板に戻る 全部 本家 最新10 1-

デジタルを使って財政改革 @05795

1よっちゃん 2021/01/04 14:26 ID:6d2
持続可能な開発は、将来世代に対する現役世代の責任です。将来世代に多額の負担を残さないために、プライマリーバランスの黒字化を達成してほしい。
その為のデータ分析、シュミレーション、目標設定、政策にデジタルを活用してほしい。
さらに、財政の貸借対照表を公開してほしい。
また、年金負債が膨れ上がっているので、年金のシュミレーションや人口と負担の最適バランスなど、政策を作る時にAIやデジタルを使ってもらいたい。
2あまるおちる 2021/01/04 14:37 ID:793
反対
プライマリーバランス修正は今やるべきことではなく、デジタル庁も今やるべきことではない インフレ目標達成、成長率がインフレ率を上回ってからで十分 それまでは消費税停止、際限なく財政出動あるのみ
3pera 2021/01/04 14:39 ID:db5
反対
プライマリーバランスの黒字化なんて財務官僚のおもいこみだぞ。
安藤裕議員 西田昌司議員 藤井聡先生 三橋貴明先生の抗議を十分に聞いてほいい。
デフレ脱却のためにこそAIを活用すべき。
4よっちゃん 2021/01/04 14:59 ID:6d2
賛成
こういうご時世だからこそ、今までの財政健全化の努力を無駄にしないために、借金を止めどなく増やさないために、立ち止まって将来について考えることが大切だと思います。
5酒神忍 2021/01/04 16:22 ID:3b8
最近まで、公会計は、地方自治体も、単式簿記、お小遣い帳方式、で、あった為、資産を、形成する、という、意識が、なく、まず、民間level の、会計制度を、導入、せねば、財務分析、どころ、では、無い、といった、印象、です。
そもそも、日本は、California州と、同じ位の、面積、にも、関わらず、人口は、約4倍、と、人口過多国家、という、事実を、見据える、必要が、あります。
東京の、ように、都市部、であれば、scale merit が、働きますが、過疎の、地方で、野放図に、支出、していれば、夕張市、のように、なりかねません。
地方自治体の、歳入の、半分は、国からの、補助、税金、ですが、地方が、自立する、為には、何より、自主財源、の、確保、の、為の、産業と、雇用の創出、に、尽き、wise spending 賢い支出、は、地方こそ、必要と、思われます。
6よっちゃん 2021/01/04 16:35 ID:6d2
賛成
>>5 まさに、その通りだと思います。
7UNZEN.JP 2021/01/04 18:12 ID:e15
賛成
>>4
それは私もそう思っています。が、「お金を使う側」の人たちはその事実をはっきりさせたくないので、抵抗するなり誤魔化すなりして、自分がそこにいる間はもつように言い訳して、あとは知らない、というのが人間心理。
「お金を使う側」とは政治家、自治体、公務員のことです。
AIに分析させたら絶対こう言いますよ「人件費を減らせ。頭数を減らすか、報酬を減らすかどちらかを行え」。それは嫌だ、だから分析なんてさせない。

庶民から巻き上げた税金をどこにどう配分するかが、「権力」の実体なので。
8mitunari2050 2021/01/05 00:28 ID:e28
>>3
<プライマリーバランスの黒字化なんて財務官僚のおもいこみだぞ。
安藤裕議員 西田昌司議員 藤井聡先生 三橋貴明先生の抗議を十分に聞いてほいい。

「プライマリーバランスPB」は内閣府の「財政健全化はどうするんだ!?」に対する「財務省の緊急避難的詭弁(2012年に達成するPBは2025年度も無理発言!)であった!」
対する「四騎士団GAFA」ならぬ「大根役者ANFM」の抗議よりも対策や対案に注目すべし・・しかし、残念ながら、米国発の「MMT:現代貨幣理論(Modern Monetary Theory, Modern Money Theory)」に頼るだけの輩ばかり!
主題「デジタルを使って財政改革」のコメント
<デフレ脱却のためにこそAIを活用すべき。
それには「AIに解かる言葉=教師データ」が必要である!
基本的に経済活動に必要なデータは「個人消費者の売買取引データ」である!
個人情報保護法に基づかない「ビッグデータ取得」を目論む政府と企業は亡国の輩と言える!

論理の飛躍
未来のデジタル庁は
エストニアの「個人番号(マイナンバー)=個人・人格・人権」の基本理念を見習うべし!
9yuuka 2021/01/05 10:58 ID:a05
GAFA的国営通信会社をつくり基本料金で税金以外の徴収を考え年10兆円の返済計画を立てる。
10酒神忍 2021/01/06 03:33 ID:3b8
国債を、発行し、国内で、消化、している、というのは、例えるなら、蛸が、自分の、足を、食べて、いる、と、いった、image でしょう、か。
1、2本位、なら、まだ、生きて、いけそう、ですが、5、6本も、食べると、厳しい、自然界で、survival していく、のは、難しそう、です。
高度経済成長期、自治体が、土地開発公社、というのを、設立し、開発用の、土地を、先行取得、する、といった、ことを、していましたが、土地bubble 崩壊に、よって、ほとんど、塩漬け、状態、という、ことの、ようです。
金融 moneyが、焦げ付き、不良債権化、すると、何が、まずいのか、というと、実体経済に、影響が、出てくる、のが、まずいのだろう、と、思います。
例えば、自治体に、予算が、無くなると、ゴミ清掃員へ、満足な、給与が、支給、出来なくなり、人が、集まらなく、なり、結果、ゴミは、回収、されず、町に、ゴミが、溢れ、悪臭、が、漂い、感染症の、risk さえ、発生、する。
そうなる前に、各家庭に、生ゴミ処理機、disposer 等を、義務付ける、べき、かも、知れません。
11N_azooo 2021/01/07 00:33 ID:4f1
反対
誰かの赤字は誰かの黒字という原理原則はご理解いただけてるでしょうか。

国の赤字は国民か海外の黒字ですし
国の黒字は国民か海外の赤字です。

もし国がプライマリーバランス黒字化をしつづけ国債を償還仕切ってしまうとどうなるか考えたことはありますでしょうか、

答えは国民同士や企業同士で誰かにむりやり借金をさせ通貨を吐き出させるような殴り合い殺し合いの地獄が待っております。

まさか、そんな、言い過ぎだ、なんて仰るかもしれませんが過去日本においてプライマリーバランスを黒字化しようとして緊縮財政を敷いた時期がありまして、松方財政といって戦費調達で起きたインフレを収めようとそうした時期がありました。松方デフレとも言われます。
その結果秩父事件などの武装蜂起が各地で起こっております。
デフレは人心も生産設備も荒廃させます。

国の借金それそのものというのは誰にとっても全く痛くも痒くもないものなんです。
デフォルトは不可能だし、
利払いが増えると言ってもその分は日銀決算後に国庫納付金として帰ってます。実際チャラなんです。

財務省はちゃんと毎年貸借対照表出しております。見ましょう。
12UNZEN.JP 2021/01/07 00:48 ID:e15
賛成
>>11
素人目線でしか発言できず申し訳ないのですが、なるほどと思いました。
私もちょっと前までは国の赤字を心配していたのですが、最近このサイトで教わったおかげで、すこし楽になりました。

で、素人目線ですが、現実問題としてコロナ対策で国や自治体の出費は膨らんでいると思います。それは仕方ないというか、しなければならないことだと私も思います。その一方で財政大丈夫かと心配もしていたのですが、このような場合は、どういう処置が今後適切だとお考えでしょうか。
この件は自分で解決する能力がないので、賢者におすがりしております。
13N_azooo 2021/01/07 01:24 ID:4f1
反対
>>12全てはインフレ率です。
どんなに国の借金が膨らんだとしても、
インフレにならなければそれは政府支出が足りないという事の証左です。

表題の持続可能な開発は自国通貨建てならば赤字をいくら膨らませても開発は続けられます。むしろ膨らませ続けなければ開発はできません。現にプライマリーバランスが黒字に向かうということは研究費は削るは道路の補修はほったらかすわでなんにもいいことはありません。

国の借金というのは国がお金を出す事とぜひ言い換えてください。

皆さんが大好きな日本銀行券はかならず誰かの借金です。
国かもしれませんし、自治体のものかもしれませんし、ベンチャー企業の社長さんのものかもしれません、とにかく誰かの借金なんです。
国ならお金を刷ってもらえばいいですが自治体や社長さんなど通貨発行権を持ち合わせてない存在ならば必死に頑張って返済しなければなりません。

大切なのはどんなことがあっても滅ぼされず、国家を永遠に存続させることが大切なんです。滅ぼされればそこで初めて自国通貨建ての赤字が破綻するわけです。
14N_azooo 2021/01/07 01:39 ID:4f1
反対
もし、どうしてもプライマリーバランス黒字化というオナニーがやりたいのならばどうぞ赤字をガンガン増やしてバブルにでもしてください、

赤字が膨らむスピードが早すぎて景気が加熱しすぎたならば勝手にバブルになるし金融引締をして支出を減らし税を増やして否が応でも黒字化しなければなりませんからね。


そんな不安定な景気は国民にとって迷惑な話です。
ジンバブエで政治やってろって話です。
15UNZEN.JP 2021/01/07 01:40 ID:e15
賛成
>>13
ありがとうございます。池上彰さんみたいにすごく良くわかります。(一応賞賛しているつもりです)

一般人の感覚ではお金は労働の報酬・対価として得るものと考えていますが、時々「大して働いていないのに何であの人だけ給料高いんだ?」と思うこともあります。少し見方を変えて考える必要があるのですね。

で、コロナですが、緊急事態宣言だと補償する必要が出てくるので、国や自治体は莫大な出費を覚悟しなければならず、おそらくそれでも人々の生活は苦しいので再度特別給付金も検討される時がくるかも知れません。底なしの出費が続きそうですが、インフレにならない限り心配いらないという理解でよろしいのでしょうか。
いっそそのままベーシックインカムやってくれれば助かるのですが、国が全部引き受けてくれれば可能だと考えていいのでしょうか。
もしそうなら、やって欲しいですね。そんなに甘くない?
16N_azooo 2021/01/07 02:44 ID:4f1
反対
>>15 池上彰は聞き捨てならないですねぇ、彼は近頃財務省のプロパガンダを垂れ流すだけのスピーカーしかやってないです。
彼のバックは誰か、というのを常に勘ぐらねばなりません。
彼の言うことに限らず誰の言うことでも本当かどうか、基本のキ、プリミティブなレベルで正しいと確信したものからものごとを組み立てて正しいかどうか推測するべきです。

>一般の感覚では
個人単位のミクロな話では確かにそうです。
労働生産の対価として得るもの。それがお金です。その認識で正しいです。
なんであの人だけ給料高いんだ?って疑問も正しいです、ルールやしくみを知り予測を立てお金が流れる先でお口をあんぐりあけて待ってるからです。


補償。必要ですね。インフレにならない限り心配いりません。
家から出るな!っていうことは経済を止めることで間違いなくデフレ圧がかかります。出るなという要請をする以上はそれに対する報酬は必要です。

が、あの調子じゃやらないでしょうね。期待するだけ無駄です。諦めましょう。
ベーシックインカムもコロナのない平時ですら月数万円のインフレ調節のため配布してよかったと思います。
17N_azooo 2021/01/07 03:29 ID:4f1
反対
しかしそんなことをするくらいなら失業者への補償や放ったらかしにしてる道路や橋やトンネルの補修、津波を防ぐ堤防、ダム建設、スパコン、量子コンピューター、治山治水に教育にいくらでもあったはず。デフレは悪ですがデフレを埋めるためにベーシックインカムを行うというのはそれはそれで政治の能力がありませんでしたって意味になるので現状のコロナのような非常時以外ではあまりおすすめできません。

そして災害給付金なんてのならわかりますが災害に合えば増税、アホかと。
ミサイルが空を飛んだので増税、じゃあ明日はインフレ率が足りないから消費税増税か?って話ですよ。
バカかと。

消費税なんてもの上げた翌年だけ物価が上がりはするが、その内実スタグフレーションを起こすだけで翌々年からのインフレ率は鈍化しデフレ圧は高まります。
セルフ経済制裁もいいところです。

消費税にインフレ率を安定化する機能はなくただただ物価に下駄を履かせるだけの意味のない税です。
人頭税の次くらい意味のないバカ税です。
18UNZEN.JP 2021/01/07 08:30 ID:e15
賛成
>>16
失礼いたしました。池上氏が一部の知的上級者からは批判されていることは知っていましたので、皮肉に取られたら嫌だなと思いつつ、「わかりやすい」という点だけで出してしまいました。私もたまに聞いていて「ちょっと薄いな」と感じることが多いです。取り消して訂正します。
アイザック・アシモフの科学論くらいわかりやすいです。

補償の問題ですが、やるやらないは別として、どうしても個別の店舗などに目が行きがちですが、私はちょっと違うんじゃないかと感じています。経済活動をしていないのに一定収入があるというのは、一種のベーシックインカムではないでしょうか。ただ偏った補償になります。やるなら国民全員に、生活維持に必要なだけ一律平等に配布して、事業活動は一旦停止でいいのではないかと思います。家賃や人件費の支払いなども一旦停止して、とりあえずひと月ストップ、というのが単純でわかりやすいと思うのですが、やはりこれはやりすぎですかね。
自分でも非現実的とわかっていますので、ご返事は要りません。ただちょっともう少し賢いやり方はないものかと思いはします。GoTo・ポイントなんて、なんかすごく低レベルで。
19UNZEN.JP 2021/01/07 08:39 ID:e15
賛成
>>17
同感です。言葉はアレですが。
増税したがるのは何か理由があるのでしょうか。政治家は国民の支持が必要だから、あえて不評を買うとわかっていながら増税するには、それなりのより大きな利益がどこかにあるはずだと思いますが。

後半は特に私の実感と符合しています。なるほどこれがスタグフレーションですか。教科書で習っただけで実際に体験することがあるとは思ってもいませんでした。教科書には解決策は書いてなかったような。ただ「これは恐ろしい状況だ」と書かれていたのは覚えています。
財政赤字というフィクションより、こちらの方が大問題なのかも知れません。生活に直結して来ますからね。
20yuuka 2021/01/07 10:18 ID:a05
ぞうぜいと
さわぎこくさい
はっこうし
かへいかちとり
ぞうぜいとなす
21mitunari2050 2021/01/07 13:36 ID:e28
>>11
「N_azoooさんのマイページ」を確認しました。
「自己紹介文:経済の勉強中」「投稿アイデア(0)」

この場は「よっちゃんさん」の
投稿アイデア「デジタルを使って財政改革」であり、
内容(・・プライマリーバランスの黒字化を達成してほしい。・・)
には「反対」の立場ですね。

当方(mitunari2050)は「アイデア=イノベーション」を発見+発明しただけの「ど素人」ですが・・
この場で、経済学習中のN_azoooさんに情報提供します。

MMT関連のユーチューバが「中央銀行がマネタリーベースMBを増やしても民間の需要が無ければ貸出しは増えないのでマネーストックMSも増えない!」と述べたので、日銀統計を確認すると「2021年1月6日のMB≒612兆円!速報値無のMS=不明?

いずれにせよ、「民間需要=企業(生産者)」だけで無く「国民(消費者)」を加算した「コト消費拡大」が重要!

要するに「飽和状態の所得倍増計画」から「新天地の消費倍増計画」

つまり、国民(消費者)が借金する政策転換が必要です!

当方は「イノベーション(主権を生産者から消費者に大政奉還!)」を学習中
22N_azooo 2021/01/07 15:47 ID:4f1
反対
>>19
政治家が消費税を増税してるのは単に頑張ってる感を演出するためでしょう。内容や中身なんて理解してないし財務省からの熱心な「ご進講」があるでしょうしね。
ある種の財務省というジャンルのカルト宗教です。悪の組織と言ってもいい。仮面ライダーのショッカー軍団とそう違いは無いです。

あるいは財務省も大蔵省解体の恨みをそうそう消すこともできないからではないか、と思います。

やっぱりもっと解体して国税庁分離や国保社保などの歳入をまとめた、よくちまたで言われてる歳入省の新設が急がれますね。

森友問題の赤木さんの死を無駄にしてはいけません。これを機に財務省に巣食うどろどろに満ちた悪意をすべて払いクリーンな組織へと解体すべきです。
23N_azooo 2021/01/07 16:07 ID:4f1
反対
>>20
実はこの世に存在する全額を日本銀行券として印刷する必要は無くて、
銀行に有る残高を使い、小切手で高額な取り引きを行います、有る種電子マネーの前身とでもいいましょうか、

日本銀行券だけで1億円用意するとでだいたい10キログラムありますから。
1兆ならその千倍です。考えただけでも恐ろしい重さになります。

というわけでお察しの通り帳簿上の数字が行ったり来たりしてる取り引きのほうが多く大体マネーストックの2割の額面だけ日本銀行券は印刷されてれば事足りるようです。

昔は国が借金をしてお金を発行する行為を万年筆マネーと言われ
国からお仕事をもらったときは

政府小切手を受け取り

それを市中の銀行に持っていって

仕事した人の口座へと振り込まれる

という流れになります。
このときお金というものがそこで初めてこの世に生まれますから
銀行の職員が最近は万年筆使わないので、
最近ではキーボードを使ってカチャカチャポンと入力するのでキーストロークマネーと言われています。
24N_azooo 2021/01/07 16:25 ID:4f1
反対
>>21
マネタリーベース(この世に存在する全部のお金)が増えても
マネーストック(民間に流れてる全部のお金)が増えない。

これ実は当たり前で政府が支出を出さないからです。
プライマリーバランス黒字化を目標に掲げているからケチっているのです。


日銀が物価を操作するためのオペの三本柱のうち
一本は金利の上げ下げですがゼロやマイナスになっており、すでにへし折られてます。
二本目の量的緩和は市銀からの国債買取は後数年ですべて枯渇するでしょう。
残るは三本目の質的緩和ですが株や不動産、だいたいETFやREITの買いあさりです。

最大限好意的に捉えても
株価が上がっていくことで皆株式投資に走らせ貯蓄性向を減らしたい目的が有るのだろうと考られますが、

やはり産業はその間ひどい円高とデフレでじわじわ死んで行きますし、国体はやせ細る。良くないと思います。

おそらく市中の国債がなくなれば円高はガツンと一気にくるでしょう、そうなると安い輸入品がどんどん入ってきて国内産業は死んでしまいます。
そうなったらジンバブエやベネズエラのようなハイパーインフレがいつ起こってもおかしくない状況になります。
25雪見餅 2021/01/07 17:01 ID:8d1
>>24 国債が買えなくなって円高になるというのは、日本国内で大量の日本円を使う場面が無くなるということでしょうか? つまり、日本円を流通させる理由がなくなることが問題。

これに対して、日本がデジタル改革(DXや5Gとか)や環境対策や災害対策などで予算を使ったり(国内に日本円を流通させたり)、麻生さんが国際金融都市を築こうとしていますが、これでは日本国内に日本円を流通させるには足りないのでしょうか?
26mitunari2050 2021/01/07 17:15 ID:e28
国の借金(国債)は「税収」で返す。返済の必要は無い!は阿保経済学者であり、池上某はまっとうな考え!
民間である企業(生産者)の「借金(銀行融資)」「調達(株式)」は経済活動で儲けて「元本と利息を返済」し「株主には株価と配当」で納得させる!
民間である国民(消費者)の借金は「企業Bの総売上の一部=共助」として返還させれば善いのである!

{「生産」→「流通」→「消費」の「経済循環」が理解できない輩}
がいくら議論しても無駄である!

以上
27N_azooo 2021/01/07 17:34 ID:4f1
反対
>>25
日銀による国債が枯渇し買い入れることができなくなる、回収することができなくなるとそこでストップ、もう限界となる。

ということはもう日本円を増やすことはできないということ、
日本円が干上がっていくことを意味します。
円の希少価値が高まり、どんどんデフレになっていきます。
つまり円高です。それがデフレの正体です。

お金の価値が上がってしまうからデフレに成るんです。
もうずっと円高進行が止まりませんが、日銀は頑張って国債が長持ちするよう徐々に徐々に削り取って居ます。神業です。ご苦労さまです。

通貨の価値があがって行くとなったら誰も不要不急な買い物するわけ無いですよね。持ってれば価値が上がってくから。
それがデフレ不況の正体です。

だから本来ならば通貨の価値は徐々に削れてくという未来が続かないと人はものを買おうとはしません。それがインフレです。

しかしものを買おうという機運が高まりすぎたとき、バブルとよばれ早期にはじけさせなければいけません。その時初めてプライマリーバランス黒字化が必要になります。

なので今はプライマリーバランスを黒字化に傾けさせるわけには行きません。
28ほげ 2021/01/07 17:39 ID:d5d
かと言って円安に振れたところで国際競争力を維持している日本の産業って大分小さくなってしまっているし、エネルギーとか情報産業とか海外依存度が極めて高くなってしまっているのでここで円安に触れたら窒息するんじゃ無いかとは思いますね。

公共事業ドーピングで貨幣価値落として円安に誘導するにしても投資する場所間違えると一気にコントロール効かない状況に陥るんじゃ無いかという恐怖はあったりはします。日本円の存在価値って米中が殴り合っているからというのもあるわけでこの先どうなるかもわからないし。
29雪見餅 2021/01/07 17:50 ID:8d1
>>27 なので、市中の企業などに銀行からお金を借りさせて、信用創造によって刷ることができるお金を増やせばいいと思うのですが、日銀による地銀からの国債の買い入れが無くなれば、市中の信用創造で増やせるお金の量はないも同然の量ということなのででしょうか?

お金を銀行から借りることによる信用創造が行われた額に応じて、お金をすることができる量が決まると思ったのですが?
30N_azooo 2021/01/07 17:59 ID:4f1
反対
>>28
ご慧眼、そのとおりです。

国際競争力、国内の生産力供給力が落ちるのは
日本の未来が詰むことに他なりません。
ジンバブエを見てください、ベネズエラを見てください、
アルゼンチンを見てください、ギリシャを見てください、
なぜハイパーインフレになったか、
なぜデフォルトになったか、
競争力、生産力がないからです。

なので適切なインフレ率を維持するということは
ドーピングというよりはタンパク質多めなご飯ですね。
それ食べてしっかり遊んで強くなってねという意味を込めて公共投資をしなければ日本は虚弱体質なヒョロガリになってしまいます。
全てはインフレ率の維持が重要なんです。

日本円の存在価値、についてはそういう面もありますが、やはり一番は日本の支出が足りない、希少価値が上がっている、というのが大きいと思います。

海外の投資家たちは日本が有事になるたび円を買っています。
地震が起きた、テポドン上空通過、台風がきた。
日本政府はどうせ何もしないだろう。円は増えないだろう。
舐めてるんです。だから円高になるんです。
31N_azooo 2021/01/07 18:25 ID:4f1
反対
>>29
そうです、
企業がお金を借りることでもお金は信用創造、作り出すことができます。
しかし企業や民間では日本銀行券を製造できません。
リスクを背負い、商売をすることで利益を上げ、返済をします。
が、国が操作できる領域ではありません。

なので
民間が借りる額が少ないのならば国が沢山借金をして、
民間が借りる額が多くなったらば国は少し借金をする。
このバランスを見るのがインフレ率でも有るんです。

たくさん予算使ってるのにまだ足りないのか?
と仰るかもしれませんがインフレ率が目標値に達することができなかったらそれは緊縮財政なんです。
もっと国にお金を出してもらうよう要求しましょう。

市中の借金を増やすことで賄うと言っても
借金してでも儲かると思える社会でなければ誰も借金しませんよね。
そういうことです。まずは適切なインフレ率を失われた〇〇年(もう何年になるのか数えるのも馬鹿らしい)と言われる年月分取り返して行く必要があり、国内外からこの国の市場は儲かる!と思わせる政策が必要になります。
32雪見餅 2021/01/07 19:07 ID:8d1
>>31 もしかしたら、円をたくさん持っている海外の投資家が円を大量に手放した時に備えて、わざとデフレの状態を保っているのではないでしょうか?
外国の投資家がいくら円を持っているのか知りませんが、彼らが円を手放したら日本の市中に回ってくるわけですから、実は、彼らが持っている円の総額を含めると、日本人は円を持っていないからデフレに見えても、世界全体で見ると、円の増え方がちょうどいい塩梅になっていたりするのではないでしょうか?

だから、本当は健全な運用ができているから、実は財政出動したくてもできない状態という推測です。
33UNZEN.JP 2021/01/07 19:34 ID:e15
賛成
>>32
雪見餅さんのご指摘は斬新ですね。私もそこはまったく考えたことがありませんでした。
何か今日はコロナのせいか、皆さんお家におられるみたいで盛り上がってますね。しかも内容がいい。
私もできるだけ拝見するだけにしてお邪魔しないように気をつけます。
雪見餅さんのご意見に対する賢者様のご返答が楽しみです。

海外投資家所有の円ってどれくらいあるのでしょうね。怖いのは中国人ですが。
「自分で調べろ」と言われそうですが、私も別の用事とかありますので、しばらく皆さんの議論の行方を見守らせていただきます。
34N_azooo 2021/01/07 20:27 ID:4f1
反対
>>32
もし円を大量に売られたら?
2004年の海外のハゲタカからの猛攻に対して日銀砲をぶっ放してハゲタカヘッジファンド2000社ほど死なせてくれたのは爽快でしたが、

また同じく猛攻を仕掛けてくるなら同じようにドルを円で買いまくればいい話だと思います。
財務省保有の米国債もまだまだ中国より保有量ありますし、
200兆強円分
世界のATMだと思って舐め腐ってる奴らにまた痛い目をみせてやればいいです。

マネタリーベースも積み上げに積み上げた日銀にブタ積みとなって市中に流れない有り余る国債と円。
こと金融において日本は世界一強固な国家であるという数字からみてもわかると思います。

大統領から文句がでるならドル以外も買いまくるように動けばいいと思います。
というようにその懸念は日銀オペで十分なんとか成る範疇のはずなので、単に政府支出が足りないという結論でいいと思います。
35UNZEN.JP 2021/01/07 21:31 ID:e15
賛成
>>34
ありがとうございます。安心しました。対応もグローバルに考えればいいのですね。

私も今日はちょっと時間が取れないので、ポイントだけ出させていただきます。
私が理解したところでは、経済活動が活発になれば国の借金(と言われているもの)は気にしなくていいということですよね。いまコロナで財政出動していますが、これも後日経済活動にプラスになれば回収できる、がそうでなければ非常にやばい。
コロナ後を見据えて今のうちに経済を上昇させる施策を準備しておかなければなりません。幸い、デジタル庁が発足しますので大きな変化が見込まれると思います。この機会をうまく活用する。今後経済を先導するのはデジタルが不可欠だと思いますので。
で、デジタル債を使ってでも(一種の)起業(経済活動)を促進する政策を打ち出していただき、そこに株や債券に流れている投資(円)を呼び込めれば、日本の将来の展望も開けるのではと考えています。そのために現在検討しているのが @05807 です。

この方針に問題はないでしょうか。
ご返事は後日お時間のとれる時で構いません。頼りすぎて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
36ほげ 2021/01/07 22:36 ID:d5d
>>30 > ドーピングというよりはタンパク質多めなご飯ですね。

んー、まぁそれはドーピングがプロテインなのかステロイドな違い位ですかね。民主主義/資本主義経済から見れば歪である事には変わらないかなと。その程度に民間事業体の経済活動では詰んでいて経済構造改革を公共で行う必要がある程度には。
主題であるプライマリーバランスの黒字化の話に関してはいざ円の信頼が崩れた時に、緩やかに死んでいく保険をかけるか、もうどうにでもなーれで一気に死ぬ博打を打つか程度の話で、現状から黒字化とか犠牲の方が大きくて選択の余地すら無いだけなのでは無いですかなと。
37ほげ 2021/01/07 22:37 ID:d5d

例えば日本の電力は311以降既に原価割れをしていて、ここから円安が進むと極端な話、凍死して年が超えられないとか冗談にならない未来が待っていたりしますよ。情報産業に関しては行政でさえそのインフラを海外事業者に丸投げしてDX でクラウドでドヤとか言う不思議な踊りを踊っていたりしますね。
で、日本はこれから人口減少で経済規模が縮小していくのは目に見えている上、円高やガラパゴス踊りで国際競争力を徹底して失い、イギリスほどの資源も元々無いので、長い目で見ると相当な棚ボタが無い限りは緩やかに貧乏になっていくのでは無いかなと思います。

綺麗な貧乏を目指すか、一発返り咲きを狙うかどっち ? どっちにしても具体的にどうするの ? という話なのでは無いかなと。
38N_azooo 2021/01/08 02:20 ID:4f1
反対
>>35
わかりましたじっくり読んでみます

>>37
>原価割れ
地震直後はそうだったかもしれませんが
去年石油価格一時マイナスになったのにそれは無いです。
さすがにデマでしょう。一時期とは言え石油を買って引き取れば金がもらえたわけですよ。

それにおおかた平時で狙うことに意味の薄いどころか害しか無いプライマリーバランス黒字化にこだわりすぎて設備投資を怠ったツケでしょう。

平時におけるプライマリーバランス黒字化なんてバカな目標はバブル期が到来するまで完全に放棄し、
国内産業がムキムキのマッチョになるまでインフレ率を(消費税などの負荷価値税ではなく)支出によって日銀と財務省と与党で三位一体で達成し続けねばなりません。
豊かな生産力の実現というのは研究開発などなど目標インフレ率までカネを投資し続けることにあります。予算削ってる場合じゃないです。

全てはインフレ率維持です。
みずから貧困になりに行く必要はないんです。
一発逆転で返り咲きなんて近道もありません。
コツコツと皆で豊かになりましょう。
39ほげ 2021/01/08 02:53 ID:d5d
>>38 > 去年石油価格一時マイナスになったのにそれは無いです。

原油や LNG と言ったエネルギー原料は長期契約で価格が決まるので一時的な取引価格はそこまで参考にはなりませんよ。10年くらいのスパンで見ればドル換算で10%程度は落ちている程度なのでは無いですかね。

平時に積極的にプライマリーバランスを黒字化するような努力をする必要は無い、それは逆効果であるという話はまあ同意できるのですが、投資するにしてもそれは産業の国際競争力や人口増加というそもそもの体力をつける効果を持たないと何かのきっかけで一気に転げ落ちるリスクを持ち、経済成長期に比較し既にそう言った体力がかなり削られてしまったという現実をもう少し理解しておく必要があるかなと。

で、デジタル化云々という話になっているわけですが、前述の通り情報産業って既に根本部分で国外事業者に依存しまくちゃっているわけで、そこまで日本自体の体力になるかは甚だ疑問に感じます。
まぁ eJapan から今になって結局このザマなわけですし
japan.zdnet.com/article/35149434/
40N_azooo 2021/01/08 03:43 ID:4f1
反対
>>39 そのためにも研究開発にデフレ脱出分投入しなければならないと思います。(研究開発ばかりに予算を割いてもバランス悪いというか偏りが生じるのでバランス良く予算を増やす必要はありますが。)大学減らしたり教育関連の予算ゴリゴリ削ってますが、本当に良くない。まだまだインフレ率に余裕がありデフレに足を突っ込んでしまってる現状のほうが生産力競争力を削るし、安定した経済成長率を維持するためのインフレ率維持をしなければ人口も増えません。

経済成長期にそういった体力が削られたとおっしゃりますが、
ここ数年何度もズブズブと足突っ込み続けたデフレが国際競争力を削いできた元凶、つまりプライマリーバランス黒字化目標です。

なんだそのインフレ率万能論と言われるかもしれませんが仕方ないんです、本当のことですし、デフレが本当に悪い事象なので。

転落するリスクを負うというのは国内産業が死んでしまうことでありそれが国体の強靭性を殺すことになります。
何事もモノを作る体力が有るうちだけです。
AWSの代替プラットフォームも国がカネだして日本製を作ればいいんです。それだけの話なんです。
41雪見餅 2021/01/08 11:56 ID:8d1
>>40 円高進行が止まらない理由について質問なんですが、原因としては2つ考えられまして、

・一つは、日本国民の貯蓄傾向が高まっているので、本当は十分に市中に円が存在するにもかかわらず、お金を使って取引をしたい人にお金がいきわたっていない。

・もう一つは、外国の投資家が円を買いあさっているので、市中に十分な円が存在せずに、日銀が円を増やした分だけ外国投資家に買いあさられるような状況が続いていて、円を増やしても国内の市中にはいきわたらない。

このように考えたのですが、実際の所、円高進行の原因って何なのでしょうか?
42yuuka 2021/01/08 12:23 ID:a05
外国から見れば、軍事力より工業生産力(品質の良い)のある日本への投資は、円高で、燃料資源の輸入が出来るようになり、工業製品が安く(日本にとっては不利)でき、輸出で不利であっても、外国にとってはりが有り、都合が良いのではと思います。投資への見返りも大きく確実で信頼が置ける国ということだと思います。デジタル化は、更に利益を増す事象と思います。
43N_azooo 2021/01/08 18:23 ID:4f1
反対
>>41
>一つ貯蓄性向が高まるというのもインフレ率が足りない、デフレである、不景気である不要不急なお金の使用は避ける。企業は不景気だから不測の事態に備え貯蓄をし、新たな挑戦を避けようと設備など投資をしぶり守りに入ります。
ここにカンフル剤として政府が支出出して仕事を発注すればそれで終わる話でして
政府支出が足りない以外でと言われましたが政府支出という政府側が作り出す需要が少ない。結局これに帰納しますね。

>もう一つ
日銀にとっては
1.金利がない
2.国債もない
3.残るは質的緩和、株&不動産だけ
となると
投資たちがそれを嗅ぎつけたら日本の株や不動産買おう、
という結論に至る投資家は多いでしょう
上がり始めて注目し始める投資家もそれに乗っかると思います。
株高も円高に圧力がかかるので
そうなれば自然と円高になると思います。
結局これも政府支出が足りないという結論につながってきます。
政府支出を出すことで国債を市場に流し、金利を戻しましょう。

対外収支が黒
貿易収支が黒
米国債保有量は日本が世界一

どうあがいても政府支出が足りないという答えに収束していきます。

  投票
本家に投稿する場合はここから