板に戻る 全部 本家 最新10 1-

デジタル庁管轄下の「デジタル起業 優遇措置および支援制度」創設 @05807

1fountain 2021/01/04 23:28 ID:482
2021年9月デジタル庁発足に伴い、今後ますます日本のデジタル化が進むことが容易に予想される。デジタル庁は基本内製化の方針で、民間からも高度情報処理試験合格者を中心に優秀人材を募集中とのことで、多くのIT系人材はこのデジタル庁入庁を目指すかもしれないが、中には同等能力があっても要件を満たさない人材、官僚制的ヒエラルキーやしがらみが苦手な方、自由度高く創造活動(ものづくり)に特化したい職人気質の人材も多数おり、こういった人材等がデジタル系起業で国や社会に貢献できるチャンスがあればと考える。

つきましては、デジタル庁管轄/傘下?の”デジタル起業支援制度(優遇措置と補助金等支援)”創設を提案させていただきたく。

【デジタル起業 支援制度の概要】(原案)
1.制度利用対象者/しくみ:やる気、能力、経験のある多様なIT/デジタル系人材。得意分野を持ち寄り、「さあ、やるぞ!」で無差別に特例で起業・活動可能
2.起業者/参加者要件:多様なIT/デジタル系人材(IT系高度専門資格取得者が望ましいが仕事しながら取得にチャレンジでもOK。プラスで他の各種資格取得も当然歓迎)
3.起業形態:原則、現行の会社法に則るしかないか?デジタル庁傘下事業部のような位置づけが望ましい?
4.補助概要:デジタル庁補助金+その他各種補助金支援併用可、税制優遇(数年間納税不要、一定の利益以下なら免税等)、経営継続の為の資金援助、株主・投資家紹介制度、給与支給が難しい場合/補助等としてベーシックインカムを先行的に許可
5.起業組織イメージ
・旧来型IT組織のようなピラミッド命令系統、制約管理を最大限排除。マネージャー以下、最大限にフラットな組織、自己管理能力尊重、助け合いながら皆で成長する組織
・挑戦し続ける先駆者:事業に失敗しても新たに離合集散/経験を生かして再チャレンジ可能。何度でも失敗できる社会的環境・政策的保護が今の日本には絶対的に必要。その為の先駆的役割を果たす。

以上、非常に雑な説明で大変恐縮ですが、UNZEN.JPさんからも大部分をアイディア提供いただき、提案させていただきました。会社組織とせず、デジタル庁傘下の一事業部門という位置付けで、デジタル庁事業請負も有かと⇒原則内製化の助にもなるか。その場合、デジタル庁事業に参入したい多数のIT系企業からの反発を避けるべく棲み分け・協業も重要?
2UNZEN.JP 2021/01/05 00:32 ID:e15
賛成
このアイデアはfountainさんの「社会人のリカレント教育および就業機会の充実・促進について」@05745 のやりとりの中で出て来た案です。
私としては、デジタル庁管轄下という意識はありませんでしたが、案外それも面白いかもと思います。「デジタル庁における民間人材の積極登用」@05462 ではいろいろ批判も出ていますが、それはそれ、これはこれとして、個人を「採用」ではなく、民間のベンチャー企業協力者グループをデジタル庁が持って活用するのも、ひとつの別の形の協働なのではないでしょうか。

基本は「デジタル改革に資する個人起業家、ベンチャー企業のスタートアップのお手伝い」をデジタル庁でやってくれないか、という提案です。この点は私もfountainさんも一致していると思います。
アップルコンピューターもガレージから始まりました。フェイスブックも学生向けのシステムからだと聞いています。アメリカではそのような小さなスタートアップが大企業に成長できる環境がありますが、日本にはありません。日本に於いては、行政が環境を整えることで、埋もれている才能を開花させるための意図的支援が必要なのだと思います。
3酒神忍 2021/01/05 03:51 ID:3b8
官庁、が、支援すると、聞くと、どうしても、経産省と、エルピーダの、トラウマ、を、関係者は、思い出す、のかも、知れません。
main frame と、呼ばれる、業務用、大型computer が、当たり前の、時代に、小型の、personal computerが、売れた、のは、ある意味で、需要と、供給、が、上手く、matching した、と、言えましょう。
しかし、現代に、於いて、personal computer ほど、爆発的に、売れる、ものが、有るかと、言えば、答えに、窮する、のも、また、事実、であり、ます。
しかし、少子高齢化、で、買い物難民、介護、インフラの、老朽化、労働力不足、等、問題は、山積、で、あります。
何も、目新しい、ことを、する必要は、無く、日本国憲法、を、遵守し、目の前の、課題を、Digital で、ひとつ、ひとつ、解決、していけば、良いのだろう、とは、思います。
4UNZEN.JP 2021/01/05 08:51 ID:e15
賛成
皆さんご存知のように、日本の起業環境は壁が高くリスクが大きく、どんな斬新なアイデアやビジネスモデルを発案したとしても軽々にチャレンジできるものではありません。
デジタル改革、日本のデジタル化を推進するためには、古い体質の既存大企業の改善よりも、身軽で小回りの効く新規事業に資本を注力した方が効率的です。またこのサイトのご意見でも既存組織に残存する悪しき伝統や慣習に対する不満が随所に見受けられます。

技術や能力があり、意欲も先見性もある国民がより軽快に起業できる環境ができれば、日本全体のデジタル改革も急速に進展すると思われます。いわばこれこそデジタル改革の本命なのではないでしょうか。
規制撤廃、財政的優遇、連携支援などをデジタル庁で主導していただき、日本を変えようというこれはアイデアです。新しい官民連携のモデルにもなるかと思います。
デジタル分野での起業に際し、どういう問題があり、どうすれば解決できるのか、よろしければ皆さんと共に知恵を絞りたいと思います。皆様のご参加をお願いいたします。

既得権者や抵抗勢力により既存組織の改革がなかなか進まないならば、私たち自身で改革を始めましょう。
5栞子 2021/01/05 12:26 ID:323
2.要件:インチキサービスの温床となるので、既取得者限定。

5.起業組織イメージ:確かに失敗できる社会的環境・政策的保護は必要。
でも、同じ人間が何度も失敗しまくるのは無能の証拠だし、優遇目当てで名前をコロコロ変えて企業と倒産を繰り返すような偽装企業も当然出てくるから、ある程度上限は必要。
6ikemo 2021/01/05 18:43 ID:c64
エンジェル投資家みたいなものですかね。
IPAは20年前から未踏事業やってて成果も上げてるし、そことの違いが出せないと何とも。
www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/portal_index.html

エンジェル投資家が日本に少ないのは確かですが、なぜ少ないのか、なぜ大きくならないのかという話をした方がいいと思います。
7UNZEN.JP 2021/01/05 19:11 ID:e15
賛成
>>5
栞子さま、コメントありがとうございます。fountainさんは今お忙しいそうなので、私が一時的に留守番してます。
2.は私もそう思います。fountainさんのお気持ちとしてはそう願われていることも理解できますが、やはり自分のスキルは自分の財産になるので、自腹でやるべきかと思います。
5.これは私の意見をfountainさんさんが独自にまとめてくださったもので、栞子さんのおっしゃる通りだと私も思います。この点は何らかの監視が必要ですね。
私の気持ちとしては、一人で失敗しても別の人と組めばうまく行くかもとか、個人では販路を見つけられなくてもどこぞの企業のネットワークなどと連携すればうまく行くかも、という連携の再出発を想定しています。その仲介みたいなことをデジタル庁がお世話していただければ有難いな、というものです。
具体的な内容はまだ固まっていません。これは叩き台ですね。「スタートアップの個人起業家の支援」「やり直せる社会」「デジタル庁による仲介」がメインの提案で、具体的には皆さんのご意見も入れていくことになります。ちなみにこれには「デジタル改革に資する」起業が大条件です。
8UNZEN.JP 2021/01/05 19:33 ID:e15
賛成
>>6
ikemoさん、いつもありがとうございます。
IPAってこんなこともやってたんですか。知りませんでした。見てても興味なかったのかな。
何で年齢制限つけるんでしょうね。また「未踏」の意味が曖昧で誰が評価できるんでしょうね。相変わらず何かポイントを外している形ばかりの制度だなという印象です。範囲が広すぎ。若い人対象みたいですが、この先入観がいけません。ここでアイデア出しているのは若い人だけではないはずです。現実が見えていないと思います。
と、文句言うほど恨みはないのですが、他にも民間で似たような募集はいくつも企画されてきたようです。どれも何かツボを外しているんですよね。興味がわかない。

ということで、それなら自分たちが求める制度を考えてみよう、という企画です。私もこれから具体的な提案をして、こちらの案の独自性を出して行きたいと考えています。皆さんも「こういうのがいい」という案があれば、ぜひ気軽に参加してください。議論や批判ではなく、皆で検討して行きましょう。(まあ、無理なものは無理として、良いものをまとめて行ければと)

今後ともよろしくお願いいたします。
9ikemo 2021/01/05 19:52 ID:c64
>>8

無知って怖いですね。
ちょっとは調べてみたらどうですか?
10UNZEN.JP 2021/01/05 20:12 ID:e15
賛成
>>9
ああ、すみません。リンク先だけは見たんですが、それだけではよくわからなかったもので。投資には興味ないのでその先までは調べていませんでした。ただ基本姿勢は過去の改善ではなく、新しいものの提案なので、そこにこだわるつもりはありません。ごめんなさい。
11UNZEN.JP 2021/01/05 20:29 ID:e15
賛成
>>3
酒神忍さん、ありがとうございます。
「少子高齢化、で、買い物難民、介護、インフラの、老朽化、労働力不足、等、問題は、山積、で、あります。」
それらの問題をデジタル化で解決できるか、改善できるかはたいへん広範囲で複雑な問題です。これを例えばデジタル庁ひとりに期待するのは酷ではないかと思います。それぞれをそれぞれの分野で、現場を知りデジタル化の技術のある方々で、個別に対応して行く必要があると思います。
ある意味「採用」という形ではなくて、外部協力者みたいな関係で、できる人ができるところで、連携して解決して行けないかという提案になります。
また、支援といっても補助金や投資という直接的なものを想定しているのではありません。例えば・・・文字制限があるので、また後でまとめたいと思います。
12ikemo 2021/01/05 21:57 ID:c64
>>10

手厳しいことを言いますが、それは単に「物事を知らないから新しいと思ってるだけ」です。例えば日本で一番時価総額が大きいユニコーン企業の、Preferred Networksの設立者も未踏出身者ですし、スタートアップ支援は経産省もやってます。それに、スタートアップでピラミッド型組織なんて存在すらできません。それくらいは前提として欲しい。
13UNZEN.JP 2021/01/05 22:09 ID:e15
賛成
>>12
ご忠告ありがとうございます。
誰がそのプロジェクトの出身であるかは私には関係ありません。
「へー、それはよかったですね」という感想くらいしかお答えできません。
「ピラミッド命令系統」というのは私の発案ではないので、よく分かりませんが文字だけで判断すれば、私も反対です。私はフラットな関係を想定しています。
他でもやっているでしょうが、ここではデジタル改革関係に絞るものです(私の意見では)。他とは根本的に違う形を模索しています。

これから具体的な案を出そうとしていますので、ご興味がなければ無視していただければ有難いです。
14UNZEN.JP 2021/01/05 23:01 ID:e15
賛成
◾️誰でも参加できるデジタル改革
公務員や企業に属しておられるデジタル・IT関係の技術者・有資格者の皆様には「自分の能力を十分に発揮できていない」というお気持ちがあるようです。デジタル庁への民間からの採用も公募されましたが、所属する企業は取引に参加できないなどの制約があり、簡単に応募・転職できる内容ではないと受け止められていると思います。この「アイデアボックス」では誰でも自由に提案・意見できますが、それを実際に自分が手掛けられないもどかしさを感じておられるのではないでしょうか。
ただデジタル庁としても国が行う基幹部分の改革であるので、機密保護(守秘義務)を担保できない形式での採用は不可能でしょう。なので一般にできる(させられる)ことは守秘義務を必要としない下請け的な業務ということになると思います。例えば内部的仕様がある程度確定した顔認証システムの利用者との接点部分の開発、デザイン(これは暗号の仕組みを知る必要はありません)。特定のプログラムの部分的な改良・改善。プロトタイプの実用試験への参加とフィードバック。新しいマイナンバーカードの外観の仕様やデザインなど。(続)
15UNZEN.JP 2021/01/05 23:29 ID:e15
賛成
◾️続・誰でも参加できるデジタル改革
私が今思いつくのはその程度ですが、他にもあると思います。そのような「一般にも任せられる仕事」をここの参加者のうち登録した人たちに発注できないでしょうか。登録できるのは何らかのデジタルスキルを持つ人で、デジタル庁の方針を前向きに支持しており、個人として責任を持って対応できる人です。やり取りはメールやオンラインのみ、連絡は特設サイト(会員制)で、その報酬は「デジタル庁債によるデジタル円」(「デジタル円」@05154 >>14 N_azoooさんのご意見)。
本来なら大手の企業に一括して発注して下請け孫請けで最下層に投げるうちにほとんどなくなってしまう開発資金の一部を、デジタル庁から直接登録者に渡せるなら、お互いの利益になります。管理の手間はありますが、その取りまとめも登録者に任せていいかも知れません。つまりはデジタル庁の不定期アルバイトみたいな感じです。開発に参加する満足感とそれなりの報酬が得られます。
いわば「デジタル庁はオンライン上に自らの民間協力者を持つ」という案です。
(起業支援という最終形態まではまだ先がありますが、まずはこういうところから)
16UNZEN.JP 2021/01/06 08:39 ID:e15
賛成
「誰でも参加できるデジタル改革」の案は「デジタル庁における民間人材の積極登用」@05462の>>37 MOSMOSさんとのやりとりの中で生まれたものが元になっています。コメントを拝見して共感したので、何か自分たちでも具体的にできることはないのかなと考え始めたのがきっかけです。
他の類似の育成プロジェクトと違うのは、募集の時点である一定のインターネット利用スキルと、特定の得意分野(専門)をすでに持っているという点です。そして参加者同士で横のコミュニケーションもとれる形にすることで、互いに欠けている技能を補完できる可能性もあります。年齢制限はありません。多くの人が持て余している(ように見える)IT・デジタル系の能力や知見、才能を、本業はそのままで活かせる場所があれば、皆さんも参加したいと思われませんか?
今後その中から何か具体的なプロジェクトが出てきた場合に、それを支援するなどのステップに入るのですが、ひとまずこの時点で関心ある皆様のご意見をいただければと思います。

私が心配なのはデジタル庁に一般に任せられる業務がどれだけあるものか、という点です。プログラム系のものがあればいいのですが。
17UNZEN.JP 2021/01/08 19:00 ID:e15
賛成
◼️行動したい人のためのIDEA BOX
「デジタル改革Idea Box」は政府に実現して欲しいアイデアを一般人が提案する仕組みですが、これとは別に会員制のアイデアボックスを作ります。
これは「自ら何らかのデジタル系の問題解決を、或いはデジタル技術を用いた新しいサービスの創造や改良を目指して提案する」ための仕組みです。非公開の会員制で非会員は閲覧できません。ログインにはマイナンバーを用いたIDが割り当てられ、実名で参加します。そしてマイページには自分が貢献できる分野の具体的な提示、実績、所有する資格や、どのような方向性を持っているかの表明などを記載しておきます。参加者は互いに個人情報の守秘義務を負います。
そこで「(自ら)実現したいアイデア」を提案します。賛同者があればプロジェクトが開始されます。技術的問題点は互いに知識と知恵を出し合って解決します。プロジェクトが開始されたら、デジタル庁が「デジタル庁債」から必要な資金を提供します。その代りそのプロジェクトの収支はもとより、行動され試みられた全ての経緯と結果をレポートする義務があります。全てはオンラインで行われます。(続く)
18UNZEN.JP 2021/01/08 19:19 ID:e15
賛成
◼️続・行動したい人のためのIDEA BOX
デジタル庁から「(行政上の守秘義務を伴わない)一般に任せられる仕事」の依頼もあるかも知れません。全てはオンラインで処理され、それぞれの人が全国どこからでも参加でき、自分の得意分野でデジタル改革に具体的に貢献できます。
試みられたプロジェクトの報告は必要ですが、その知的所有権は各々のものです。必要であればデジタル庁は特許の取得を勧め、これを支援します(登録料を貸与し、手続きを代行するなど)。プロジェクトが自立的発展の可能性が出てきたら、デジタル庁の管理・保護を離れて個人またはグループで起業します。その際も(その内容が公益に資する場合)デジタル庁の支援が可能ですし、このような形で起業したスタートアップは将来性が見込めるので一般の投資家も注目するのではないでしょうか。
具体的な流れを書けば、誰かが「こういうことをこういう方法で実現したい」と提案します。その案を皆で検討し、実行価値と実現可能性があればその技術や能力を持った人たちで組織を作ります。実行の可否はデジタル庁と相談して決まります。可であれば(オンラインで)協働して作業し実現を目指します。
19UNZEN.JP 2021/01/08 19:48 ID:e15
賛成
だいたいのイメージはもともとあったのですが、それを具体的な形にし、言葉にしている段階です。皆さんのご意見を拝見し、参考にし、自分の考えも改めながらの作業です。
ここでは「言うだけ」しかできませんが、「俺たちにもやらせろ」を提案しております。デジタル改革は政府・省庁だけの問題ではなく、国民全員の問題だと思うからです。
デジタル化をトップダウンに一任するのではなく、ボトムアップの流れも入れてまさに国家総動員で推進しようというものです。ここに集う人たちには、それができるのではないかという期待でもあります。
例えばコロナ対策のアプリや、新しい複合生体認証のプログラム、子供向けの教育用動画制作アプリ、安全にネットを利用できる仕組み、誹謗中傷を察知して抑止するシステム、道路破損情報通知システム、和暦西暦自動変換プラグインなど、皆様のご意見を解決する小さなシステムを、自分たちで作ってしまえないか、という問いかけです。デジタル庁のご協力があれば、行政側の情報や規制の排除なども可能かも知れず、日本のデジタル開発は一気に進むのではないかと妄想しております。

まだアイデアも道半ばですが、いかがでしょうか。
20雪見餅 2021/01/08 20:42 ID:8d1
反対
すいません、賛成にしたい気持ちは非常に強いんですが、この取り組みは人を集めて、ある一つの思想(この場合国を良くすること)を持った一つの組織を作ることと同じなので、それは一つの政治勢力を作ることと同じなので、民間が企業という形以外で一つの思想のための組織を結社することが、国の運営を脅かすことになるか不安をぬぐえないので反対です。

日本では財務省からの財政支出を中々行ってもらえない、その理由は、国の役割はあくまで資金をためて資金繰りを良くし、民間は国のルールを通して国を豊かにするための財政支出をしてもらう(例えば銀行の借入金です)、こういう国と民間の役割分担があると思うので、民間が国に甘えすぎるこの提案は、国を良くするという思想を持った力がある人間を一か所に集めて、しかも国がその人たちを実質生かし続けるという、公務員の方に縛られるでもないのに、公務員のような性質を持ってしまうため、まるで国が癒着する大企業の従業員と同じに見えてしまいます。

それなら、この提案は、国が大企業に頼ることと同じだと思います。国を良くしたいという思想は持っていないですが。
21雪見餅 2021/01/08 20:52 ID:8d1
反対
>>20の続き。

代替案として、デジタル庁に民間人材の受け入れを増やしてもらうことを提案します。
22UNZEN.JP 2021/01/08 21:10 ID:e15
賛成
>>20
雪見餅さんありがとうございます。正直反応を期待していなかったので、嬉しいです。
少なくとも私はそんなつもりは一切ありませんでした。が、そう見えるのであれば、そうならない仕組みも検討しなければなりませんね。やはりいろんな視点でいろんな人の意見を聞けるのは有難いことです。
ご指摘を考えてみれば現時点で表明された案では悪くすると「癒着」の可能性もないではないとも思えます。私のイメージではいわばデジタル庁は「ゆりかご」みたいなもので、そこから独立した起業家を輩出するのが目的です。その敷居を低くしたい。起業が活発になれば自然に日本の景気も上向き、海外にも対抗できるスーパー企業が生まれる可能性も増すと期待するからです。いつまでも親の脛をかじっていても困るので。
私個人は原則的に「依存(国家や大企業や権力など)」を否定する立場です。自主独立でその結果として全体(国や世界)の役に立つ活動が理想です。また、国と民間を対立的に捉えるのもひとつの偏見ではないかと思います。癒着ではなく「同じ理想(国民の幸福)を目指してそれぞれの立場でがんばる仲間・同志」として協力し合うのが理想だと思っています。
23雪見餅 2021/01/08 21:17 ID:8d1
反対
>>22 まあ、スーパー企業を作ることが目的なら、それは前例があることなので簡単で、ソフトバンクをまねしたらいいと思います。
ソフトバンクを見てもらうと分かる通り、社長は投資をして資金を集めて、社員は技術を研鑽してイノベーションを起こそうとしています。そういう、資金繰りと研究開発の役割分担を機能させることです。なので、そのような形態を作ることを目的としたらいいと思います。
24UNZEN.JP 2021/01/08 21:25 ID:e15
賛成
>>21
優遇するのはスタートアップの時だけです。そこが壁になっていますので。
また天下りの危惧はなるほどと思いますが、そんなことしたら仲間から軽蔑されるんじゃないですかね。しかしそこは確かに問題なので、検討課題です。
しかし基本は流動性を高めることなので、天下りの背景・圧力となっている「公務員余り」も解消される可能性もあります。
「日本をよくしよう」というのは人それぞれなので、一体の思想としてまとめられるものではないと思います。正直その点はよくわかりません。私はただ素朴にそういう気概を持った人たちがやればいいと考えただけで。「中国を良くしよう」とか言う人は、ちょっと困りますし。天安門。

「デジタル庁に民間人材の受け入れを増やしてもらう」
それでは新しい公務員や準公務員的な「できることしかしない」人が増えるだけなので、その対案としての提案です。国に全面的に頼りたくないのです。

私は政治集団には興味ないし、そういう形ができるとは考え難いです。それぞれバラバラの起業家・グループであると思うので。思想や支持政党はそれぞれでしょう。それに今後は政治と国民との関わりも変わると思っています。
25雪見餅 2021/01/08 21:32 ID:8d1
反対
>>24 まあ、お金に汚い人間がそのスタートアップに関われないようにできたらいいですね。
26UNZEN.JP 2021/01/08 21:34 ID:e15
賛成
>>23
ありがとうございます。「対立」ではなく「対立的」ですね。つまりそれぞれの役割があるので互いに干渉しない関係を意味しています。いがみ合っている、というような意味ではありません。ちょっと私も言葉が不明瞭でした。
わかりやすいように卑近なたとえで言えば、夫と妻は立場も役割も違うから、妻は子育てとご飯を炊いていればいい、夫は外で仕事すればいい、というのではなく、できることは互いに助け合おうよ、という程度の意味なんです。
国と民間も「癒着(過度の相互依存)」にならないように、「協働」できればという理想です。
27雪見餅 2021/01/08 21:39 ID:8d1
反対
>>26 日本国民が国に甘えて怠けないような働き者であれば、国と民間の資金繰りとイノベーションの役割を分けた対立的な関係も、お互いできることをすればいいという形になればいいと思います。
正直、国が本気でイノベーションする組織を作り始めたら、民間は大企業以外いらないんじゃないかなと思いますが。ますます中国に近づきそうです。
28UNZEN.JP 2021/01/08 21:40 ID:e15
賛成
>>25
その可能性はあるんですよ。
というか心配なのは、ソフトバンクの社員などが個人登録して、自分たちの事業に関係するスタートアップを見つけては買収してしまう、という「新芽をつみとる」ようなことをされたら、すべてはオジャンです。デジタル関係の大企業の代表としてソフトバンクを挙げましたが他意はありません。もしこれがうまく行ったらAdobeやAppleも怖いし、中国の千人計画とかいう都市伝説もあったりして、危ういとは感じています。
29UNZEN.JP 2021/01/08 21:53 ID:e15
賛成
>>27
国(の制度の私的利用)に甘えて怠けているのは一部の人たちです。多くの国民は国の規制に苦しめられていると思います。証明書の発行手数料の高さなんかもそうです。収入印紙なんて誰のために必要なんだか。

申し上げているように、独立したら国ともデジタル庁とも無関係です。国の役割はそこで終わりですし。それ以上の関係を持ってはいけないと思います。
大企業よりも無数の中小あるいは個人事業者の、百花繚乱の起業大国を目指しています。少なくとも、私個人は。
独占的地位には大反対です。私が愛用していた他社アプリケーションを買収して、潰してしまったAdobeへの恨みはいまだに消えません。
たくさんの、色とりどりの個性的な小さな企業が日本中にあって、生き生きとした経済活動が展開されている、というのが最終的に理想とする私のビジョンです。そういう分散型の仕組みは強いです。大企業が一個潰れたら日本は大混乱しますので。
30雪見餅 2021/01/08 22:01 ID:8d1
反対
>>29 スタートアップして、基本的に国のベンダーとして働くのに、どうやって国の役割はそこでおしまいですというようなことが実現できるのか、そこが分からないと、段々と目的から外れる天下り先を増やすだけだと思います。しかも、謎の政治思想を持っています。
31UNZEN.JP 2021/01/08 22:17 ID:e15
賛成
>>30
「卒業」みたいな感じです。
それと政治思想を感じられるのは、たぶん提案している私が右っぽい発言しているので、そう受け取られてしまっているのかも知れません。これに関して思想は関係ないつもりです。

「基本的に国のベンダーとして働く」
それは最初だけで、プロジェクトがうまく行けそうな見込みができ、独立起業できるほどの組織になったら、独自に経済活動をするイメージです。国の役割はそこで終わると考えています。

それとfountainさんの提案は別個に考えていただきたいです。本来ならfountainさんともっと擦り合わせて行くべきなのですが、今の私は留守番で、自分なりの提案をしています。fountainさんのは国への依存色が強いと私も感じています。

ご指摘いただいて気づきましたが、確かにその点(その後の国との関係)が曖昧な感じになっていますね。具体例を考えてみたいと思います。今日はちょっと時間的に無理ですけど。
ありがとうございました。
32雪見餅 2021/01/08 22:24 ID:8d1
反対
>>31 国を良くしようとする考えそのものが政治思想ということです。
そういった気概が強い人が集まるのだから、方向性の定まっておらず、その場でいる人たちのすり合わせで考え方の方向性が決まるだろうということで、謎の政治思想の集団と呼んでいるんです。
33雪見餅 2021/01/08 22:28 ID:8d1
反対
>>31 今のあなたの提案内容のままだと、現在進行中のデジタル庁の非常勤ベンダーという民間採用の形態が、最適解ということになると思います。
34UNZEN.JP 2021/01/08 23:00 ID:e15
賛成
>>32
「国を良くしようとする考えそのものが政治思想」
うーん、そこは私の理解を超えています。気になるので今後も考えてみたいと思います。

私そんなことをどこかで強調してましたかね? 言ったとしてもごく普通の意味のつもりだと思うのですが。
ここで支援を受けるには条件があります。「公益」と「デジタル」です。
でないと「おでんの屋台をやりたい」とか言われても困りますので。無制限にはできません。「いやそこではペッパーが接客する」と言われても、公益とはかけ離れていますので。実験としては面白いかも知れませんが。
という程度なのです。

日本を良くしたい、と私も考えていますが、政治とは関係ありません。今の日本の経済的沈滞をどうにかしたい、昔の活気を取り戻したい・・・という程度の願望で、その思いからの提案ではありますが、その思いは私個人のものであるに過ぎず、提案しているのはただのシステムです。そのシステムが政治的と言われても、まだ私にはその真意が理解できません。ごめんなさい。
35雪見餅 2021/01/08 23:08 ID:8d1
反対
>>34 goo国語辞典から意味を引用します。

政治

1 主権者が、領土・人民を治めること。まつりごと。

2 ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用。


思想

1 心に思い浮かべること。考えること。考え。「新しい思想が浮かぶ」

「普天下の人をして自由に―し」〈中村訳・自由之理〉

2 人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。特に、政治的、社会的な見解をいうことが多い。「反体制思想を弾圧する」「末法 (まっぽう) 思想」「危険思想」

3 哲学で、考えることによって得られた、体系的にまとまっている意識の内容をいう。


「ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用。」の「考え。」=政治思想。
国を良くしようとする考えというのは、「ある社会の~」という作用の改善に関する考えということだと思います。だから、国を良くしようとする考えは政治思想だと思います。
36UNZEN.JP 2021/01/08 23:33 ID:e15
賛成
>>35
ああ、理解できました。
あなたは「国」を国家や政治だと考えておられるんですね。
私が「国」という時は主に「日本」「日本人の社会」「日本国民の総体」の意味で、つまり「ぼくたちみんなの集団」ということです。

私にとっての良くしたい「国」は官ではなく民です。
ちがうかな?

国語辞典は現実の用例から意味を言い換えて規定しているもので、時代によって変わるものです。述べられている「思想」は学生運動や共産主義に使われた「思想」の特殊な用例だと思います。私の場合は通常個人の哲学的意味で用います。
社会全体とか社会の意思決定や統合の調整などまったく考えていないし、統一的な見解もないしで、「政治思想」が生じるとは全く思えません。「政治との利権の癒着」は可能性がありますが。

もしおっしゃる通りなら、このアイデアボックスの提案も政治思想なのでしょうか?
37UNZEN.JP 2021/01/08 23:44 ID:e15
賛成
>>33
応募条件の必須事項にこうあります
「デジタル庁(仮称)の設置に向けた理念・ミッション、基本的考え方への強い共感」
こっちの方が思想限定的です。「強い」という点が特に。どういう内容なのかは知りませんけどね。「デジタル庁は政権維持のための施策」とかがなければいいのですが。あってもいいですけど。暗黙の了解ですかね。

また給料が安くても、内部に潜り込んで自社企業や外国のために情報を集めようというスパイには何の予防策にもなりません。むしろお金払ってでも来たがるでしょう。
38雪見餅 2021/01/08 23:49 ID:8d1
反対
>>36 そうです。
>>37 実際の効果は知りません。
39UNZEN.JP 2021/01/08 23:54 ID:e15
賛成
>>38
まあ、ここのアイデアボックスも政治に関わりたい意見ではありますね。
でもそれは政治思想とは言わないと思います。
むしろ「陳情」?

私の場合は「政治任せにしないで、自分たちでできることはやっちゃおう!」という主張です。ひとりでできないなら、できる人と力を合わせて。
40N_azooo 2021/01/11 04:22 ID:4f1
賛成
>>20
このコメントなんですが、
実際は日本がイノベーションを起こせているからデフレが起きているんですよね。
真面目にせっせと働いてイノベーションを起こしているから日本という社会は改善していき物品の価格が下る。
ほっといたらデフレや円高になってるのは視点を変えれば国民が順調にイノベーションを起こつづけている結果といえるでしょう。

それに国が応える形で予算をまいて物価を維持出来なければそれはもう政府や政権、財務省、日銀としては不出来と言っていい。成績が悪い。
頼るとか甘えるではなくこればかりは国が責任を持って果たすべき義務です。

イノベーションを起こして発生した余剰リソースをどう分配するか、つまりどうインフレまでもって来させるかが政府の財政の役割なんですよ。加えて非自発的失業をゼロにした上での話です。

昔気質の国を守る、国のために全力を尽くすといった政商も財閥解体で存在しませんしね。
心配もごもっともと思いますが、今は政府からなんとかして金を吐き出させるフェイズです。特殊法人のような天下り先だろうがとにかく金を広く薄くデフレせず物価を維持するよう民間に流してくれればそれでいい。
41UNZEN.JP 2021/01/11 08:53 ID:e15
賛成
>>40
妙に納得です。「イノベーション」と言うとすごくて画期的なものというイメージがあるのですが、日本社会って結構「地道なイノベーション」をやっているよなという印象はありました。コツコツやっているので目立たない。
で、私が理解できた範囲でお尋ねしますが「一般生活者(企業の従業員など)に直接投資をして無駄金をばらまく」のは是でありましょうか?

私は起業を目指してスタートアップ(それ以前のデジタル開発の試み)にデジタル庁債で資金援助できないかという提案をしているのですが、これは9割は無駄金になると思っています。それ以上かも知れません。ほとんどは「目先の小さな改善」で終わり、起業も個人事業程度が主であり、世界的に成功できる企業などは可能性としてあるだけで実際はわからないと思っています。ただこれによって生活圏市場に金が回ります。設備投資や消費はその分増えるはずです。
例えば「独自プラットホーム構築をお願いします」@05902などを、企業に勤めながらも自分の技術や時間を持て余している各個人がネット上で相談しながらやる。お願いするのではなく独自に作り上げる。その費用を国が援助する。(続く)
42UNZEN.JP 2021/01/11 09:07 ID:e15
賛成
>>41 (続き)
つまりは内職に金を出すということです。この試み(自分たちで独自プラットホームを作る)は成功するかも知れない、しないかも知れない。成功したら国から離れてそれこそ起業すればいいので、後は問題ない。国がこれを利用することはあっても干渉しない。失敗したとしても、それまで支給されたお金は消費されている。
何事も無駄と思えるものがあってこそ、創造や大きなイノベーションは実現するもので、私はその意味では無駄ではないと思うのですが、世間は違う。特に国が資金援助した場合はマスコミや野党に叩かれる。
でも事業(試み)は失敗しても、その提供された資金が流通したことで意味はある、という解釈でよろしいのでしょうか。

間違いがあればご指摘ください。
43雪見餅 2021/01/11 11:05 ID:8d1
反対
>>40 財務省が財政支出を許さないのは、私は政府の指針だと思っています。
財政支出をして何が困るかというと、今の日本人は豊かな生活をしているので、貧乏な感じを演出しないと1.国民が国が安泰だと気付いてしまい怠ける、2.対外イメージが悪くなる(日本だけ楽をしているように見えてしまう)、こういう理由を加味して、いつでも適切な財政支出で豊かになれるのに、貧乏で周辺国からもいじめられる可哀そうな日本を演出しているのだと思います。実際、民間は苦しい(成功するために、社会から求められる成果の基準が高すぎる)ので、可哀そうというのは正しい側面がありますし。

なので、イノベーションを起こすための環境が足りないという理由であれば、それは規制と同じなので、資金援助をすべきだと思います。
ちなみに公務員の天下り先を増やすのが反対なのは、特定の公務員の独占的な利益になりそうだから、できるなら公平に富が分配される方がいいと思うからです。

その意味で、NEDOにおける資金調達をもっと潤沢にしろという提案の方がまだ好ましいです。。
44雪見餅 2021/01/11 11:29 ID:8d1
反対
>>43の続き。

国が適切に技術を使って儲ける環境が作れないのは、何が本当使える最新技術なのか、国が把握する能力が低いからだと思います。
その意味で、技術で儲ける環境を作るには、技術に詳しく政治判断もできるハイブリッドな政治家を作るしかないと思いますが、安全策として、外国で成功している技術だけを日本でも盛り上げようという仕組みになっているのだと思います。

外国で成功していることを、日本人が追従するというのは、外国と利害で対立せずに歩調を合わせることでもあるので、やはり、イノベーションで大きな成功を起こしたいならアメリカに旅立った方がいいと思います。

以上より、日本はギャンブルをしない代わりに、国が絶対につぶれずに一定水準の暮らしができる、最強の財務省を手に入れたということになると思います。
日本を良くするためにはギャンブルを許すしかありませんが、現在のその許す度合いは、政治家が時勢を読んでその都度、どの程度ギャンブルを許すかだと思います。
ということは、国民が豊かになるには、今の政治家に頑張ってもらうしかないと思います。短期的、正気的に見て必要な国民の豊かさとは何なのでしょうか?
45雪見餅 2021/01/11 11:37 ID:8d1
反対
>>44 財政支出が足りないという意味は、ギャンブルの掛け金の規模が足りないということだと思います。
だから、もしも財政支出が足りないなら、国民を誘導して、補填可能な損失に対する支出が約束できるような、日本国民全体で取り組みべきギャンブルの内容とは何なのでしょうか?

5GやDX、環境対策、災害対策、安全保障対策、国際金融都市、インバウンドを見込んだ観光産業勃興、これらの他に、何が必要なのか、または、これらのギャンブルの枠組みの中で、具体的にどんなギャンブルをすることが適切なのでしょうか?
46雪見餅 2021/01/11 12:03 ID:8d1
反対
>>45の続き。

日本は、世界の産業をけん引しようとして何度も失敗しています。だから、ガラパゴスな技術などと世界ではよく揶揄されています。NEDOで生まれた技術で儲けられないのも、こうした失敗の一つでしょう。

逆に言えば、世界が日本に求める役割は、イノベーションの発端となることではなく、世界中の主要な技術を網羅しつつ、その技術の発展を補助することであるとするなら、日本がイノベーションを起こそうとしても世界から反発を食らうので、ガラパゴス技術大国の日本というブランドを維持し続ける中で、日本人がどうやって豊かになるかを考えるべき、とも考えられます。その場合、日本で必要なのは画期的なイノベーションではないでしょう。

だから、世界が求める日本の役割が変わらないのであれば、もしもイノベーションで成功したい人は、やはり外国に行った方がいいと思います。その時は、アメリカでも中国でもいいと思います。
47雪見餅 2021/01/11 12:16 ID:8d1
反対
>>46の続き。

1.国民が国が安泰だと気付いてしまい怠ける
2.日本が豊かになると対外イメージが悪くなる(日本だけ楽をしているように見えてしまう)

こういったデメリットを見極めながら、日本はどれくらい財政支出すべきか考えるべき、というのが私の意見です。

その意味で、菅総理が不妊治療を推進したことは適切だと思います。世界の誰も文句を言わないと思うからです。
他に、世界の誰からも文句を言われないような、国民を豊かにする仕組みに対するイノベーションがあるなら、それを推進すべきというのが、私の主張です。
48雪見餅 2021/01/11 12:44 ID:8d1
反対
>>47の続き。

現在の起業環境ですが、例えば、現在は八百屋はいらないと思います。スーパーがあるので。
こうした安易な発想では企業が難しいです。

その上で誰が起業できるかというと、前提として、国民の需要を把握する能力を持っている人(これは売れる事業になると強い確信を持てる人)です。

私は、こうした需要を把握することが、起業(国民のやる気)につながると思っているので、@03882で、国民からの需要を把握するための公的なアプリ開発を提案しています。
まあ、需要を把握できるということは、詐欺師の人たちも助けることになるので、どれだけ悪用する人を抑制できるかが、起業しやすい環境をどれくらい作っていいのかを決めると思います。
49N_azooo 2021/01/11 17:41 ID:4f1
賛成
>>47
無論それでインフレ率が維持出来なければ適切とは言えず。
適切でなければデフレ脱出分のベーシックインカムでもしてたほうが100万倍マシです。蒔くべき額はGDPデフレーターがゼロを超えるように政府が支出して差額分を埋めるように支出すればいいだけなので。
その物価を下げないフレームワークを財政規律としその中で緊縮ごっこはやってもらいたい。

我々国民が儲かると感じるか感じないかと言うのは、政府の物価維持能力にかかっております。10年20年と国は景気経済を絶対に支えてくれるという補償を行動を持って示す。その信頼の積み重ねが必要なんです。

何年も何十年も失われた○年などと言われている社会でよっぽど上手い商売思いつくか国家のバックアップなしに起業してやろうという向こう見ずな国民そうそう居ないと思います。

国がまずは好景気を支えて民間の借り入れ額を増やして行くことが重要なんです。民間の借入額が増えたなら今度は国が借り入れを減らす。
国がバランスを取る、たったそれだけのかんたんなことです。

得ようと思うならまず与えよです。
経済や財政を扱う人間が道徳的でないことが問題なんです。
50雪見餅 2021/01/11 18:10 ID:8d1
反対
>>49 いつまでにどれくらいのインフレ率を達成すれば、国民が飢えたり、結婚できない人を結婚できるようにしたり、そういう回避しなければならない不幸を十分に減らすことができるんでしょうか?

ただの感情論なら自分で何とかしろと思いますが、経済的不幸が致命的に悪化するのは、今の状況が好転しないとして、いつなんでしょうか?

その致命的な悪化を辿る前に、インフレ率をプラス方向にもっていかなければならないと思います。

1.国民が国が安泰だと気付いてしまい怠ける(自分たちが貧乏で死ぬかもしれないという危機感を失う)
2.日本が豊かになると対外イメージが悪くなる(日本だけ楽をしているように見えてしまう)

この二つのデメリットを回避するには、先延ばしによる不景気の演出が重要だと思います。
51N_azooo 2021/01/11 18:30 ID:4f1
賛成
なのでNEDOへの増資もそれはそれで大変結構ですし、

しかしそれをギャンブルというのはいかがなものかと、
そもギャンブルとは必ず出資額よりも期待値が低く確率的には胴元が儲かり自分は損をするシステムに出す出資のことで、
基礎研究や真面目な研究を行ってる研究員に対してとてつもなく失礼な考えだと思います。「投資」としっかり言ってさしあげるべきです。

役に立つ立たないではなく真理や新発見に向かって探求ができるか出来ないか、その意志が有るものに環境を用意してやれるかと言うのが一番大切なのであって、何に使うかわからない基礎理論が確立してリニアや核融合といった「実」になるのはおおよそ50年100年後。技術的には例に上げたどちらも60年以上前に発見された技術です。
それを財政が愚にもつかない判断で実になるならない役に立つ役に立たないを判断しデフレも脱してないのに国内の経済状況を理解せず予算をカットするのはこの国にとってとんでもなく大きい損害です。
将来花開き実となる苗を根こそぎノコギリでカットしてるようなものです。
実が成らなければこの国は飢える。子孫は我らの時代を恨むことでしょう。
52雪見餅 2021/01/11 18:37 ID:8d1
反対
>>51 まあ、iPS細胞の事業をコストカットしようとする国ですから、技術で儲ける環境を作るには、将来を見通せる程度に技術に詳しく政治判断もできるハイブリッドな政治家を作るしかないと思いますので、その辺は政治家の人たちに頑張って欲しいです。東大レベルの記憶力のいい人たちなら、環境さえあれば達成できるはずですし。
53N_azooo 2021/01/11 19:03 ID:4f1
賛成
>>50
それは国内産業が風化して使い物に成らなくなる前に、
デフレータがゼロ以上を毎年維持し続けなければならないんです。

いつになるかはわかりません。
ですがデフレに足を突っ込んでいれば着々とそれは迫ってきます。

ちょっとのことでハイパーインフレやデフォルトを起こすような強靭性の無い国が出来上がります、
ジンバブエは優秀な外国人技師を追い出し
ベネズエラは産油国にも関わらず優秀な国民の国外流出、
レバノンは観光業と金融を主幹産業にしてたのに内戦

全部国内の産業をダメにし育成しなかったツケです。
いまジンバブエはハイパーインフレは収まってますが、優秀なコットン生産地になっております。ジンバブエコットンかなり良いです。ハイパーが収まったのも産業が活気づく様になったからです。

日本はデフォルトを起こし得ないと言いましたが、このまま支出を絞り供給力が衰え海外からの投資を呼び込もうと、また固定相場にでもしたときが終わりの始まりです。
ギリシャアルゼンチンまっしぐらです。

そうなってからでは遅いんです。幸い日本が昔固定相場制だった頃は世界に誇れる物を作れてましたが、今だとどうなるか
54雪見餅 2021/01/11 19:09 ID:8d1
反対
>>53 そうならない程度に、手遅れにならないうちに財政支出を増やして対策してくれればいいと思います。
55UNZEN.JP 2021/01/11 19:15 ID:e15
賛成
日本が諸外国から嫉妬されないように貧乏なふりをしている、というのはちょっと信じ難いですね。ホームレスや、コロナで仕事無くして今自殺している女性たちは世界への対面のために辛い思いをしているのでしょうか。失業者や飲食店や旅館の人たちに十分な資金援助ができないのは国が世界の目を気にしているからでしょうか。そんな国民を見捨てるような国であれば、日本人はクーデターの狼煙をあげるべきかと思います。

どのような大きな成果もそれを支える広い裾野が必要です。スマホひとつ、素材から電子回路、液晶、カメラ、充電など細々した技術成果の集まりであり、それぞれがここまでのレベルに到達するまでにはさらに多くの技術や経験、研究、携わった人々の努力がなければ成立しませんでした。ということはそれに数倍する失敗の土壌があったからこそ、実現されたデバイスなのです。言うまでもないことですが。
その土壌に肥料をまいて豊かな畑を作りましょう、というのがここで述べられている案なのです。何が芽吹き、どこまで成長するかは知りません。

ただ、その土壌がなければ、恵まれた天才以外世界に通用する企業は作れないでしょう。
そんな人いません。
56雪見餅 2021/01/11 19:23 ID:8d1
反対
>>55 それは自分のアイデア投稿で主張してください。
57UNZEN.JP 2021/01/11 19:34 ID:e15
賛成
>>56
その経緯はすでに述べられている通りです。
共同提案のようなものですが、実は私は最初の頃はデジタル庁の関与は考えていなかったのですね。私の意見は自主独立が基本でしたから。でもfountainさんはデジタル庁傘下をイメージされていました。ちょっと違うなと思いつつも、よく考えたらそれもいいなと思い始めました。
いいな、と思うものは私は素直に取り入れるので、現在の方針になっています。またその途中でN_azoooさんが「デジタル庁債」というものを発案してくださいましたので、そのまま取り入れました。なんだか「ぴったりはまった」感じなのです。
私ひとりの頭の中にあった当初のアイデアとはだいぶ違ったものになっています。私は起業を目的とした提案だったのですが、今はその環境の育成という点に重心が移っています。

なので現在進行中の提案は、私一人のものではないのですよ。スピーカーはやってますが。
58UNZEN.JP 2021/01/11 20:00 ID:e15
賛成
>>57
私は基本的に「文句があるなら自分でやれよ、会社が嫌なら自分で興せ」というカッコイイ主張の持ち主です。現実はそんなに甘くないですけどね。でも会社や社会に文句言う人は多いですが、自分で何か事を起こそうとする人は少ない。日本はリスクが大きすぎるからです。なので公務員やNHKなど法的に安定生活を保証された特権職には、文句たらたらでもしがみついてしまう。そのお気持ちはよくわかります。ただね、その不満を他に向けないでいただきたい。そういう安定志向は何を生んでいるかと言うと、コネ採用や忖度昇進ですね。そこで森友などの被害者も出る。結局誰かが得するために誰かが犠牲になっているんです。平穏に見える日本の背後で、制度を絡めた熾烈な生存競争が繰り広げられています。
それはどうにもならない今の社会の現実です。が、ここに風穴を開け、人が自由になれるチャンスがあるとすれば、それが起業だと思っています。

でも起業に至らなくても、組織の中でもっと能力を発揮したいと思っている個人に、デジタル庁がその機会を与えてくれるならそれは良いことだと思います。そう思うに至ったのはfountainさんのおかげです。
59fountain 2021/01/11 20:04 ID:482
賛成
>>2 UNZEN.JPさん 提案を盛り上げてくださり本当にありがとうございます。実は、私も1990年代後半、WINDOWS95,98を使用し始め、当時から「これからはインターネットでビジネスをする時代が来る、e-コマース、ネットショッピングが主流になる。世界中の人々とよりネットで繋がり易くなり、協力し合える時代が来る」と思い、時間がある時に独学で技術を学びながら試行錯誤していました。ただ、何しろ独学で、かつ技術は得意なほうではなかったのでモノにできず。その後、せっかく大企業でチャンスをいただくも自分の能力不足で多くの事業案は未提案。一方で最近、自分は技術単独で勝負する程の技術力はないと再認識し、得意な領域中心に方向性を切り替えました。ただ、私が20代の時にやろうとしていたこと(現在のAmazon,楽天等のようなビジネス)は、仲間を募り、補助金等資金確保できていたら起業まで踏み切れていた可能性はあるかと。当時、世界中の多くの方が同じことを考えていたはず。その痛い経験もあり地方移住起業支援もありますがコロナ禍で首都圏からの移住者は歓迎されない傾向も有、デジタル起業支援もあればと思います
60雪見餅 2021/01/11 20:18 ID:8d1
反対
>>59 あなたの提案に反対の理由を説明すると、基本的に国のベンダーとして働くため、技術を持ったお金に汚い技術者と公務員によって、段々と目的から外れた経営を行い、国の癒着する天下り先を増やすだけだと不安に思ったことが一つ。
もう一つは、国を良くするぞという人間が集まった、一つの方向性を持った政治思想を持った集団がお金を与えられて生かされる状況が怖いからです。
61UNZEN.JP 2021/01/11 20:25 ID:e15
賛成
>>59
おや、お帰りなさい。一時帰宅でしょうか、まだお忙しいですか?
盛り上げてるんじゃなくて荒らしている感じで、申し訳ありません。つくづく自分って人望がないんだなと思い知っているところです。留守をいいことに私が勝手に進めてしまっていますが、違うと思われる部分があればご指摘ください。真剣に考え直しますので。

私はデザイン系の出身でMacintoshが日本語対応した頃から、CGやりたくて始めたのです。その後インターネットでホームページ作ったりして遊んでました。なので技術屋ではないのですね、経験上のことしかわかりません。
私も中学生の頃には音楽データを一箇所に集めて配布する事業とか考えていました。チャンスがあればやっていたと思います。ジョブズより先に。こんなことはよくあることで、日本人に欠けているのは創造性ではなく、起業できる環境なのだと今でも思っています。
デジタル庁にはこの点を改善していただきたい。日本のデジタルの未来のために。
62UNZEN.JP 2021/01/11 20:27 ID:e15
賛成
>>60
はい。私はそれでもいいと思います。より多くの人が活気付くならば。
そしてその不安は杞憂だと申し上げておきます。
63fountain 2021/01/11 20:33 ID:482
賛成
>>3 酒神忍さん ありがとうございます。本来は官民協業が望ましい事業もありますが、独占禁止法他様々なコンプライアンス法令への対応もありますし、また、簡単に起業できた人たちに国の重要な仕事を割り振るというのも難しいでしょう、その辺は認識しています。一方で、デジタル庁の仕事は多岐にわたり、デジタル庁職員だけでは足りず、いずれ多様な人材が携わることになるでしょうから、その時に何かしらの形で貢献できるようなことがあればよろしいかと思います。

>>4 UNZEN.JPさん ありがとうございます。今ここにきて大企業も大変革に向けて本腰を上げ始めていますので、日本もこれから変わっていけるかもしれませんが、資本主義が続く限り、株主第一優先のビジネスを止めることはできませんので、政府には、規制緩和/強化すべきものの見極めを確り行っていただきたいと思います。いずれにしても、起業/大企業にしても、当面のキーは、「地球回復および継続の為のソーシャルビジネス中心」ということになりそうです。その意味では180度の大変換。従来は利益確保出来ないビジネスには取り組めませんでしたが、今後概念が変わるでしょう。
64fountain 2021/01/11 21:26 ID:482
賛成
>>5 栞子さん、>>6 ikemoさん、>>7 UNZEN.JPさん
>>20 雪見餅さん、>>40 N_azoooさん
皆さん、コメントありがとうございます。自分で提案しておきながら大変恐縮なのですが、しばらく1か月くらい時間が取れず。皆さんのご意見をよく拝見し、熟考してから回答させていただきたいと思います。

>>60 雪見餅さん
>国の癒着する天下り先を増やすだけ
⇒当然これは私も望んでいません。

>国を良くするぞという人間が集まった、一つの方向性を持った政治思想を持った集団
⇒仰る通りです。偏った思想の集団に勝手なことをされたら困るでしょうから、変な反抗的集団を作るつもりもありません。
誰かにとっての正義は誰かにとっての迷惑だったりしますので。

>>61 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
2月10日頃までほぼ時間がないのですが、できる限りコメント読ませていただきますね。私もホームページ作りは昔試行錯誤していました(全部削除済ですが)。私も純粋な技術屋ではありません。技術は理想とする未来創造の為の支援ツールだと思いますので最大限活用していきたいですね。
65UNZEN.JP 2021/01/12 08:45 ID:e15
賛成
■自助・共助・公助
会社や組織で働いているIT・デジタル関係の技能者の中には独創的で意欲のある人材も多数存在する。しかしひとつの特定の組織の中で自らの広範なアイデアを実現・実行される機会は多くはない。
そのような人達が個人として自らのアイデアを「デジタル改革スタートアップBOX(会員制)」に提案する。簡単に構造を実現したスクリプトのサンプルなども投稿できる(自助)。これを元に実現したいプロジェクトの概要を表明し、賛同者・協力者を公募する。実現可能性や需要、他に与える影響、必要な資材や資本などが討議され、実行可能な段階になったら(共助)、共同でデジタル庁に報告・申請する。原則的に必要な資金と人件費がデジタル庁債から振り込まれる(公助)。これは実行者たちへの寄付であり、返済の必要はないが、アイデア実現までの経緯とその結果を報告する義務がある。ただし成果物とそれがもたらす利益は実行者たちの所有となる。
これは個人として行うものなので、複数プロジェクトに参加することもできるし、移動して複数を渡り歩く事も可能。ニートやひきこもりや女性や子供も参加可能。ホームレスでも可能。入口に制限は設けない。
66UNZEN.JP 2021/01/12 09:00 ID:e15
賛成
>>65
アメリカの大学は「入るは易く出るは難し」と言われ、日本はその逆だとされています。
これは日本にアメリカ式を意図的に作るものだとも言えるでしょう。

国内でも様々な新規事業やスタートアップを公募して支援する制度はありますが、いずれも間口が狭い。いわば日本の入試式で、「最初から有能な人、成果が出せる人、その意味で無難な人」を厳しく選別する方式であるように思えます。中には年齢制限や資格制限まであります。
今回提示されている案はその真逆です。誰でも何らかのスキルがあれば参加できる。なくてもアイデア次第で、実現できる賛同者が集まれば実現できる。失敗しても大丈夫。リスクを心配せず、組織に属しながらでも、様々な試み(挑戦)が実行でき、自らの知恵と努力で起業まで行ける可能性もあります。

最初から成功が見込める人だけを募集して何の意味があるのか。それは育成者の怠慢ではないのか。日本人の「結果主義」とはそろそろおさらばしましょう。失敗してもへこたれない、七転び八起きの達磨のようなチャレンジ精神を称揚しましょう。
そうすれば世の中が面白くなります。その中からイノベーションは起こるのです。
67fountain 2021/01/13 03:17 ID:482
賛成
>>5 栞子さん ありがとうございます。
2⇒仰ることわかります。基本的には、情報系学位/修士/博士+「高度情報処理技術者」「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」を複数取得している方が望ましいかとは思いますが、募集職種によって、学際的、俯瞰的視点/経験を持った人材のほうが望ましい場合もあります。言い訳のようですが、私はハイブリット人材を目指して多領域の専門性を身に着けることをモットーに長年やってきました。それなので、情報技術に関しては幅広い基礎的知識と一部専門知識(経験則含む)はあっても、苦手な分野もあり、客観的に見て、優れたIT技術者であるとは言い難いかと思います。よって、高度専門性が必要な部分はその方々に任せて、全体の中で、各自が得意な能力やレベルを持ち寄って関わることができたらと考えています。

5⇒仰る通りですね。そもそも原則詐欺的な目的の方は参加できないでしょう。ただ、ITといっても本当に幅広く純粋な意味での技術者だけを指すわけではないので、様々な多様なスキルを持ち寄って、可能な範囲で最大限よいものができる感じがよいかと。なお、労働搾取/血税搾取いずれも望んでいません。
68fountain 2021/01/13 03:24 ID:482
賛成
>>6 ikemoさん ありがとうございます。
⇒IPA 2021年度未踏アドバンスト事業公募も出ていますね。
(引用)「未踏性、市場性、事業性、開発実現性を備えたITを活用した革新的なアイディア・プロトタイプ(製品・サービスの企画・構想を練っている段階、製品・サービスのプロトタイプ開発を継続している段階)を有し、ビジネスや社会課題の解決につなげたいと考えている未踏的IT人材からプロジェクトを募集」

「未踏アドバンスト事業」などは2017年度からあり、私は、実用化の為のIT系研究事業や天才プログラマー等が参加可能な敷居の高いPJかと思っていたのですが、アイディアBOX等に持ち寄ったアイディアの中で応募できるものも出てくるかもしれませんね。
ただ、すでに誰かがアイディアBOXに書き込んだ内容の著作権はデジタル庁に帰属するかと?「未踏アドバンスト事業」に応募してよいかというのは現時点でわかりません。UNZEN.JPさんが別コメントで、「アイディアBOX(会員制)」で本格的に検討して実用化に向けて進めるのはどうかというような提案を出してくださっていますが、重複や盗用等トラブル避けたいです
69fountain 2021/01/13 04:18 ID:482
賛成
>>7 UNZEN.JPさん ありがとうございます。
>一人で失敗しても別の人と組めばうまく行くかも
⇒ 組む人やチームの価値観や考え方(蓄積知識の量/質/幅、鍛え方のレベル、学び歴=シナプス結合 の違いにより、見えているものが全く異なる)で本当に違ってきます。過剰なストレスなく、高度に創造的な仕事が成し遂げられる場が(社会全体でも)用意されていくことが望ましく。

>「やり直せる社会」「デジタル改革に資する」起業が大条件
⇒その通りだと思います。が、ちなみに、私自身はやりたいこと=起業というわけでもなく。私は、元々デジタル(IT)だけをやろうとしていた訳ではなく、小さい頃から地球全体に関わる諸問題解決の立案に関わろうと、ITを含め、様々勉強してきました(e-コマースはやりたかったことの一つではありますが、それが本目的ではなく)。それで、ずっと問題視してきたことは、現在の資本主義下、世界中でスタートアップも大企業も、皆が利益確保第一優先(自由主義)ルールの下、利益最大化の為に宇宙と地球で強引に事業を展開し、結果として環境汚染が増大、比例して人間が地球上で安全に暮らせる残期間が激減中
70fountain 2021/01/13 04:51 ID:482
賛成
>>7 UNZEN.JPさん(続き)世界全体でもほぼ同様の考えの下、大改革に取り組まれているようです。デジタル化もこの地球環境回復が第一目的かと認識しています。他には、デジタル(ICT)により、地球規模でも連携/協力しやすいこと。国家も官民ともに効率化が進む等メリット多く、デジタル化には今後も何らかの形で関わっていきたいとは思っています。肝心なことは、全体の情報を整理整頓して、シンプルかつ機能的なシステムを創り上げていくことだと思っています。その意味では、国全体でやるべきことの全体のコンセンサスが確立されていない状態で、バラバラと起業して好き勝手に色々と無駄なものを作ってしまうことのないようにとは思っています。他と重複しないような形で、複数他システムとの連携も考慮しつつ、棲み分けしながら、役立っていくということが大事かと。それなので、まずは、デジタル庁が何をどこまで取り組まれていくのか、官民の棲み分け、協業、下請け等をどのような感じで進めていかれるおつもりなのかによっても違ってくるかと思いますので、各自はとりあえずスキルアップに励みつつ、様子を見ながら検討を進めていきましょう。
71UNZEN.JP 2021/01/13 08:39 ID:e15
賛成
>>69
会社はすでに目的や方法をもった組織があって、そこに協賛できる志向を持った個人が集まる仕組みです。(車好きの人は自動車会社へなど)
こちらは逆に多くの個人の中から同様の志向を持った人たちが組織を作る仕組みです。(個人でもできるならそれで構わない)

「起業」という言葉を使っているのでそこに抵抗がある方もおられるかも知れませんが、あくまでひとつの形です。独立採算できる(それを目指す)必要は全くないと思います。
働き方改革で時短と副業容認の方向だと感じていますが、単なる副業だと考えてもらって構いません。私もそこは拘っていません。というより、これまでの「一つの会社や組織に固定する」ことが昭和の最たる弊害なのではないかとすら感じます。終身雇用はすでに崩壊しています。ひとつの会社(組織)に属しながらも、個人で複数のプロジェクトや収入源を持てるような、いわば「マルチ労働」社会が令和のお仕事の形になるかも知れません。ネットワークがこれを可能にします。
デジタルは各々の「自分の夢」や「やりたいこと」を実現する道具であり手段に過ぎません。もちろん限界や不得手なことはあり、万能ではありませんが。
72UNZEN.JP 2021/01/13 09:00 ID:e15
賛成
>>70
そもそもが利益第一ではないから、こういう提案になっているわけで、NPOでもボランティアでもいいのですよ。社会が必要としているサービスや技術なら運営資金提供者(サポーター)も現れるでしょう。しかし今の世の中ではアイデアだけでは誰も支援してくれません。何らかのプロトタイプを公開し、確かめられる形にし、使ってみてもらい、それが役にたつかどうか社会的に確認してもらわなければなりません。

金儲け第一で何でもいい、となれば広告商売やアダルト、詐欺までいくらでも手段はあります。私もこのような風潮は好きではありません。結果(利益)を求めすぎて、今の日本はとても生きにくく窮屈になっています。

新しい多種類電力コントロールの方法を思いついたとして、これは実際に使って運用してみなければ価値はわかりません。そのためには採算の見込みのないプロジェクトでも、形にしてやってみる、という試行錯誤が必要です。そのための仕組みだと思っています。
73UNZEN.JP 2021/01/13 09:23 ID:e15
賛成
>>70
トップダウン、全体的視点からの管理が必要な分野もありますが、例えばスマートフォン。
スマートフォンという複合技術デバイスの実現のために個々の、無数のデジタル技術が発生したわけではないですよね。もともとあった様々な技術からピックアップしてスマートフォンに結集したものです。
環境問題は常に意識すべき人類の喫緊課題だと思いますが、「そのため」に限るとその常識的方向の限定された技術しか出てきません。まるで違ったものを一つにまとめることでイノベーションは実現します。電話とパソコンとウォークマンとカメラ、そしてインターネットをくっつけてできたのがスマートフォン。これができたのはジョブズが天才的マネージャーだったからですが、その才能の背景は個々の技術に偏見がなかったからだと思います。たとえば「電話はかくあるべし」という固定観念がなかった。個々の領域にこだわっていては実現できませんでした。しかし個々の領域・技術がすでに無数にあったからこそ、できたことです。
環境問題の解決も、同じだと思っています。
広い裾野が必要で、それも無関係に見えるくだらないものも必要です。
74UNZEN.JP 2021/01/13 09:39 ID:e15
賛成
>>70
「バラバラと起業して好き勝手に色々と無駄なものを作ってしまう」

そのご懸念はわかります。ただフェイスブックはもともと学生用の自己紹介サービスみたいなものだったと聞いています。当然これで利益を得ようなどとは考えていなかったでしょう。しかし今やGAFAの一角です。
デジタルのいいところは「こういうサービスが欲しい」と思ったら、たいてい、誰でも(必要な時間をかければ)自分で好きなものを作れちゃう、という点です。でも考えていただけではそこで終わってしまいます。実際にプログラムを動かして、使ってみてもらわなければ価値はわかりません。
どなたか「需要のあるものに絞って支援すべき」というようなことをおっしゃっていたと思いますが、需要があるかどうか決めるのは社会です。出してみなければ誰にもわからないし、事前に需要が分かるようなら誰も苦労しないのです。競馬の大穴を的中させるようなものですから、不可能です。そもそもスマートフォン出現以前には、スマートフォンの需要はありませんでした。何かがそこに出現することで、需要は生まれ、育つのです。
75栞子 2021/01/15 17:19 ID:323
>>67 起業とか上品に聞こえますが、結局は「何を根拠として国から資金を出させるか」という話ですよね。
根拠は即ち担保なわけで。

「デジタル改革」という名目でお金を出させたいなら
デジタル改革だと納得させられる理由が必要なわけで。

それが(2)なわけで、国がそれを認定するから「国家資格」ってものが存在する。

あなたが「薄く広くやってきたから専門知識が無い」という話であれば、国なんかアテにしないでクラウドファンディングで国民に融資を募れば良いじゃないですか。
わざわざ国に無駄金をばらまかせる事でも無いでしょうに。

  投票
本家に投稿する場合はここから