとうございます。

初めてのことをテレワークに移行して進めることにはなかなか労力はかかります。そして対面であれば通じた機微やニュアンスが通りにくいといった問題点は確かにあります。

その一方で、多くの方のご指摘のとおり、いろいろな仕事や相手先とひとつひとつ対応させていってわかったことはテレワークゆえの利点も少なくないということです。ご指摘の地理的空間的に離れた人とも仕事ができることは典型例ですし、それ以外にも記録を残しやすさや移動時間の劇的短縮など上げればかなりに及び、実はもう戻れない(戻したくない)業務形態もあります。

多くの方がいっておられるように、できない理由を探すよりまずやってみて欲しい。そして、国権に関わる立場の方たちが行うことはそれ自体が強力なメッセージになるでしょう。早急にやっていただきたい。くどいように書きますが、現在我々は緊急事態宣言下にあるのですから。
20TTaké 2021/01/14 01:02 ID:c5a
賛成
例えば今日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議。どうしてリモートで行わないのでしょうか。
21UNZEN.JP 2021/01/14 08:49 ID:e15
賛成
>>20
想像ですが、真面目な誰かが「リモートでできませんか? こういうご意見も届いていますし・・・」と言ったところ、現実的な誰かが「トラブルが発生した時責任取れるか? また野党に突っ込まれるぞ」と一蹴して退けられたのかも知れません。検討もしなかった訳ではないと思います。というか、信じたい。

で、提案ですが、内閣官房デジタル改革担当さんに「リモート会議の推進などを提案して実現しなかった場合に、その抵抗理由をここで報告すべし」という提案をして40ポイントまで持って行って実現検討させるという手はいかがでしょう。何が、誰が実現の「壁」になっているか、理由は私的なものか公的なものかを明確にするわけです。

そういう仕組みがあるだけで、抵抗し難くなるという心理作戦です。正当な理由がないと反対できなくなりますからね。(現状は密室で決まるのでいくらでも握り潰せるのです)
22TTaké 2021/01/14 14:35 ID:c5a
賛成
>>21 ありがとうございます。ここの仕組みが今一つわかっていないのですが、40ポイントというのはここでのポイントのことですか。
23TTaké 2021/01/14 14:41 ID:c5a
賛成
>>22 もしここでのポイントのことでしたら、このスレッドでのコメントも織り込んでいただけると思います。
ですので明記しておきます。
「河野大臣が行政文書の押印廃止時に行ったように、出来ないところは出来ない理由の明示を義務化することも合わせて提案します。」
24b 2021/01/14 16:19 ID:605
賛成
現実的には、行政府で拾ったアイデアを立法府の国会に実施することは三権分立の観点から不可なのだけど
ここで目安を超えることそのものは意味のあることかなと思う

先立って衆議院規則や参議院規則の改正が必要と書いたけれど、改正しちゃえばいいだけの話だし、国会だし
で、野党連中とか声高に総理のコロナ対策がなってないとか言ってるけど
自分たちの国会はどうなのか、と、ホントはやる気ないだろお前ら、衆院選までに票を集めたいだけだろ、と言われても仕方ない感じではある
25TTaké 2021/01/14 17:15 ID:c5a
賛成
>>24 コメントありがとうございます。確かに行政府から直接国会に働きかければ越権行為でしょう。ただし、ご指摘の通り民意の反映の方法はいろいろあるはずですね。

タイトルに国会と入れてしまったので立法府の話に行きがちですが、政府や官庁の実務において、代議士や官僚、目立ちませんが裁判所なども、立法・行政・司法を問わず、また中央地方問わず、それぞれの活動の具体的な局面において可能な策を講じていただきたいと考えています。国にせよ地方にせよ中枢が混乱すれば民が大きな影響を被りますが、範を示して実践すれば、星野源さんの曲に合わせた動画を作ったり3密云々とフリップ芸を見せるより、はるかにメッセージ効果も大きいはずです。

繰り返しになりますが出来ない理由を探せばすぐに見つかるでしょう。そこをどうすれば出来るか見極め出来ることからとっとと進めて欲しい。仕事をリモートにして感染対策と移動時間を省く。民間はやっていることです。事は【喫緊】です。
26UNZEN.JP 2021/01/14 17:58 ID:e15
賛成
>>22
ちょっと前にそういう話題になってました。

「アイデアの実現に向けた政策検討過程・進捗の見える化を行いました」
ideabox.cio.go.jp/ja/news/2020/0022/

「これまでお寄せいただいたアイデアの実現に向けた政策検討過程・進捗の見える化を行いました。
10月中旬のアイデアボックス開設時から12月中旬までの約2か月間に投稿されたアイデア(約5,000件)のうち、特に人気が高かったアイデア(※)が対象です。(略)
※評価ポイント40以上」

とのことですから、40以上なら強制的に実現を検討させることができると解釈できます。40以上で検討しない場合、実現できなかった場合は説明を求めて構わないと思います。(ただ実際に現在進行中なのは40ポイント行ってないのが謎ですが)
一種の「公約」ということでしょうかね。今頃後悔されているかも知れません。
27UNZEN.JP 2021/01/14 18:06 ID:e15
賛成
>>23
今20ポイントですね。道半ば、でもゴールが見えて来た感じです。

私は別に「説明せよ」を単独で提案した方が、他のアイデアについても援用できるのでいいかなと思っていましたが、ここのアイデアをそのまま押し切るのが近道かも知れません。
ところでポイントって賛成票のことだと考えていいのでしょうか? 私はもう投票してるし、別アカウント作って二重投票するような卑怯な真似はしたくないしで、まだ賛成票入れてない方々のご支持を期待するしかないのでしょうね。
28UNZEN.JP 2021/01/14 18:25 ID:e15
賛成
>>26
すみません、勘違いしてました。リンク先のポイント数を見てました。
実際は「評価P」順でソートすれば40ポイント以上のスレ(アイデア)が出ます。
ここに潜り込むのが目標です。
ideabox.cio.go.jp/..ety_idea&order=point
29TTaké 2021/01/14 19:19 ID:c5a
賛成
>>27 諸々ありがとうございます。

そのような方針が示されているのであれば、ポイントを目安に考えることもよいですね。

40ポイントというこのサイトの正攻法以外にも、外に目を向ければ、アイデアを議員・政党・官僚・その他の方々に知らせる、(支持基盤である)各地の政党支部にこのアイデアを伝える、メディアに取り上げさせる、SNSで発信するといった事なども、少しは社会に論点を提示できるかもしれません。(実は出来る範囲で少しずつやっています)
30UNZEN.JP 2021/01/14 19:39 ID:e15
賛成
>>29
先ほどニュースで見たのですが
「日銀は14日、冬の支店長会議をテレビ会議方式で開いた。」
www.jiji.com/jc/article?k=2021011400191&g=eco
こういう姿を見たいんですよね。(まだ不十分だとしても)
これに限っては黒田総裁を評価して「見習え」と言って回りましょう。
31便器株主 2021/01/14 19:45 ID:7fc
賛成
こんな感じでできると可愛いですね。

twitter.com/../1347397535376101376
32UNZEN.JP 2021/01/14 20:06 ID:e15
賛成
>>31
分身ロボットでしたっけ。
子供騙しに見えますが、結構いいみたいですね。
画面だけでなく、動きが伴うことで人間は相手を実態として認識するのでしょう。
私も注目していた技術のひとつです。

こいつを大量生産していただいて、オリンビックの会場に並べるとか、いやスレ違いでした。ごめんなさい。

「わかっている」議員さんもおられるんですね、デジタルアレルギーの議員さんたちにも勧めてみればいいかも知れません。
33便器株主 2021/01/14 20:33 ID:7fc
賛成
>>32 山本太郎さんが擁立した議員さんが国会の不便さを指摘しましたが、こういう参加の仕方もありなら、もっと障害の重い人も議論に参加できると思います。完璧に全部、きっちりではなく「できるところから、徹底してやる」という政府方針に沿って、応用可能な技術を駆使すべきだと思います。

 議員さんがヤジを飛ばさなくてもニコ動だとヤジが飛びます。ただ河野大臣が指摘しているような国会を形骸化させないための仕掛けは必ず必要だと考えています。

 最高責任会議が予定調和であってはならないので、何か仕掛けが。
34UNZEN.JP 2021/01/14 21:07 ID:e15
賛成
>>33
少しテーマとずれるかも知れませんが、根は同一と思って書きます。
今の国会って一方通行で国民はただそれを大人しく黙って「拝聴する」形なんですよね。中継「放送」はありますが、「送りっ放し」で、国民の視線やリアクションが国会議員に感じ取れない仕組み、一種の密室だと思います。新聞記事でもフィルターのかかった内容でしかない。世論調査も似たようなもの。

おふざけ半分の思考実験ですが、もし国会の傍聴席(あるのかな?)に無数の分身(代理)ロボットを置いてみたらどうなるだろう。ネットで国民に直に繋がっている端末をです。これまでは議会対策とか言ってその場の参加者を説き伏せれば、誤魔化せればいいという感じだった議員さんも、国民の視線を感じ国民の反応をリアルタイムに肌で感じつつ議論・討論できるのではないでしょうか。ちょっとだけ直接民主的な仕組みですが、世間の感覚とずれまくりだった閉鎖的な国会も、少しは変わるのではと思います。

「由らしむべし知らしむべからず」もし議員さんに未だこのような時代錯誤が少しでもあるとしたら、このような提案には反対するでしょう。そうでない議員を、次は選びたいものです。
35便器株主 2021/01/14 21:26 ID:7fc
賛成
>>34 いいねボタン

いいねボタン
36便器株主 2021/01/14 21:29 ID:7fc
賛成
要するにプロフェソーの批評はプロフェソーの人物の如きものである。自分が知らない水練の批評を講堂ですると同じである。彼はかれの力学をすぐ実際に応用できると思へり。それすら乱暴也。況や其力学の頗る覚束なきをや。独乙のプロフェソーは蒟蒻問答の様ナ愚論ヲシテ居ルノデハナキカ。(明治四十一年書簡1092/夏目漱石/小宮豊隆あて)
というのを読んで、自分の力量を超える提案にはコメントを控えようと思っていたのですがunzen.jpさんのコメントを読んで復帰しました。国民主権ですから国民にはやじる権利がありますよね。
37TTaké 2021/01/14 21:34 ID:c5a
賛成
>>30 ですね。私も見ました。緊急事態宣言下にあっては、そもそも官民関係ないはずで、民間でも精査しどうしても無理な部分はしていない。その目線で見ると官のやっていることが強度も速度も緩く見えてなりません。
38ただびと 2021/01/14 21:45 ID:e7d
賛成
久々の投稿します。

なんでもテレワークで出来てたら始めからこの提案は、ありません。
この提案を実現するには、まず議員達の意識改革と国民との距離を縮める行動だと思います。
多くの国民が、興味を持たなければ成り立ちません。
国会が本業に、もどり本当の国会に、なってもらえるように今は、いまは、願うしかありませんが、いつか大きなデモまたは、は、考えたくありませんね。
39TTaké 2021/01/14 21:46 ID:c5a
賛成
>>31 平さんは自民党の中堅議員さんですね。このような実践を積極的に発信すると共に、派閥に囚われることなく平井大臣ら早急に音頭をとれる方々と共に議員活動をリモートワークできる制度設計に取りかかっていただきたい。

ウイルスは待ちません。党は違えど羽田議員はすでに亡くなっています。緊急事案です。
40UNZEN.JP 2021/01/14 21:57 ID:e15
賛成
>>36
便器株主さん、ありがとうございます。たぶん微妙にひねって褒めていただいたと勝手に思ってます。

プロフェッサーですか。申し訳ないけど学者は自分の専門以外は自信がないので黙るしかなく、黙っていると次第に機嫌が悪くなる、とかどこかで読んだ覚えがあります。バカにしているのではなく、誰でも専門外は無知なんですよね。でもその領域のみに縮こまっていては何の進歩もありません。私も自分で経験したこと以外はよく分かりません。でも部外者だから言えることや気づけることもあると思っています。またお詳しい皆さんがたまに相手してくださるので、私も少しは勉強・成長できていると思います。ありがたいことです。無知は恥ではなく、伸びしろだと思います。基本、匿名の掲示板で気取ることはありません。

ヤジはいただけませんが、国民の反応を直に感じ取れる議員であってもらいたいという趣旨です。制度的密室会議を解放せよ、ですか。
テレワークとは直接関係ないのでこの件はここまでにしておきます。
復帰歓迎いたします。
41TTaké 2021/01/14 22:00 ID:c5a
賛成
>>38 コメントありがとうございます。

既出の議論ですが、本会議や予算委員会などは法改正を含め年単位の準備が要ります。提案のイメージはそれ以外の議員活動、すなわち党務や根回し会合、ロビー活動への対応、各種会見、毎週の地元往復、講演会など、やればできそうなことです。合わせてそれに関わる行政機関などもです。

緊急事態宣言を求めての1都3県知事による永田町の西村大臣訪問、そしてならんでの記者発表をおかしいと思う感覚を国の中央に持っていただきたいといってもいい。緊急事態なのです。
42UNZEN.JP 2021/01/14 22:17 ID:e15
賛成
>>38
ただびとさん、嬉しいです。

日本でデモとかそれ以上のことはないと思います。(一部の反日・反政府勢力の人たちのヤラセデモはあるかも知れませんが)

拒否する議員はあくまでも拒否すると思われるので、私たちにできることは、「国会でもテレワークを進めよう」と頑張っている議員さんや役人・官僚さんを強く支持し、支援することではないでしょうか。そういう人たちは必ず居られます。その人たちが自信と確信をもって拒否感のある人たちを説き伏せられるように、私たちが後ろ盾になることが必要なのだと思います。(この提案もそのひとつになると思います)

野党の政権攻撃材料にならないかだけが心配ですが(レンポーさんが喚いてしまうと逆効果だからな・・・平時なら面白いけど)。

本来であれば支持者がその議員を説得するのが一番まっとうな方法ですが、すでに緊急事態で医療崩壊しつつある時ですから。
43TTaké 2021/01/14 22:39 ID:c5a
賛成
>>42 いまは多くの議員や政党、さらに国の関係機関がネットでの窓口を持っています。ネットでマスコミへのこの議論の提案・情報提供もできます。SNSという手段もあります。
実際のデモは感染のリスクもありますので、そういう窓口に伝える(このスレッドのURLを貼ってまわるだけでも有意でしょう)のも、充分デジタルデモになり得るのではないかと思います。(実はすでに始めています)
44ただびと 2021/01/14 22:43 ID:e7d
賛成
>>42 なんだかんだコメントしてしまいました。
あたなの言った通りになって、複雑ですが
去年から市議の人や県議の人と電話で話しました。(これを言っていいのか分かりませんが
)少なからず、皆さん危機は、感じているもののPCRの一日の数や病院にたいしての内容などまちまちでした。とくに、多く言われたのは、民間の大病院などには、口も出せないや厚生省管轄だからと言うはなしが、多かったです。
これが、縦割りの現状ですね。ただ市民病院などは、積極的に取り組んでいっている話もききました。
頑張ってもらいたいですね。
45UNZEN.JP 2021/01/14 22:57 ID:e15
賛成
>>44
複雑と言われて複雑ですがw
自分の思いに素直でいいと思いますよ、他人を気にしないで。私も地でやってます(すみません)。
他人(や世間)なんて、結局は自分の思惑の中にいる幻想ですからね。

私たちの知っている人も恐らくは、今はここに参加できずに必死で緊急事態の対応に追われているのかも知れないと気づきました。彼が戦っているのに、自分は何をしているのか、黙ってはいられなくなりました。この期間が終わった後、再び彼と議論したい、という気持ちだけで私も喚いております。
COCOAについて言いたいことがあるので、適切なところで書こうと思います。ここに書くのは場違いなので。
46デジタルSatoshi 2021/01/16 10:27 ID:a76
賛成
賛成します!
今月最高のポイント数ですね。

昨年10月より緊急度が高い事案なのに、評価ポイントがデジタル改革アイデアボックスの開始時の10月の案件の1/10しか入らないほど、デジタル改革アイデアボックスの注目度が下がっているので、このアイデアが実現できるように、多くの国民の皆さんにこのアイデアを知って頂きたいですね。
47TTaké 2021/01/16 11:38 ID:c5a
賛成
>>46 ありがとうございます。実はこの投稿まで、ここの存在は全く知りませんでした。先般FacebookでどなたかがPPAP関連の話題をなさっていて偶然しることとなり、アイデアを書いた次第です。

アップ時はかなりイラついた状態だったことを記憶しています。ただ、その後複数の方からコメントをいただき、論点が自分の中でも整理・確認できたことに感謝しています。

いまも非常事態宣言下にあります。仮に発出されていなくても、コロナを意識しての生活が1年近く続いていることに変わりありません。専門識者もわれわれ市井の者も、終息に向けて意義あるアイデアがあれば積極的に世に示し、国政を預かる立場の方は早急に合理的施策をリーダーシップを持って行っていただきたい。その一念です。
48TTaké 2021/01/27 17:14 ID:c5a
賛成
国会が始まりました。本会議での質疑応答、あるいは予算委員会などは、法制の整備もからんでくることでしょう。

しかし、ほかにも多くの局面でリモートで十分なものがあるのも見受けます。代表的なものは国会対策委員長会談。あれは政党間のネゴシエーションで法的な枠組みの者ではありませんので、リモートで十分なはずです。

森山裕国対委員長、安住淳国対委員長、互いに居室からできませんか。どちらかでも感染すると国会の進行に響きますよ。
49TTaké 2021/02/01 11:31 ID:c5a
賛成
経団連の会合も、立憲民主党の大会も、

それぞれの議員会館などの居室でテレワークを基本とし、法律その他ショジジョウデ必要な時だけ出る、とう方向で基本行動様式を転換できるんじゃないでしょうか。
いまは西村大臣も小池知事もこぞっていっているように、議員も官僚も含め誰もが極力罹患しないようにすることを行動規準の最上位におくべき非常時ですよね。

  投票
本家に投稿する場合はここから