板に戻る 全部 本家 最新10 1-

世界一安全な乗り物=空中鉄道 @04930

1信長たろう 2020/12/04 17:01 ID:233
二年前頃に空飛ぶ車が話題になり、「オリンピック聖火台の点灯を空飛ぶ車で
やりましょう」という計画まであったようですが、私は一貫して空飛ぶ車は危険
だからやめて欲しいと申し上げておりました。
 ドローンの第一人者と言われる〇〇さんと懇意にしており、再三再四ご進言を
しておりましたが、大学教授を歴任された天才的な方であっても、ものづくりで
散々苦労をしないと、市場故障率を0にすることができないことが理解できない
ようです。(公差・許容値0の部品はできず、市場故障率は0.01%程度が限界)
 トヨタさんが協賛をしておられましたが、トヨタやデンソーさんの技術系社員
(同級生)等に聞けば、「空飛ぶ車なんて、ばっかじゃないの」といわんばかり
の感じで、実質は検討の余地がないものなのに、まことしやかに国威発揚に使わ
れ、深刻な各種ハイテク系技術の凋落をごまかしてしまう点はまことに残念です。

 中国勢に太陽光パネル、EV蓄電池、そして43万のEV等でどんどんと国際市場
を奪われ、日本の車産業は大リストラあるいは倒産目前の非常に深刻な状況です。
 スピード10km未満の自動運転レベル6で、夜の間に、ドライブスルー型蓄電
池交換ハウスで、蓄電池の交換・大型水タンクの交換・排水を行う、自動運転の
2~6のモード切替可能な、暮らしやすいEVの早期立ち上げが必要です。
 これに天軸型太陽光発電システムを加えることで、従来の各車メーカの拡大や、
新規参入メーカーなどで世界市場を席巻し、Japan as NO1が達成可能です。

<世界一安全安心な乗り物:新たな交通インフラ:空中鉄道>
 ワイヤーで守られ、ワイヤーに沿って給電しながら飛行する旅客用ドローン、
上記で故障率0にできないと言いましたが、故障しても落下をせずに、ワイヤー
にひっかかり、クレーン付きの回収車あるいは回収船で救助し、別のドローンに
乗り換え、旅を続けることができる。
 また、万が一落下したとしても、水に浮き、また二重構造で外装が壊れ内部を
守り、フカフカソファーもあり、また比較的低空なので、かすり傷もしない絶対
安全であり、ワイヤーに沿っての一方通行なので、衝突もしない。(車の自動運
転技術で、前に故障ドローンが止まっていれば、衝突もしない。)

 海ほたるのような人工島をワイヤーでつなぐことで、太平洋横断が可能。
27yuuka 2020/12/08 21:28 ID:a05
ゆりかもめを、リニア新幹線にしてみる。
28信長たろう 2020/12/08 23:05 ID:233
賛成
>>25
こんばんは、いつも勘違いをされてのコメントなので、困っています。

 「電車のパンタグラフのではドローンは精密に線の上を飛び続けなければなりませんが、そのような制御はできません。」は、勘違いの上に知識不足です。

 いろんなところで使用されている距離センサーをご存じないようですね。また人を乗せるもので、100%の安全がいかに大切かが分かっておられないようです。
 
 残念です。
29信長たろう 2020/12/08 23:12 ID:233
賛成
>>26

こんばんは、賛成票をありがとうございます。

「(機械が壊れたらアウトですが・・・補助プロペラとか、急降下したら自動的にパラシュートが開くとかの安全装置を工夫して)」は、難しいです。

 例えば、高速道路にパラシュートで降下しても、とても危険ですし、パラシュートそのものが故障する場合もあります。
二重三重に安全にしないと、100%の安全な乗り物にはできません。
30ほげ 2020/12/08 23:17 ID:d5d
>>22 > 自動運転6で移動するのがよい

勝手な妄想を垂れ流している文章は多々あるようですが、自動運転のレベル6なんて定義されていません。
www.mlit.go.jp/common/001226541.pdf

何であれ
> EVがAIで意思をもつこと
EVがAIで意思を持ってからとか言う状況が作れてからの話らしいので、そう言った物ができてから話せは良いのでは無いでしょうか。

ナイトライダーかな ?
31UNZEN.JP 2020/12/09 00:48 ID:e15
賛成
>>29
良い知恵が出なくて申し訳ありません。100%安全な乗り物は難しいですね。でもそれを目指して試行錯誤、いろいろ考えてみるのは大事だと思います。錬金術師も賢者の石は作れませんでしたが、化学を生み出しました。月世界旅行は昔は妄想でしたがいまや現実です。100%安全な乗り物は理想ですが、それを追及されている貴殿には敬意を表します。私はドローンは好きなところへ飛んでいけるのがいいところだと思っていますので、ルートを決められるのはあまりうれしくありませんが、いつか技術の進歩によって安全で自由な飛行機械が実現されるのではないかと思います。

今の日本には夢見る力が欠けているのではないでしょうか。
32ほげ 2020/12/09 01:08 ID:d5d
>>31 > 今の日本には夢見る力が欠けているのではないでしょうか。

欠けているのは夢見る力ではなく、それを実現するための実力ですね。
夢見る力が欠けていたらアニメ等の SF コンテンツ産業もここまで発展しなかったでしょうし。
33ぶんたぬきん 2020/12/09 02:18 ID:471
中立
ICT分野以外は門外漢なので、ごく一般の島嶼部への旅行者的気分でコメントします。

太平洋/大西洋間横断は、ごく一般的なインターネット回線を敷設するだけで、専用の敷設船を設定してうんぬんとか伺ったことがありますので、海底ケーブル一本引くだけで苦労するなら、工事技術観点で空中ケーブルなら躯体含めてさらに難しいかも?って素人的に感じました。

一方で、日本近海の島嶼部には、瀬戸大橋のような大規模な国家プロジェクト化するほど費用が不要であれば、実現性は高いようにも思えます。(空中TAXIとの競争?)

島嶼部の自治体観点では、インターネットの敷設が常に課題で、空中ケーブル敷設とともにインターネット接続サービスを廉価に提供可能であれば、実現へのハードルは下がると見ました。
⇒競争相手の、衛星ブロードバンドより廉価提供が条件です。
www.ipstarjapan.com/

色々書きましたが、旅行者観点では、島嶼部へケーブル上の列車など?に揺られて、のんびり海と夕日などを見ながら旅行するのも良いですね・・・
34信長たろう 2020/12/09 11:50 ID:233
賛成
>>30 コメントありがとうございました。

 自動運転のレベル6は、何かの仮定をしないと、前に進みませんので、AIによって意思をもち、蓄電池の充電量や水タンクの水量、あるいは排水の満杯にいたる過程を勘案して、自動で対応してくれるものです。

 私の提案の中での仮定の話ですので、公に定義しているものでは
ありませんので、ご理解ください。

 なにとぞ、よろしくお願い致します。
35信長たろう 2020/12/09 11:59 ID:233
賛成
>>31
おはようございます、心温まるコメントをありがとうございました。

100%に限りなく近づける、その精神や行動が大切です。

「今の日本には夢見る力が欠けているのではないでしょうか。」そのとおりだと思います。
 アイデアを出しても、自分ではアイデアを出せない人が、嫉妬等でつぶそうとする姿勢も、日本特有なもののようです。
36m.hidehiro 2020/12/09 12:10 ID:c67
反対
>>28

無風の室内であれば、距離センサーであれレーダーであれ可能ですが、実際には外乱があります。
仮に晴天時に限定しても、洋上では突風などが発生している事はよく知られ、また偏西風、貿易風などの地球の自転によって発生する風などがあります。
既存の航空機は、こういった場合でも対処できるようにできてますが、それはパンタグラフのように、数センチと言う単位で制御を行うものではありません。

ワイヤやケーブル側に目を向けても、こちらも風で煽られて動きますから制御が難しいでしょう。

また、「100%の安全がいかに大切か」という事を貴方が主張されている事は存じております。
そうではなくて、なぜそう仰るのか、その根拠をお伺いしております。

一般に、100%安全を目指していない、と言う事については、まずは内閣府の交通安全白書等をご覧いただくと
www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/index-t.html
ご理解いただけるのでは無いかと思います。
37信長たろう 2020/12/09 15:33 ID:233
賛成
>>31
こんにちは

心温まるメッセージをありがとうございました。

今後ともどうか、よろしくお願い致します。

  投票
本家に投稿する場合はここから