板に戻る 全部 本家 最新10 1- 101-

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局] @02881

1内閣官房デジタル改革担当 2020/10/28 18:11 ID:ed7
内閣官房デジタル改革担当です。

今回のアイデアボックスではデータに関するご意見を多数頂きありがとうございます。
10月23日にIT総合戦略本部の関係会議であるデジタル・ガバメント閣僚会議「データ戦略タスクフォース」が開催されました。
www.kantei.go.jp/../dai1/gijisidai.html

資料2「ベース・レジストリの概要」では、皆様方から投稿いただいた関連意見も紹介させていただいております。

今後、タスクフォースでデータ戦略に関して議論を深めてまいりますが、アイデアボックスの場で、皆様方のご意見も拝聴し、一緒に良い戦略を作っていければと考えております。
資料に方向性などを整理しておりますので、ご覧いただき、皆様のご意見をコメントで頂戴できれば幸いでございます。
2ツクキン 2020/10/28 19:02 ID:8a7
賛成
CIO補佐官の受け売りですが。ideabox.cio.go.jp/ja/idea/00106/
3よっちゃん 2020/10/28 19:02 ID:6d2
中立
素人にはわかりませんが、計画はよくできていると思いました。

コスト面、たとえば、5Gにするためにはこれくらいのコストがかかるとか。全ての家庭に高速無線LANをつけると、いくらかかるとか。
コストと便益を比較してみないと、政策を評価することは出来ません。

特に高齢者家庭においての便益は何か?
何も便利にならないのに、コストだけ負担されたらたまりません。
その辺が、課題です。
4m.hidehiro 2020/10/28 19:40 ID:c67
中立
拝見を致しました。
まず、データの話とされていますが、中身は、インフラ整備、認証までかなり幅の広い話で、丸ごと「ご意見お願いします」では意見がしづらいです。

ですので、もう少しご担当の方が具体的にどう考えているのか、聞きたい内容を切り離してアイデアとして立てていただけないでしょうか。

その上で申し上げますと、全体の印象として、総論が基本で各論に入っていないため、反対する人は、ここにはあまりいないのではないかと。
特に、ベースレジストリなどは、会議とか言ってる時間が惜しいレベルで、このアイデアボックスで言われている内用を相当カバーしています。

しかし、これが各論になれば話は別。
色々な利害調整や技術調整が必要になるので、画餅にならない方法を考えなければならないと考えます。そこにアイデアが必要ではないかと。

また、外国の事例の調査結果が出ていますが、連携の話が乏しいのも気になります。そこまで詳細な場面ではないのかも知れませんが、自前閉鎖主義に陥らず、オープンソース化などの既存の上手くいっている手法の活用を望みます。
5内閣官房デジタル改革担当 2020/10/28 19:45 ID:ed7
賛成
>>2 ツクキンさん
ご意見ありがとうございます。
データの標準化の検討の中で、データ構造化をしっかり取り組んでまいります。
ヨミガナは、氏名、法人、地名と様々な場面で必要になりますので、昨年、文字環境導入実践ガイドブックを公開しましたが、データ戦略でもデータの基盤中の基盤として考えてまいります。
6ikemo 2020/10/28 19:46 ID:c64
賛成
とりあえず技術的なことだけ書くと、

・Shift_JISはやめてほしい
・Shift_JISはやめてほしい
・Shift_JISはやめてほしい(大事なことなので3回書きました)
・CSV以外のフォーマットの記載がないが、JSONも入れて欲しい

くらいでしょうか。あとデータの品質は重要ですが、国がやると「完璧主義」になりがちなので、フィードバックを早くするようにして欲しい。
7ウェンリー 2020/10/28 20:24 ID:5f8
これだけ短時間でこれら資料を整理されたのはさすが国家の精鋭と思いました。「資料1:データ戦略の策定について」を拝見しての以下意見具申です。500文字以上になるので複数投稿に分けます。

ページ>>4. 「コロナ」
公的資料では正式名称「Covid-19」を使用すべきと思います。

ページ>>4. 「官民ともに不十分であることが露呈。」
「コロナ危機では迅速で的確な対応ができず」のは官であり、「官に不十分であることが露呈」した、と思います。
8ウェンリー 2020/10/28 20:25 ID:5f8
ページ>>4. 「民間と政府とで従うべき個人情報保護の指針が異なる」
早急にEUのGDPR同等の個人情報保護法を制定することで、官が民に対して明確な「指針」を示すべきだと思います。そうでないとページ>>5の「コンセプト」に掲載されている「官民のデータを活用した新ビジネス」により民間側のミスで個人情報が漏洩した場合責任の所在を問い罰則・罰金を科すことができません。
supership.jp/magazine/seminar-report/2931/
また、GDPR同等の個人情報保護法があれば、ページ>>10からページ>>14の「データガバナンスのルール」の骨組みが策定しやすくなるはずです。

ページ>>8. 「例えば、コロナ禍で顕在化した課題」
Covid-19以前からそれら課題は露呈していたはずです。Covid-19という国民の不安や危機感を「利用」して、このページ>>8の「データ戦略総論」を説明している事に違和感があります。
9ウェンリー 2020/10/28 20:26 ID:5f8
ページ>>16. 「dataex.jp」
ホームページ拝見しました。5団体(一般社団法人官民データ活用共通プラットフォーム協議会、一般社団法人データ流通推進協議会、一般社団法人日本IT団体連盟、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所 サイバーフィジカル情報学国際研究センター)が連携組織として「dataex.jp」の設立を目指すとありましたが、このような組織構造の組織や団体は無駄ではないでしょうか。迅速な意思決定ができず、平成に繰り返してきた同じ過ちをデジタル改革でも犯してしまいます。組織の下に組織が重なる様は、まるでIT業界で問題になっている人材派遣の構図を見ているようです。

ページ>>19. 「人材」
IT業界の人材派遣による多重構造についての言及がありません。まずその点こそ最優先で取り組むべき「人材が能力を発揮できる環境整備」ではないでしょうか。


以上です。
10MOKU 2020/10/28 21:02 ID:6f1
賛成
個人の生み出すデータを安全に管理し、行政が提供する一つの窓口で民間のデータ利活用を促進し、データの2次利用・3次利用を加速させる目的があると思いました。提案には大賛成ですが、これに大きなメリットがあると理解し賛成する層はある程度のITリテラシーのある層に限られると考えます。
特に高齢の方等は、政府にデータを管理されることにアレルギーのようなものがあり、政策の理解以前に監視社会とか大騒ぎして反対しそうなので、その辺の抵抗感を中和できるキャンペーン的戦略があるといいなと思いました。(デジタル化でどういったメリットがあるのかの印象的なキャッチコピー等…SDGsのような感じで)

あと少し考えたのは、計画に記載のとおりデータが高い価値を持ち、ここまでOMO(現実経済がオンラインと一体化すること)が進んだ場合、現実経済にソーシャルゲームやオンラインゲーム内での経済の要素が入ってくるので、そういったデジタルオンリー経済の管理ノウハウを持つゲーム産業の方に意見を求めるのも面白いかなと思います。
11内閣官房デジタル改革担当 2020/10/28 21:55 ID:ed7
賛成
>>7 ウェンリーさん
詳細にご覧頂きありがとうございます。
まだ、たたき台であり、十分でない記述もありますので、そこは次回に向けて精査してまいります。
m.hidehiroさんがご指摘のように非常に幅の広いテーマを扱ってきていることから、組織や人材等、検討が不十分なところもありますので、皆様方のご意見をお聞きしながら具体化をしてまいります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
12ほまる 2020/10/28 22:26 ID:9ac
課題と思うことを挙げておきます。

・例外の扱いを十分に配慮する必要がある。例えば、
 ・男性でも女性でもない人
 ・戸籍を持たない人、住民登録がない人(管理対象外?)
 ・生年月日が不明な人
・ベースレジストリへの個人データ登録が強制かオプトインかオプトアウトか
・個人データ一元管理の合憲性
 ・住基ネット訴訟判決を踏まえる必要があるのでは。
・属性(学歴・資格など)をどう証明するか
 ・個人・法人に対する属性を証明するトラストアンカーと認証パスの構築が必要。国がトラストアンカーとなり、大学とか認定機関に対する認証パスを構築する? 海外の学歴・資格はどうする?
・奇麗でないデータをどうクレンジングするか。そもそもクレンジングしていいのか。
・誰が、何の目的でベースレジストリにアクセスできるのか。参照・更新権限をどう設定するか。
・アクセスに対する監査ログを残す必要がある
・データ活用にあたっての匿名化、プライバシー保護をどう実現するか
・データの鮮度をどう保つか
13ほまる 2020/10/28 22:27 ID:9ac
システム屋の観点で思うこと。

・データの構造・形式も大事だが正規化も重要。第三正規形まではやっとかないとデータの整合性が維持できなくなる。
・データのライフサイクルの検討。発生・消去のタイミングを明確にする。例えば死亡した人のデータは何年残す?
・ベースレジストリとして一元管理するのではなく、種類ごとに分けて管理する方が良い。
 ・モノリシックなシステムにするのではなく、マイクロサービスとして設計して必要なタイミングで連携する。例えば個人データと収入・税データ、資格データは分けて管理する。
 ・個人や法人などはマスタデータ、収入・税はトランザクションデータとなる。ライフサイクルも違う。
 ・データの種類によって所管も違うだろうし、分けておいた方が万が一情報流出した場合の影響が限定される
・オープンデータの機械可読性は必須。機械可読じゃないと分析できず活用できない。
14内閣官房デジタル改革担当 2020/10/28 22:48 ID:ed7
賛成
>>13 ほまるさん
ご意見ありがとうございます。
ベースレジストリの説明がわかりにくくて、1つのデータベースのように見えてしまうのは、改善していきたいと思います。
ベースレジストリというのは、英語でBase Registriesと書かれるのですがデータベース群のコンセプトであり、実際には各データオーナーにより分散して管理されています。また、アクセスコントロールがされる情報もあれば、オープンデータのものもあり、その情報の種類によってレベルに合わせた管理されます。
こうして具体的に質問いただくと文章の改善点や、実現にあたり注意すべきポイントが見えてきますので非常にありがたいです。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
15sophia 2020/10/28 23:12 ID:54b
いま市町村役場や法務局や陸運局や都道府県公安委員会が別々に管理している個人情報を相互に接続して取り出しやすくする、という解釈で良いのでしょうか?

この資料の書き方だと個人情報を役所や大企業が自由に丸裸にできるように見えます。確かにベースレジストリを整備することで税金は取りやすくなりそうです。

そのあたりは「ルール」の作り方次第だと思いますが、表現はもう少し工夫をされたほうが良いのではないかと思います。

マイナンバーにもマイナンバーカードにも物凄いアレルギー反応があるのはよくご存知だと思います。

これをこのまま公開すると同様の反応が想像できます。
16unabara23 2020/10/29 00:57 ID:774
興味深く拝見しました。

参考資料3:第1回データ戦略タスクフォース 参考資料(PDF/2,251KB)

7ページ目のデータ連携を支える各種ガイド(CIO.go.jp)
ガイドを用意していただくのは大変助かります。

しかし、各ガイドの関連性を読んで理解した上で、これから取り組む課題に対して、適切な項目が網羅されているかチェックするのは、今後更に難易度が上がっていくと予想されます。

そして、よくある「ガイドラインだから」準拠しなくてもよい。という理屈で、標準データ項目が具備されない政府のシステムを許容してほしくありません。

新しく繋がりたいシステムに最低限備えておくべき要件について

連携先APIで要求されるデータ項目が存在するかチェックする。
一定範囲のデータの連携を自動でチェックする。
など相互で連携をチェックしあえる仕組みについても議論していただきたいです。

そこで、今後文章のガイドラインを公開・更新するスタイルだけで良いのか、今からご検討よろしくお願いします。
17sogaoh 2020/10/29 07:16 ID:b26
賛成
議事と配布資料はあったのですが、次にいつまでに何をやるかの情報が見当たらないように思います。
そのあたりは公開されるのでしょうか。
18北本安範 2020/10/29 08:25 ID:dda
賛成
構築されようとしているベースレジストリに賛成します。
トラストアンカー(信用の起点)となることから利用者(個人、官民組織)から理解、信頼を得られる必要があります。強制的ではなくコンセンサスを得た上での運営と更なる発展を期待します。
留意点
1.セキュリティを脅かす脅威に油断することなくそなえること。
2.しくみは可用性を重視して性能・スケーラビリティ・リザスターリカバリーを配慮すること。
3.アクセス(参照・更新)において不正が起きないために事前審査と認証を厳格に行い、罰則を規定による犯罪防止。ログ取得・データ利用範囲を明確にするトレースアビリティの確保。
4.個人情報のコントロールは本人にあたえるため、変更・削除をベースレジストリに留まらずに連携するシステムにも義務付ける。
5.虚偽・改竄の厳罰化
6.本人の不利益になる住所等が第三者に知られるリスクへの十分な配慮。
7.ベースレジストリに格納されている情報の利活用はデジタル化が発展する上での肝である。十分な配慮とコンセンサスを得ること。
19真野浩 2020/10/29 08:33 ID:a42
>>9
この当事者です。ご指摘のとおり、屋上屋をつくるのは、まったく意味がありません。
この準備会では、その点を踏まえて具体的な協議をしております。

なお、手前味噌ですが、DTA では、明確な意思決定ブロセスと議事運用ルールにもとづく運営をしていので、意思決定の迅速さは、具体的に示せます。
例えば、設立後三年間で行われた理事会での動議決議は、170以上あり、それらの審議期間は、平均すると1週間以内です。
20まじしゃん 2020/10/29 09:27 ID:67b
賛成
以下のデータの無償公開とデータ連携のための標準化(外字排除含む)を推進。
・不動産登記(法務省)
・商業登記(法務省)
・住所(国土地理協会)
また、以下のデータをベースレジストリとして活用推進。
・戸籍(法務省)
21ウェンリー 2020/10/29 09:27 ID:5f8
>>19 当事者の方から内情をお聞きできて嬉しいです。是非そのような活動内容を積極的に「公開資料」ページに掲載ください。今のホームページの状態は典型的な幽霊団体にありがちな状態です。
22トリック 2020/10/29 10:15 ID:716
賛成
ベース・レジストリの設計には十分に時間を掛けてほしいです。
このベース・レジストリは全てのデータの元になると思いますので、ここがしっかりした設計になっていないと後が大変になってきます。

この辺りの設計はどこが担当するのでしょうか?
あまり古い設計にならないようにしてほしい物です。
COBOL時代の古い設計にはかなり泣かされましたから。
23たこすけ 2020/10/29 10:38 ID:8c1
賛成
まずは苦情。

全体的に霞が関パワポに関するコメントとして。
「むやみに字が多い」
パワポの使い方が間違っているという指摘は、今回自分のものに限らず、霞が関パワポに圧倒された人のブログに散々書かれているのですが、改められる気配がかけらも感じられません。

何かが漏れないようになんでも盛り込む。
ではなくて。
伝えるべきことを伝えられるようにする。
パワーポイントの基本をきちんと学んで欲しいと思うのです。

もういろんな人がさんざん言っているのだから、改善しましょうよ。それこそ「デジタル庁」を皮切りに、と強く思います。
24たこすけ 2020/10/29 10:44 ID:8c1
賛成
続いて中身について。

ベース・レジストリの概要について、本質的に取り上げられるべき意見が取り上げられていないと感じました。
個人的には基幹システムの仕様作成には反対しています。
@02451
こちらにも記載した通り、ベース・レジストリを構築するために最も重要な「手法の統一化」に取り組んでいく!というコミットメントが欲しいです。
現在のレベル感では、標準化した仕様で各ベンダーまちまちの手法で、各々異なるDBでデータが作成されて、それをどこかでオープンデータ化するためにコストがかかって…という変なコストがかかることが目に見えています。

更に言えば、行政がその行政活動によって生じるデータは匿名化したうえでオープンデータ化できるように仕様を作成し、なおかつDBの統一化で具体的な抽出手法も統一化可能とする。

@02451に記載した「開発手法の統一化」によって「データ活用手法の統一化」についても踏み込んでまとめてほしいと思いました。
25石黒猛雄 2020/10/29 11:35 ID:366
賛成
「データ戦略タスクフォース」の役割は急務です。なぜなら、Society5.0 for SDGsの考え方に基づく「スマートシティ」に具体的なデータ戦略の落とし込みが必要だからです。
縦割りや会社間の競争もあるでしょうが、「競争」と「共創」を併せ持ったアプローチが必要です。そもそも「スマートシティ」自体がそういうものです。ベースの「データ戦略」や「情報連携基盤」に国際競争力とインターオペラビリティを持たせ、結果として「データ連携優位性」「組合せ優位性」「データ利活用優位性」等に繋げるべきです。

まず、「スマートシティ」ですが、
・スーパーシティ(国家戦略特区)
・スマートシティ官民連携プラットフォーム
・スマートシティインスティテュート
・Woven City

等がありますが、今一番、情報連携基盤や都市OS等の仕組みが判りやすく書かれているのは、スーパーシティです。これを基準に考えるかは、判りませんが、「データ連携」「組合せ優位性」「データ利活用優位性」を持ったスタンダードモデルを早く構築する必要があります。
(続く)
26Kay 2020/10/29 11:36 ID:279
賛成
>>7

同じく資料をここまでササッと作るのはすごいと思いました。
また、地方では「え?いまデジタルガバメントっちゅうかソサエティー5.0の方向どうなってるの?羅針盤の先がグルグル回ってる」といったかんじで方向性が見えていなかったので参考情報として非常にありがたかったです。
27Kay 2020/10/29 11:50 ID:279
賛成
「人材」関係について

役に立つかわかりませんが、思うことを書きます。

①人は集まるのだろうか?(懸念
民間さんで勤められてる方々のバズりだと思われますが、IT人材で雇われる場合の条件とかについて「え?給料やすくない?」といった反応がかなり見受けられました。


②働き方改革と研鑽のための特別予算枠を設けて地方にも分配してほしい

地方自治体の方では、自己研鑽を積もうにも予算のとりかたが年々厳しくなっているため、近い将来有料の講習やテキストなども購入できなくなると思われます(ボランティア精神が多い人であっても手が打ちにくくなる)。
予算枠によってですが、自己研鑽・人材開発関係は毎年複利計算で削られていきます。 10年もたてば・・・・どうなるか。
内部で人材を育てるには、財政面で何か年計画とかたてても後の祭りになるかもしれないので、資金支援がいると感じます。

0円で講習が受けれるような、予算に痛手のないお得な講習を探してきても、仕事が詰まっているので、スキルアップもできない状態も全てではないですが、多くの部署当たり前になっているため、それ以前の話かもしれま
28石黒猛雄 2020/10/29 12:14 ID:366
賛成
>>25 続きです。特に今回の「データ戦略タスクフォース」のベースレジストリはどの「スマートシティ」にも必要な極めて重要な部分ですから国際的インターオペラビリティを視野に入れつつ、同時並行で実証実験中のものも含めて各「スマートシティ」の情報連携基盤に組み込みが急務です。「データ戦略における メタデータ整備の重要性」も情報連携基盤における、データベース、データブローカー、等に関係するものと思われます。

次に、「トラストサービスの現状と課題」ですが認証分野や情報銀行の分野は、既に民間にて電子証明書とブロックチェーンの組合せたDIDやeKYC、AIエージェント・パーソナルAIエージェント等、様々な試みがあります。「スマートシティ」において国際連携を視野に入れながら「競争」と「共創」の様々な実践投入を推進すべきと考えます。
(続く)
29YYYXXX 2020/10/29 12:30 ID:957
賛成
ベースレジストリに関して。自治体が持ってるデータが重要なのは理解できました?
自治体のシステムの標準仕様の議論にも反映されるのでしょうか。
30石黒猛雄 2020/10/29 12:37 ID:366
賛成
>>28 最後に、「人間中心の AI 社会原則」と「Society5.0」や「スマートシティ」」の関係性です。
「Society5.0は人間中心の社会」と定義されているのですから、それを蔑ろにしてはいけません。AIがビッグデータ利活用する時代の「個人情報保護法」のあるべき姿を含め、「データ戦略タスクフォース」で議論を交わすべき重要テーマです。

参考)
「人間中心の AI 社会原則」
www.cas.go.jp/jp/seisaku/jinkouchinou/

AI原則は機能するか? ―非拘束的原則から普遍的原則への道筋
新保 史生(慶應義塾大学)
www.soumu.go.jp/main_content/000679321.pdf

中国における個人情報保護対応とデータの越境移転規制
home.kpmg/..ulation-china02.html

以上となります。コメントが3分割されすいません。
31RiceGate 2020/10/29 12:39 ID:84a
中立
資料を見て、オープンデータと行政機関の中で情報連携、共有が行われる個人情報などを含む非公開データがきちんと分けて議論されているのだろうかと疑念を持ちました。
給付金手続きや感染者情報の問題は、むしろ非公開データの扱いの問題であり、オープンデータの問題と併せて議論されることには違和感があります。
ベースレジストリのところでアクセス制御の話が少し出てきますが、この二つは、セキュリティやプライバシー、データコントロールなどの論点に大きな違いがあり、きちんと分けて別に議論した方が良いのではないでしょうか?
32masa 2020/10/29 12:40 ID:824
賛成
ざっと見た感想です。

もっと先の話にはなるとは思いますが、ベース・レジストリごとに、基本情報だけでなく興味分野・専門分野・長所(得意分野)・短所(課題)などの情報も保持し、良いマッチングにつなげられれば良いと感じました。

最新情報だけでなく、転職・転居などの過去の経緯も残しておけると全体像が把握しやすくなるような気がしました。

セキュリティ面から公開範囲など決められたほうが良いかもしれません。
33RiceGate 2020/10/29 12:58 ID:84a
中立
データ戦略のコンセプトのところに、「目的外利用の禁止やオープンデータにしないデータは、個人や事業者の不利益になる情報に限定し、公益性を優先する。」とありますが、どこからを「不利益になる情報」と判定するかの基準を明らかにして欲しい。
「不利益になる情報」を広く捉えれば、マイナンバー カードなどにおけるパーソナルデータの活用は難しくなるし、狭く捉えれば、個人や事業者が思わぬ不利益を被る可能性があるので、この部分をしっかりと議論してもらいたい。
また、自らのデータのコントローラビリティと公益のためのパーソナルデータの活用の関係を明らかにして欲しい。
34ウェンリー 2020/10/29 13:09 ID:5f8
>>23 会場セミナーでパワーポイントを見せながらトークによって足りない情報量を補えるような対面ケースだけでなく、様々なケースがあると思うのです。ケースバイケースでパワーポイントの使い方を使い分ける柔軟さとそれを許容する器量を持つことが大切ではないでしょうか。
35石黒猛雄 2020/10/29 13:12 ID:366
賛成
>>30 まだ続いてしまいました。付け加えますと「データ戦略」や「スマートシティ」の情報連携基盤等の事例として民間企業(連携)NTT、富士通、NEC、三菱商事、TOYOTA、等々の見解を「データ戦略タスクフォース」で紹介いただけますととても参考となります。もちろん企業秘密は別ですが、
特に情報連携基盤等の仕組みや仕様は、官民共通認識が必要です。特に個人起業家や技術者の共通認識は重要です。そうしておかないと新ビジネスの創造に繋がりません。
36Kay 2020/10/29 13:35 ID:279
賛成
★オープンデータについては精査されたデータセットの拡充を・・・

対応する人員がじり貧な地方はオープンデータはかなり余裕を持ったスケジュールがいると思うんですが、、、

現時点でもダッシュボードを見て日本全国100%にもなっておらず、「なんに使うの?」「どうなるの?」と問われると明確に答えれる人が全国的に多くない気がします。

予算をつけるにしたって「AIで分析したらそのうち何かうまいことに使えるかもしれない」じゃ予算査定お手上げです

データのフォーマットもfuzzyじゃぁ現場丸投げで大混乱気が・・・うまくローリングしてブラシアップできるならいいですけど、うまくいくのか心配です。

いろんな意見があると思いますので、こんな意見もあるよという程度で・・・
37yuuka 2020/10/29 13:44 ID:a05
賛成
データを作成しても目的別によってデータの呼称が変わっては、検索やネットワーク、ツリーの構成の関連付けが複雑になりすぎて収拾がつかなくなると思います。切り分ける為の検討が必用と思います。読み違えていたら無視してください。
38Kay 2020/10/29 13:48 ID:279
賛成
>>37 せやった!それあります!困った経験あります!賛成
39内閣官房デジタル改革担当 2020/10/29 14:24 ID:ed7
賛成
>>15 sophiaさん
ご意見ありがとうございます。他の方にもご指摘頂いているのですが、ベースレジストリは概念であり、各データベースが一元化されるのではありません。
ベースレジストリの各データベースは、個人のデータに限らず、各データ管理者により分散的に管理されます。その上でアクセス可否を管理していきます。情報の機微等により行政機関であってもアクセスできないデータも出てきます。その流れを明確にする管理フレームワークも検討しているところです。
ご指摘のように情報の扱いが明確になっていない図や表現がる点、ご指摘ありがとうございます。修正してまいります。
今後もご意見を頂戴できれば幸いでございます。
40たこすけ 2020/10/29 16:14 ID:8c1
賛成
>>34 霞が関省庁の「会場セミナー」でも全く同じタイプの「やたら文字量で圧倒する」タイプのパワポが出てきます。

「ケースバイケースでパワーポイントの使い方を使い分ける」ことがまず霞が関ではできていないように思います。さらにこれの何が問題かというと、霞が関パワポを基に自治体がパワポを作るので、住民の方にも「字まみれのパワポ」が行く、ということで。

分からせようと思ってないだろ!と怒られてしまうわけです。

他のところでUI/UXの議論が出ていましたが、デジタル化というのはUI/UXも大切な要素です。そういう意識をしっかり持って「わからせようと思っているパワポ」を作成する、その心がけが大切だと。

霞が関からやってくるパワポが、わからせよう!というものにかわれば、それを受け取った地方自治体もそれをコピペして作るので、国民の皆様にも分かりやすい資料が届くようになる、という観点も大切です。

これを機会に「許容する器量」をそばに置き、国民の理解を得ながらスムーズにデジタル化を勧めるためにもUI/UXの観点で厳しい指摘も欠かしてはいけないと思うのですが、いかがでしょう
41kazusan 2020/10/29 16:40 ID:c08
反対
「なんでも入っているので間違っていません」的な議論に見えます。枝葉が多いため、根幹となるアイデアが分かりません。

「データ戦略」とはつまり「データの使い方」のことではないのでしょうか。
例えば「日本国アプリ @02880」のアイデアは、誰が見ても使い方を想像できる強力な単純さがあります。議論の最初に、このようなシンプルな使い道になるようにゴールを設定した上で、データの在り方を議論されてはいかがでしょうか。

「データ戦略の策定について」を見た限りの感想ですので、外していたらご容赦ください。
42石黒猛雄 2020/10/29 17:18 ID:366
賛成
>>41 シンプルなゴールの設定の意見に賛成です。ただ、「日本国アプリ @02880」は私も賛成しましたが、このアイデアはマイナンバー法が改正され、マイナンバーカードの利活用範囲が拡大された場合、マイナポータルで実現が可能だと思います。
一方で、資料1「データ戦略の策定について」の5ページを見ればわかるように、データ戦略の重点分野がスーパーシティ、スマートシティ、医療、インフラ、自動走行、農業、等になっています。
私は、「データ戦略タスクフォース」の目指すべきゴールを「スーパーシティ」「スマートシティ」に絞っても良い。という意見です。
43SE 2020/10/29 17:52 ID:60f
中立
反対されるような文言・内容は入れていないと感じました。

反対するような内容は無いですが、この内容で一度決めたらそのまま突き進むというような進め方は駄目だと思います。データというのもは、非常にバラバラで例外もありますし、技術も変化します。常に変化することを前提に進めてもらいたいと思います。

本当に考えねばならないのは、誰がこれを進めるのかという点だと思います。
これを例えば大手SIerの1社か2社に丸投げしたら、何百億円かを費やして使えないシステムが出来上がるのではないでしょうか?
(例えば今後1年で仕様を決めてそこから2年で開発とかだと、使えないシステムになるでしょう。仕様変更があるという前提で開発する必要があります)。

利権がないのであれば、これをやりたいという「個人」を公募して、全員一律毎月一定額を支給するみたいな感じで、色んな立場の本物の「プロ」の技術者を入れることが必要ではないでしょうか。
(私はSIerには「プロ」の技術者が居ないと思っているので辛口ですが)。
44haoki 2020/10/29 18:02 ID:eee
賛成
要するに
1 データの持ち方や内容、組織はどうするか?
2 連携するときのインターフェイスをどう統一するか?
3 ルール(主に法律)をどうするか?
の意見が欲しいという見解に至りました。

1 制限しない。但し、正確性を保証するルールと確認する運用を設ける。
2 CSV,json形式でデータの受け渡しに統一、文字セットはその際に附帯情報として提供。
準備できたところから順次実施を可とする。
3 不適正使用不正アクセスに個別に罰則を設ける。
通信記録の保存義務も。
アクセスにはレベルを設け、例えば一般、組織(マーケティング情報などを使う企業を、想定)、公官庁自治体に分け公開するか否かを制限する。
基本的にIDのみ形式を統一し、その他の情報は紐づく形で分散管理。
公開はWebapi推奨にするが、その他でも可。

という感じでどうでしょう。
45低所得者 2020/10/29 18:11 ID:524
賛成
マイナンバーが悪として受け止められているのは日本のセキュリティが中国アメリカに比べ弱いからです。

けどマイナンバーがあれば国民の口座を即時に知ることができ給付も迅速にできたはずです。

メディアはマイナンバーのことをうやむやにしながら安倍政権は給付が遅すぎると批難します。
先にマスコミのミスリードやフェイクニュースをどうにかしたほうが楽に制度なり整備がすすむと思います。
46haoki 2020/10/29 18:22 ID:eee
賛成
意見ではありませんが、活用されるためにベース・リポジトリと共に有償データマーケットプレイス(売れる買える)の開設を希望します。
47HCODEV 2020/10/29 19:44 ID:915
賛成
データ管理に、共通メタデータが必須なら、
データ連携には、EDIの様な共通スキーマが必要ではないか。

電子帳簿保存法の改正についてはどうなったのだろう。
完全ペーパーレスを目指すなら、構造化データや共通スキーマが、
会計ソフト等との連携で必要になってくる気がします。
48内閣官房デジタル改革担当 2020/10/29 20:28 ID:ed7
賛成
>>16 unabara23さん
ご意見ありがとうございます。
ご指摘のようにガイドラインは、きちんと実装されないと効果を発揮できません。また、ガイドラインが多いと負担になることもあります。
そこで、評価ツールもあわせて開発することも試行しています。
今後もガイドラインだけでなく、きちんと導入しやすいデータ環境整備も含めて取り組んでまいります。
今後ともご意見いただけましたら幸いでございます。
49ウェン 2020/10/29 20:39 ID:a77
賛成
何回かに分けて投稿します。
 まず、見落としていたらすみませんが、各省庁のHPの構成の統一が入っていないように見受けられます。
 データ戦略を語るなら、データを掲載するであろう各省庁のサイト作りにもルールが必要と考えます。
 例えばデータ戦略TFのようなTF、WG、審議会、委員会等の資料や議事録の公開ルールは各省庁バラバラで、HPのどこに置いてあるのかもわかりません。
議事録一つとっても、例えば議事録と議事要旨はどういった場合にそれぞれ作るのか、いつまでに議事録を作るべきか、どういう公開形式にするべきかといったルールも必要でしょう。
(某省庁のある委員会の第1回議事録が2018年から現在まで公開されてません、会議後議事録を公開すると開催案内に書いてあるのですが……また、議事録をファイルではなくHPに直接文言を掲載している省庁もあります)
 政策作りをこういった場で公開して議論しているというのは行政や関連業界関係者ぐらいしか理解していません。
こういった有識者が何回も議論を重ねて法制度が出来上がっていることを国民に理解してもらうことこそ、行政への信頼性の第一歩です。
50ウェン 2020/10/29 21:00 ID:a77
賛成
2個目の投稿です。(全3回)

次に、以前「行政公開資料の番号制と検索・閲覧・保存サイトの創設@00156」と題したアイデアを投稿させていただきましたのでそちらをご覧いただければと思いますが、結局のところ行政が自分の組織の公開資料(冊子や写真等)すら全容を把握できず、年度が代われば過去のパンフレットなどは削除されて存在を忘れられていくのは税金を無駄にしています。統計や不動産なども良いと思いますが、写真や文書のデータといったデータを簡単に再利用出来るようにしたほうが行政実務上喜ぶ職員は多い気がしますし、いつか歴史として事業を検証するときに研究者などが参照しやすくなるでしょう。(そしてその研究を行政が生かすと)

また、他の方もコメントしていますが、データ戦略タスクフォースの議論には反対すべき内容は特にない一方、実際にどう実行するか不安なところはありますので今後に期待。
(検討段階だから当然といえば当然ですが)
51ウェン 2020/10/29 21:21 ID:a77
賛成
3個目の投稿です。

また、行政職員として思うのは、こういう制度が出来て実際に活用する段階に至った際、国が活用方法の例示をまとめられると思いますが、自由度が高くこれまで扱ったことがないデータ相手だとどう活用するべきかわかりませんので活用方法・事例を丁寧かつ豊富にまとめて頂ければと思います。
ここでコメントされている方々や平井大臣をはじめとするデジタル改革担当の皆様は現状を憂う心となんとかしたいというやる気に満ちあふれているでしょうが、ここ1年の急激なデジタル行政の変化はニュースを追いかけることすらままならない世界です。
画期的な制度を作ったはいいものの周知とマニュアル作りをおそろかにすれば、行政内部でも脱落者が続出し、制度が使われないまま、お金は消え、改革は頓挫することになりますので、熱血視点だけではなくついていくだけで精一杯の一般人視点を忘れないで頂ければと思います。
(公開できるならアイデアボックスのようなサイトにマニュアルを公開し、皆様の突っ込みを取り入れて随時修正できれば良いかもしれません)
最後に、一般人の意見を聞き、政策に取り入れる仕組みを心から応援しています
52便器株主 2020/10/29 21:44 ID:7fc
賛成
通信、流通、決済、日本語(文字、コーパス、意味構造、法律概念)、位置に関するデータの整理が必要だと考えます。

具体的に言いますと二年前私のPCにはアカマイテクノロジーズの広告が頻出していて「100億以上のネットショッピングにおけるユーザー体験のデータを収集」と表示されていました。我々はアマゾンで買い物をしてアカマイに情報を抜かれていた訳です。しかもそのことを『Society5.0』という拙著で書いた途端、広告は見つからなくなりました。ネットの通信データ、これはデータ資産です。

SINETは学術データのリポジトリとしては不完全です。やはり取り残されない人を減らすための自然言語処理、日本語コーパスの充実のための官民協力、国立国会図書館の保有する日本語データの管理の仕方は考え直すべきでしょう。
池袋の図書館でペッパー君に話しかけているのは子供だけです。明らかにペッパー君が話を理解しようとしないで適当にパターンで話しているからです。この距離を縮めましょう。
53便器株主 2020/10/29 22:02 ID:7fc
賛成
通信流通のデータの整理に関して具体的に書きます。
通信データは現在放置状態で、どんなサイトでも簡単に力技でダウンさせられます。これを高度通信技術で制御すべきなのは当然ですが、そのためには通信データを管理する仕組みが必要でしょう。グーグルはクエリ連続実行は拒否します。
取引流通データでは例えば民間ではロボアドバイザー、企業においてはマイクロ秒単位で売買を繰り返膨大なトランザクションがありますよね。このデータ整理は取引そのものよりも厄介かもしれません。マイクロ秒の取引データをどう捕捉するのか、でもそれが出来なければそもそも自動的に課税できませんよね。申告納税になるわけですが、ロボアドバイザーの申告をどうチェックします?
私は寧ろ人が反応できないマイクロ秒の取引を規制し、人間中心の社会を取り戻すべきだと思いますが、それが不可能だとしたら、あらゆる決済がオープンになる、検証可能になるべきではないかと思います。
54便器株主 2020/10/29 22:22 ID:7fc
賛成
住所、地理という固定的なデータと、位置、移動という変化のデータの両方の把握があっていいのではないでしょうか。日立がスイカのデータを売ろうとして非難されましたが、移動、消費行動、レシートの情報には資産価値があるもの、現時点ではこれが有効活用されていません。勝手にアカマイに吸い上げられているだけです。
55ウェン 2020/10/29 22:30 ID:a77
賛成
本題からは外れると思いますが、データ利用で以前から不満があったのを思い出しましたのでコメントいたします。

民間のデータについて、ストリーミングのような一時的利用だけのデータ利用とデータ所有の考え方について一度ルールを整理したほうが良いと思います。
例えば電子書籍を購入しても、アカウントの削除や会社が倒産したりした場合、買った電子書籍が見れなくなった事例があります。
以前調べたところ、電子書籍は紙の本とは違い、閲覧権を売っているという仕組みのようです。
このような場合、配信者の都合で手元に配信されていたデータを消されるといった事態も想定されますので、私は重要な本を電子で利用する際、紙の本を入手して裁断しPDF化してタブレットに入れています。
(同じ事はガラケー時代の着うたフルのようなサービスにも当てはまります)

今後ストリーミングが普及すると思いますので。安心して購入したデータを生涯使えるルール、例えば定価販売金額で購入したデータなら一定期間が経てば暗号化が解除され、私的利用ならアカウントや会社に関わらず使用可能といったルールがあれば嬉しいです。
56波の上の魔術師 2020/10/29 22:57 ID:265
賛成
先ず、我が国の国家戦略のうち、IT戦略を支えるのがこのデータ戦略であり、議論の都度、国家戦略上の位置づけ、目的といった関連性を明示して欲しい
データの取扱だけ突出しても効果が期待できない

次に、国家機関のうち、懐が厳しいと思われる議会及び裁判所による情報利活用についても推進されることを念頭に置いて欲しい
議院内閣制の下、各所が知恵を絞り、国民の厚生を高めて頂きたい
また、議会事務局の利便を向上させるとともに、国会議員(秘書、事務所を含む)自身の利用を促進し、国家戦略の検討、議会活動へ適切に取り組んでいただくようにしていただきたい

データ戦略の策定にあたっては、行政等国家機関側の利便だけ向上したところで、
企業収益や税収の向上に帰結しないため、民間側の利用に資するという観点をもっと入れていただきたい
同時に、民間からのデータ吸い上げにあたっては、そもそもどういう業種でどういう情報を持っているのか、必ずしも所管官庁の手元情報だけでは網羅性を確保しがたい場合が多いので、
各種業界団体への協力を働きかけ、国策として国民皆が豊かになる道筋を付けて頂きたい
57便器株主 2020/10/29 23:05 ID:7fc
賛成
デジタルの概念も曖昧な状況下なので、まずは行政における基本用語概念の構造データ化が必要だと思います。菅さんのデジタルはマイナンバーカードを活用した行政手続きの効率化、デジタル手続き法案におけるデジタルは、高度通信技術を利用した行委手続きの効率化ですよね。シリアル番号の解放はどうしても必要でしょう。
58ひらがなのはら 2020/10/29 23:15 ID:135
現場で仕事をし、本質的な意見を提示できるような方は皆、忙しい。こんな乱暴な意見の求め方は、上から目線のお上対応だと気づくべき。
『資料を5本ほど並べといたので勝手に読んで意見を述べよ、しかも無報酬で』
こんな要請は一般民間でやったら常識疑われるレベル。

エレベーターピッチじゃないが、それら資料を分析、研究した上で、一瞬で聞きたい意見の趣旨が把握できる程度に準備する、そこまでは担当の方の仕事。
その上で恭しく意見を求めるべき。

『自分たちの力が及ばないのはここです。自分たちは〇〇と考えますが、この見解について知見をお持ちの方のご意見をお伺いいたしたいと思います。
つきましては以下の選択肢より適当とお考えになるものをお選びください。
(以下、的を得ていてかつ、誘導を誘う表現でない選択肢を羅列)』
くらいのところまで持っていくことが必要。

平井大臣、河野大臣にお願いしたい。
まだ官僚は『行革や行政のデジタル化をやってます。してやってます感覚』が抜け切れてないようです。【期待のデジタル化】をやってます感に酔っている向きがあります。そへんのおかしな鼻っ柱を折るとこ
59ひらがなのはら 2020/10/29 23:19 ID:135
現場で仕事をし、本質的な意見を提示できるような方は皆、忙しい。こんな乱暴な意見の求め方は、上から目線のお上対応だと気づくべき。
『資料を5本ほど並べといたので勝手に読んで意見を述べよ、しかも無報酬で』
こんな要請は一般民間でやったら常識疑われるレベル。

エレベーターピッチじゃないが、それら資料を分析、研究した上で、一瞬で聞きたい意見の趣旨が把握できる程度に準備する、そこまでは担当の方の仕事。
その上で恭しく意見を求めるべき。

『自分たちの力が及ばないのはここです。自分たちは〇〇と考えますが、この見解について知見をお持ちの方のご意見をお伺いいたしたいと思います。
つきましては以下の選択肢より適当とお考えになるものをお選びください。
(以下、的を得ていてかつ、誘導を誘う表現でない選択肢を羅列)』
くらいのところまで持っていくことが必要。

平井大臣、河野大臣にお願いしたい。
まだ官僚は『行革や行政のデジタル化をやってます。してやってます感覚』が抜け切れてないようです。【期待のデジタル化】をやってます感に酔っている向きがあります。そへんのおかしな鼻っ柱を折るとこ
60とんかつ 2020/10/29 23:24 ID:598
活用のベースとなるデータの一つが自治体のオープンデータですが、公開して活用されるといった現実が見えないので取り組む自治体が伸び悩んでると思います。
大事だから取り組んでねという精神論ではなく、標準のデータセットくらいは、公開した自治体のデータを何らかの主体が収集して具体的な活用例を見せないと、オープンデータが広がることはないです。
先進的な自治体さんはコンテストをしたり頑張っていますが、国家戦略として取り組むには、実利のない精神論ではなく自治体が前向きに取り組むインセンティブを見せる必要があるでしょうね。
61MEN-R 2020/10/30 02:07 ID:7eb
賛成
セキュリティ面で甘いかなと思いました。
私が知ってる会社では勝手に他人名義で偽の登録(ドメイン等)をしたり、社員の個人情報を無断使用したり、社内のグローバルNWにプライベートスマホをつないでオンラインゲームしてたり酷いものです。
つまりすべての人的対象物にすでに中間者攻撃やトロイの木馬が埋め込まれてる前提でセキュリティ面を進めてほしいと思いました。
以前、民間の証明書発行機関が偽の証明書を発行してたことがありました。(どこだったか失念しました。)なので証明書発行機関(民間)だけでは証明の担保になりません。

民間企業の上層部は社内にあるものは経営陣のものまたは私物と捉える人が多いと思われます。
これらは民間が民間であるが故、当然の心理または行為だと思います。

個人的に思うのですが、住所や名前・パスワード等を含めこれらの文字はすでにダークウェブ等で漏れてると考えれば、個人情報で無いような気がしてなりません。数十種のリアルタイムスタンプをリンクさせたのようなものが真の個人情報であるような気がします。
固定文字はすでに漏れてると考え陳腐化させると様々な問題が解消されるかも
62ナカオエイジ 2020/10/30 09:11 ID:a68
賛成
先走りなことは分かっていますが、J-LISやJIPDEC、IPAなどの再編が視野に入っているのでしょうか。あるいはナショナル・データセンター構想があるのかーーなどと想像しています。
デジタルで一気通貫すると、自ずからそういう方向だと思うのですが。
社内政治という消極的な戦いを勝ち残ってきた経営トップ+ヒラメ状態のミドルマネジメンド+空気読めよの現場の方程式が、この20年間の閉塞を生み出したともいえるので、それを打破するには幅広い国民の支持が欠かせません。IT戦略室、デジタル庁準備室のみなさんだけに「日本の洗濯」を任せるのでなく、多くの有志を巻き込んだムーブメントになることを期待します。
63石黒猛雄 2020/10/30 09:59 ID:366
賛成
>>62 >>62 J-LISやJIPDEC、IPAなどの再編が視野に入っているのでしょうか。あるいはナショナル・データセンター構想があるのか?たしかにそうですね。ただ、まずは、ここで多くの方々が仰られているように、ある程度幅を持ってデータ標準やガイドラインを作るのが急務だと思いますが、J-LISやJIPDEC、IPAで意見が異なるなんてことがあるんでしょうか?
64石黒猛雄 2020/10/30 10:11 ID:366
賛成
>>49 ご意見に強く賛同します。別途アイデアとして上げさせていただきます。
65m.hidehiro 2020/10/30 11:51 ID:c67
中立
やはり懸念したとおり、コメントが大量で、それぞれの論点が多岐に渡っているので、まともに追えない状況になっていませんか。

今からでもいいので、それぞれの論点を整理して、具体的な項目ごとにアイデアを分けていただけませんか。それだけでずいぶん見通しが良くなると思うのですが。
66たこすけ 2020/10/30 12:05 ID:8c1
賛成
>>63 
ちなみに「意見が異なるなんてことがあるんでしょうか」とのこですが、あります。

APPLICなんてものもあります。基本的に趣旨は同じはずのJ-LISとAPPLICが統合できていないのに、更にIPAなど…となると先は長そうです。

地公体職員としてJ-LISの研修に参加する折々に、研修の仕組みをITSSで組みなおしてほしい。講師のレベルもそれに基づいて適切な人選をして欲しい。というお願いを延々としているのですが、簡単に言うと「ITSSはIPAの仕組み。うちは昔からお世話になってきた先生にお願いしているモデル。」ということでまるっきり意見が異なっております。

IPAがITSSを作っても、それは公務員には会わないとか何とかで、J-LISは独自に公務員のICT人材育成を謳い…という支離滅裂な状況が足を引っ張っているということをぜひご認識頂き、IPA主導での統合を進めて頂きたいと思います。
67石黒猛雄 2020/10/30 12:07 ID:366
賛成
>>65 たしかにそうですね。「データ戦略」というと幅が広すぎる。私は「データ戦略」を日本の具体的産業技術戦略である「スーパーシティ」「スマートシティ」に素早く反映して、産業を促進してください。という意見ですが、他の方向性でも素晴らしいコメントが多くありますから、それぞれを、議論の上、コメントに終わらせず、着地させるべきですね。
68石黒猛雄 2020/10/30 12:20 ID:366
賛成
>>66 うーん?それは困りますね。「オープンデータ利活用」や「スーパーシティ」「スマートシティ」は、共有とか共創がテーマなので、内輪もめや、縦割りは、致命的ですね。
69よっちゃん 2020/10/30 13:58 ID:6d2
中立
パーソナルデータの取扱いは、難しいですね。
データとして入っていても、それを取り出す時に許可や認証が必要。

ワンタイムパスワードは、個人の携帯を持っていないとダメだし、パスワードは忘れるし。

謄本をとる時の代理人や委任状をどうするかとか。医者や弁護士は委任状なしで見れるようにするかとか。

健康診断書を保険会社が見るのは嫌なんだけど、
今でも保険会社の顧問弁護士が請求すれば見れますよね。

預金データも、個人の許可なく税務署から調べられたら嫌ですよね。
個人の職歴や家族構成、住民登録などを、警察署から調べられるのも気持ち悪い。
70.kaz007 2020/10/30 14:24 ID:d14
賛成
さらっと拝見しました。

データを集める、データが集まる。←ここから手を出そうとしてると、ちょっと無駄な気がしますね・・・

データが集まってる←ここにアプローチできませんか?

例えば、鉄道ならすでにICカードが普及してるので、サーバにアクセスできる状態をつくればもう余計なことしなくていいと思います。

5gのインフラストラクチャーもそうですが、すでに通信の仕組みがNTTなどの仕事で整っており、情報が集まってるはずです。わざわざ同じの作る必要はないかと。

現在、ITユーザーの懸念として、急速な情報の拡大に伴い、データの第一情報源がわからなくなってきています。(シェア機能の普及の影響)

情報の起源を辿れるような、検索システムの作成は必要かと思います。(専用検索エンジンの作成など)
71場が大事 2020/10/30 15:29 ID:6fa
賛成
ベースレジストリに関して。行政への申請において、ワンスオンリーで呼び出すデータは、ベースレジストリからとあるが、統一文字基盤が必要であろう。自治体の基幹システムにおいても、UTF8やSJISなどが混在している場合もあるため、自治体が持ってるデータとの連携についても必要となるのであれば、日本国として、統一文字盤を定める必要があるのではないか。また、自己コントロールに基づき、ベースレジストリデータを変更した場合のデータベース間の連動性についても、時間や範囲(行政データまで変更?)の検討が必要であろう。
データを有機的につなげることがポイントとなるので、前提となる標準化を進めていただきたい。
72takashi-nt 2020/10/30 17:15 ID:63b
賛成
データ戦略を諸外国と比較する上で、大きな足かせとなるのが、縦割り行政と
漢字コードの問題ではないでしょうか
漢字コードの問題と解決方法についてまとめてみましたdrive.google.com/..TOGmA873OOIfFCXkS-uM
73ask_yoshi_taka 2020/10/30 20:04 ID:a84
クイックウィンという形でなにか比較的簡単なものでMVPを作っていただけるとレビューしやすく方向性見えやすくなると思います。
たたき台にもなるので。
MVPも各バージョンの時系列が見えるようにすると進化の過程や経緯が見えて無駄がなくなります。
74ikemo 2020/10/30 22:42 ID:c64
賛成
概要なのでなんとも言いづらいのですが、「レジストリ」と言えば過去にあった、UDDIを思い出します。

2000年頃はSOAP/WSDL/UDDIがWebサービスのインフラになると言われたのですが、全世界的に完全に失敗して、名前すら忘れ去られてようとしています。

少なくともこの失敗を繰り返さないように、大掛かりで実用に耐えないなものではなく、小さくでも実用的なものを作って改善を続けて欲しいです。
75takashi-nt 2020/10/30 22:55 ID:63b
賛成
日本のデータ戦略が外国に比べて遅れている問題の1丁目1番地は、漢字の取り扱いではないかと思います
漢字の取り扱いをまとめましたdrive.google.com/..J7t/view?usp=sharing
76RiceGate 2020/10/31 00:16 ID:84a
中立
戸籍統一文字と住基ネット統一文字がズレていることが国と地方のオンライン連携の障害になっているので統一して欲しい。
普段使っている名前の漢字と戸籍の漢字が異なるために困っている人も多いので、この際、旧字体や別字体は廃止してもよいかもしれない。
77ONGAENZOU 2020/10/31 03:24 ID:542
中立
開発にアジャイル型発想を。

どういう項目を、どこにどう入れて、各項目をいかに繋いでゆくかと言う論議と、そもそも何を網羅しなければいけないかと言う論議は、平行して進めた方が良いと思います。

当然システムは多義にわたる項目を網羅し、将来頻繁に追加削除訂正が行われるので、集約型構造は取れません。
分散型管理をしなければ成りません。
必要なデーターと機能の検討→入れ物の検討→必要なデーターと機能の検討、と言う具合に繰り返してゆく、いわゆるアジャイル型発想が必要になると思います。

ベースレジストリ(総目次)一つとっても、集約型にしたら、維持しきれなくなるのは目に見えています。
ちらっと考えてみても、タイトル、文書属性や要約を示すメタタグをどこに置くのが正解かだけでも、相等に難しい話です。

入れ物本体についても、従来型リレーショナルデーターベース(RDB)的に考えるか、ブロックチェーン的に考えるかで、話は大きく変わってきます。
(以降続く)
78ONGAENZOU 2020/10/31 03:27 ID:542
中立
>>77
(前項からの続き)
データーの利活用では検索をどうするかの問題もあります、データーは利活用されなければ、システム整備をする意味はありません。
早く確実な検索、機密が漏れない検索など相等に難しいです。

入れ物論議で言えば、IoTフレームワーク(IoT実現のためのOS)のようなものを使うことも出来ます。


組織横断管理をどうするか、機密をどうするか、投稿者の真正性、改竄、どうするか、大変な問題があります。
インターネットにおけるICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)のように、管理システムを管理するのは誰でしょうか。
技術基準であるRFC(Request for Comments)を管理するIETF(Internet Engineering Task Force)に相当するのは誰の仕事でしょうか。
後々の組織的問題もあります。。

(以降続く)
79ONGAENZOU 2020/10/31 03:40 ID:542
中立
>>78
(前項からの続き)
稚拙ではありますが、私の投稿と頂きました種々コメントがお役に立てばと思い、リンクを張ります。
==>ideabox.cio.go.jp/ja/idea/00083/


いろいろ詰め込みました、煩わしく感じた方いらっしゃいましたら、お詫びします。
80TB 2020/10/31 08:34 ID:b7c
賛成
我が国における基礎データ利活用における現状の課題や、今後のあるべき姿と理念、実現への方向性が体系的に理解できました。
様々な規格が乱立する前に、海外にも先んじて標準化を主導されることと思います。
誰が主体となって、どのようなデータをどのような方法で整備し、国民がその利便性をいつから享受できるのか、
今後、より具体的なロードマップが明示されることを楽しみにしております。
81北本安範 2020/11/01 04:09 ID:dda
賛成
・個人情報のトラストに関する意見(1/2)
 ・連携するベースキーはマイナンバーでよいのか?
 ・生死は連携していいのか?はたまた、機敏で秘匿の対象か?知れる不利益は?
・データの連動性と整合性を担保するしくみは?関係するシステムは必要最低限の項目を保持し、予断とできるデータを持つべきでないと考えるが取捨選択の基準は?既に保持するデータのトラスト評価は全体でするべきか?
・本人がすべての項目を制御すること(更新・削除・公開有無)すべきではないと考えるがその権利の有無をどう設定するのか?その法的根拠は?法整備は?
 ・本人自ら虚偽の修正を行うリスクはどう対処すべきか?
 ・トラストアンカーとしてアクセス履歴の保持義務の規定は?参照先にデータ利活用における不正防止策を義務づけるのか?事故発生時の損害賠償の規定は?事故発生時に追跡調査できるしくみをあらかじめ持つべきと考えるが有効な手段は?
・トラストアンカーとして守備力のみで犯罪に対応していては天文学的な費用負担と膨大な労力を必要とする。法整備で攻撃権利を定義して犯罪防止に努めてはどうか?
82北本安範 2020/11/01 04:15 ID:dda
賛成
・個人情報のトラストに関する意見(2/2)
 ・トラストアンカー(ベースレジストリのこと)に集中するピークアクセス量の想定は?基盤維持管理する費用負担の設定は?
・アクセスログで連携先から利用する目的を情報提供させてビッグデータを産み出し、秘密を担保して社会に販売してはどうか?想像以上の権益をなるが自由競争の阻害論を論破して個人への還元と税収以外の公共事業とするべきと考えるが国民からコンセンサスを得られるか?この益でサステナブルに運営することが可能になるしくみが社会全体の発展と公益につながれるように緻密な設計をする。
 ・ワンストップ、ワンスオンリーを実現するためには公的情報銀行を設立し、外的アクセスにおいて公的認証局及びトラストアンカー(ベースレジストリのこと)と一対に見せるべきと考える。公的情報銀行の定款に公的利益と個人情報に関して個人の権利と還元を約束すべきではないか?
83石黒猛雄 2020/11/01 11:04 ID:366
賛成
>>70 ご意見に基本的に賛成です。通信会社やsuicaや、pasmo、エネルギー会社等の元々公共データやそれに近いデータは、通信の秘密のルールを拡大して、匿名化、して公開すべきで、集めるよりも、元々集まっているデータのオープンデータ化を推進すべきです。ベース・レジストリの考え方もそれに近く、それで良いと思います。ただ、人のデータ等は、特に診療情報等は、匿名化しても、位置情報等により、本人特定される危険性があるため注意が必要です。統計データ的な処理が必要と考えます。要するに元々集まっている、公共データや公共データに近いデータの公開から推進すべきであるが、個人情報保護法やプライバシーやデータ所有権に触れる様なデータ公開は、注意すべきと考えます。
また >>14 さんのおっしゃるようにベース・レジストリのうち、オープンデータ化されるべき情報とアクセスコントロールされるべき情報を整理してわかり易く「見える化」していくことが重要と考えます。
84ktz2518 2020/11/01 11:17 ID:8af
賛成
使用部署毎に、SQLのバッチ処理のコマンド集で使いやすいシステム構築して欲しいですね。
85dkycel 2020/11/01 12:45 ID:60c
資料中下山構成員の指摘されてるメタデータ、Findabilityは重要と思います。紹介されてるのは、米国政府内の例のようですが、
民間に公開する範囲についても、メタデータ(タグ?)は必須と思います。利用者はたぶんいろいろなキーワードを入れて
欲しいデータセットを探そうとするでしょう。使い勝手を良くするためにも、機械学習を活用して(おそらく利用者の属性を
知らなくてもクラスタリングによって)、いわゆるレコメンデーションが出来るようになるはず。そうすればヒットしたデータセットがいまいち欲しいものとずれてる場合でも、レコメンデーションによって、より欲しいものに近づけるのでは?定期的なタグの自動更新も可能になるはず。
要はデータ整備して、公開し後の利用は民間におまかせというスタンスではなく、利用促進のため上記案を含め、定期的なアクセスログの解析により(検索失敗例の抽出等)、追加の必要な分野、データセットの追加検討、活用事例の公開とか利用促進策の検討も必要では?(おそらくされてると思いますが)。つまりデータの需要側と供給側の効率的なマッチングシステム、エコシステムの構築です。
86ぽんたさん 2020/11/01 17:59 ID:4b6
賛成
マインドマップになかった、
@00642『デジタル庁など認定の発達障がい者支援センター設置と横展開へ』等をマインドマップに入れてほしい。
発達障がい者の声をアイデア庁とアイデアボックスに提案したい。マインドマップに載せてほしい。福祉分野です。
1001件前のアイデアです。お願いします。
他の人もあります。よろしくお願いします。
87dai_meke 2020/11/02 18:41 ID:e1a
賛成
アイデアについては勿論賛成なのですが、データが整備されても使いにくければ意味がなく、国の施策からするに、今後はすべてマイナンバーとマイナンバーカードを中心とした展開になっていくのではないかと想像しています。

結局、官民関係なく、各サービスを受けるにあたり起点になる本人確認の方法が煩雑なことで、本人確認を必要とせず(煩雑なので極力さける)とも受けられるサービスが生まれてしまい、先日のドコモのような問題が発生する原因になると思い、マイナンバーカードを日本国民すべてに強制配付する(既存の国民には申請等に関係せずすべて国側から配付し、今後の出生においては、出生届とともにマイナンバーカードを発行する)方向にシフトする検討も必要ではないでしょうか。
※勿論、個人情報保護やセキュリティ等の課題があるのもわかりますが。

他、日本語は取り扱う文字コードが非常に煩雑なので、国のベースレジストリで利用する文字コードを統一し、同文字コードが全システムで統一的に利用されることになれば非常に助かります。特に外字とフリ仮名には辟易とします。
88takashi-nt 2020/11/02 21:00 ID:63b
賛成
>>87 マイナンバーは、アーリーサクセスの戦略で出てきたと思いますが、本丸はデータ戦略に基づいてベースレジストリーを構築することではないでしょうか。
私が、この漢字の問題を上げたのは、メーカーごとのjis第2水準を超えた漢字コードは、よく間違えて変換されてしまうことがあるということです。この問題は、外字みたいに字が化けてしまうと問題がわかりやすいのですが、第2水準準拠の漢字は、もっとらしい漢字に化けて発見が難しいということです。
89takashi-nt 2020/11/03 04:36 ID:63b
賛成
データ戦略の一番のポイントは、ベースレジトリーをいかに充実したものにするかどうかでしょう。 それには、いろんな機関から情報が集められるかでしょう。
と言っても霞ヶ関のメンバーがハイハイと情報を提供するとは思えません。
ベースレジトリーを作成する際に、身近で小さなカテゴリーから初めてはいかがでしょうか。そのカテゴリーでサービスを開始するような方向で進めてはいかがしょうか。
90案野裕行 2020/11/03 10:15 ID:b50
中立
この資料は誰向けなのか不明だった。政治家向け?
情報量は多いが、既存の情報を百科事典的にまとめただけで、長々とのべている割に見るべき情報は少なく、また、ページ数も多すぎ、網羅的すぎで何がいいたいのかわからなかった。抽象的過ぎ概念的過ぎ。

わかっている人には「ベースレジストリは重要」の1行で済むと思いました。それをどう実現するか、データフローやプラットフォーム、インフラはどうするのか また推進スケジュール案など、「具体的に進めるために必要な情報」が何も書いてないのが残念。

国際的に通用するデータ規格を目指すなどは当たり前と思います。
91takashi-nt 2020/11/03 10:35 ID:63b
賛成
>>90 これからだとは思いますが、この資料には どの様な時期に何をするという
工程案がないのが残念ですかね
92案野裕行 2020/11/03 10:43 ID:b50
中立
先ほども投稿したのですが、議論のレベルが技術から運用、国際動向まで網羅的すぎて百科事典的に発散しており、プロジェクト推進の観点からは実務的でないと感じます。

十分な経験と見識をもったレベルの高いプロジェクトリーダー(それがCIOやCDOなのかわかりませんが)に集約して、その方を軸にすすめないとこの進め方では、メンバーが多すぎ、議論のポイントも発散しており推進は難しいと思いました。第一回だからということではなく、方針や意味や目的を定義するキックオフはとても重要です。


下記、私の言いたい視点が書かれた記事ですがご参考まで。
(ジェット機開発はしたことはありませんが、システム開発やシステムプロダクトは20年しており一定のレベルと見識はもっています。)


三菱ジェット、ホンダジェットと明暗分けた「鉄則」
www.nikkei.com/..33660Z21C20A0X11000/

※国には失敗してほしくないので。
93takashi-nt 2020/11/03 15:20 ID:63b
賛成
データ戦略の資料をみて 私なりのスケジュールを作成してみました
ご参考までにご覧ください
drive.google.com/..8H4/view?usp=sharing
94
あぼーん
95ZZO 2020/11/03 20:47 ID:9e1
拝読させて頂きました。
「文字」についても少し言及されていましたし、ベースレジストリであまり詳細な事に触れるのもどうかと思いますが念のため。
本アイデアボックスへの投稿を見ていても分かりますが役所の現場の混乱や利用者の不満の種として「文字」が挙げられます。
文字は情報の根幹であり一度構築すると変更がなかなか難しいもので、過去の住基文字が現在も基準として使われていてそれが制約になってしまっているのではないかと感じています。
そこで気になっているのが、「住基文字(いわゆる改造Unicode)」や「加除フォント」「Unicodeと言いつつ使える文字はJISX0208+αの範囲」といったガラパゴス仕様をやめる方向で議論が行われているのか?です。
住基文字や戸籍統一文字はUnicodeに正式に登録されたはずなので、今後開発するシステムは
・システムが扱う文字コードはUnicode
・常用漢字や人名用漢字を他の文字に置き換えない(第三水準漢字やIVSを扱えること)
・戸籍統一文字が収録されている無料フォントを利用する
などは議題に上がっていますでしょうか?
96Noriko 2020/11/03 22:55 ID:171
賛成
データ戦略タスクフォースの資料、拝見させて頂きました。
一方、平成29年に総務省から出されている以下内容も拝見させて頂き、「第1節 広がるデータ流通・利活用等」のPDFの資料など論点がよく整理されていると感じています。

www.soumu.go.jp/..9/html/nc121100.html

今回のデータ戦略タスクフォースの中で取り扱う対象と、上記総務省にて記載されている内容(官民データ活用推進基本法等含め)の関連性を教えて頂けると幸甚です。
97内閣官房デジタル改革担当 2020/11/04 00:44 ID:ed7
賛成
>>96 Norikoさん
ご意見ありがとうございます。
ご指摘の報告書や官民データ法との関連ですが、これまでの検討はデータを利活用するというところが議論の中心でした。
アーリーサクセスを作るためにも、利活用の面の取り組みを進めてきましたが、データ標準や基盤から積み上げ、ルールを整備するることにより、データに関し持続可能な体系を目指しているのが今回の検討のポイントになります。
今後もご意見いただけましたら幸いでございます。
98内閣官房デジタル改革担当 2020/11/04 00:52 ID:ed7
賛成
>>95 ZZOさん
ご意見いただきましてありがとうございます。
文字はデータの基盤であると考え、従前から取り組みを進めてまいりました。unicodeを使うことや代替文字なども組み合わせて使うことなど、文字環境導入実践ガイドブックにまとめております。
cio.go.jp/..4_moji_guidebook.pdf
今回のデータ戦略では、このような文字にも触れますが、もう少し上位のデータ項目やデータモデルや活用場面にフォーカスをしていく予定です。
文字からデータ活用サービスまで、一貫した体制が作れればと考えております。ご意見ありがとうございました。
99内閣官房デジタル改革担当 2020/11/04 01:01 ID:ed7
賛成
皆様
多くのご意見ありがとうございます。スケジュールの話も何件かご意見やご提案をいただきましたが、年内に一旦何らかの形で取りまとめできないか鋭意検討中です。
多くのご意見を頂いたので、全てのご意見にお答えできていないのですが、今後もお気づきの点がありましたら、参考にさせていただきたいので、引き続きご意見いただけましたら幸いでございます。
100zanjibar 2020/11/04 11:56 ID:300
賛成
デジタル・アーカイブのフォーマットに、sqlite DB 形式をお願いします。ビッグデータになると、CSV 形式はかなりきついです。
sqlite DB スマホ、PCにはすべてはいっていますので、標準のデータ・フォーマットとしては、すぐれています。
101takashi-nt 2020/11/05 13:58 ID:63b
賛成
ベースレジトリーのデータの扱いですが、個人データなどのマスター的なデータとGPSなどのトランザクションデータは、扱いは分けた方が扱いやすいのではないでしょうか。
ベースレジストリー には、官のデータと医療機関の情報などの民間のデータも同じ扱いにするのでしょうか。
以上のことを踏まえて概要図を作成してみました。drive.google.com/..mlw/view?usp=sharing
102ぽんだい 2020/11/06 03:40 ID:d51
資料1にコメントします。

「4.データ戦略総論」がキモでしょうか?ここにデータ取引市場や情報銀行の文言がありますが、以降のスライドではプライベートセクターのデータがあまり出てこないように見受けられます。戦略の中で、パブリックセクターのデータと対比して位置づけた方が議論しやすいのではないかと思います。

もう一つの軸として、はじめからオープンであるべきデータと、個人に関する情報など機微データを分けて整理した方がよいと思います。たとえば6.のスライドの3.で「公益性の高いデータ活用」に触れていますが、この論点がオープンデータに持ち込まれると、オープンデータであれば当然可能であるべき自由な二次利用に制限がかかるので、一律の議論は難しいと思います。データライセンスの標準も合わせて検討してはどうでしょうか。

細かいところでこの文脈でよく出てくる「機械判読データ」の文言が気持ち悪いです。
「機械判読データ」は、ムラ言葉的に判読する対象のデータを指すものと理解していますが「機械判読可能なデータ」「機械可読データ」と違い、判読された後の出力の方を第一感で想像します。
103takashi-nt 2020/11/06 07:02 ID:63b
賛成
ベースレジストリー の進め方について、内閣官房様のご意見のなかで気になった点があったので。述べさせて頂きます。
1 スケジュールについて 
   スケジュールは年内を目標に作成されるということですが、それはベースレジストリーの内容が決まらないので、作成できないのでしょうか。 今回のプロジェクトを進めるに当たって平井大臣が仰っていたユーザーインターフェイスを決めてからデータを決めるという方式をとるのであれば スケジュールを決める際にも
その様な配慮をする必要があるでしょう。
2 ベースレジストリー とユーザーインターフェイスについて
   今回のプロジェクトでは、ユーザーインターフェイスとベースレジストリー が常に緊密に連携をとりながら進めていくのが望ましいと思います。
104MOSMOS 2020/11/06 08:45 ID:be8
情報銀行などデータベースが出来た場合には、どのようなデータが収集され、提供されているのか、どこからアクセスできるのかなど、広く活用されるための広報をお願いいたします。利用しやすいように整理された情報であることも望みます。

また、小規模事業者は高額負担には耐えられませんので、株式での支払いを可能にするなど、負担軽減の工夫があえばありがたいと思います。
105pia 2020/11/06 08:48 ID:246
賛成
ベース・レジストリの整備、とても重要だと思います。

こちら↓でも書かせていただきましたが、国が発表する統計データを作成するために、企業も省庁も莫大なコストをかけています。
ideabox.cio.go.jp/ja/idea/03388/

ベース・レジストリから必要なデータを引っ張って統計作成に使うようにすれば、企業も省庁も統計作成のコストを大幅に減らすことができると思います。

タスクフォースの資料の中でそういう議論(統計調査への活用)はされていないようですが、是非そういう観点も入れていただければと思います。
106しぶ 2020/11/06 09:42 ID:229
賛成
>>28 私も、ざっと資料読んで次のように思いました。
 少なくともDIDあるいはブロックチェーンについて何も記述が無いのは、テーマから言って不足。そっちは民間で、役所は役所として別のものを作るということ?
 eKYCの記述が無いのも不満。

関係ないですが、このシステム、コメント追うのが、やたらと面倒、、、、
107takashi-nt 2020/11/06 09:46 ID:63b
賛成
>>106  ベースレジストリー と一括りにしていますが、現状で使用可能ものは
使用する様な切り分けが必要ですね。
108一期一会の和尚 2020/11/06 13:40 ID:6cb
賛成
ほぼ毎日サイトにアクセスしていますが、今までこのような重要な投稿があることに気づかず、コメント遅れて申し訳ありません
資料の方、隅々まで読ませて頂きましたが、これほど素晴らしい施策はかつて見たことがありません。日本の歴史が変わる様が見れてとても嬉しいです
データのアクセシビリティも大切ですが、一番大切なのは公開しているデータの種類の数ではないでしょうか?
例を挙げればキリがないですが、今後10年で最も重要な情報の一つになると思われる衛星画像、世界中で高額取引がされていて様々な応用がされていますが、誰でもこれが利用できればこれほど素晴らしいことはないと思います
イノベーションを起こす為には現在政府が無料公開している衛星画像の解像度、撮影頻度よりもう一段階上げる必要がありそうです
他にも沢山ありますが、例えば
・交差点の信号の有無(指定場所までの所要時間を計算するのに必要)
・道路の交通量
これらは警察等が公開していますが、メールで連絡したり入手するまで苦労しそうな感じです
様々な業種で利用できるデータが沢山公開されるといいなぁと思います
大変なお仕事だと思いますが、頑張ってください
109ほまる 2020/11/07 12:16 ID:9ac
データ戦略やベースレジストリの議論にあたり、データ戦略タスクフォースでは以下の研究・提言を参考にされているでしょうか。

マイナンバーの検証と今後の展開に関する研究 ―「マイナンバー世帯」についての試論 ―
www.fujitsu.com/..2019/report-465.html

住民サービス、給付や税等を考えるにあたり「世帯」や「戸籍」をどう扱うかが重要な課題になると思いますが、データ戦略タスクフォースの資料上はそれらについて触れられていませんでした。
上記の研究レポートの特に後半第5章、第6章では「世帯」等をどう扱うか、制度設計やデータ整備にも踏み込んで将来像を描いた提言になっています。
もしまだであれば、このレポートから論点を抽出し、しっかり議論されてはいかがでしょうか。
110takashi-nt 2020/11/07 12:32 ID:63b
賛成
>>109  データ戦略の策定に当たって、このタスクフォースのアウトプットとしては
どの様な地点を想定されているのでしょうか。
1 ベースレジストリー の基本的な枠組みを決定
2 ベースレジストリー のデータ構造を決定
3 今後のサービス開発への橋渡しとなるベースレジストリー の作成
それぞれによって、議論の論点が変わっていくのではないでしょうか
111Noriko 2020/11/07 14:35 ID:171
賛成
>>97 ご返信どうもありがとうございます。
データを利活用するために必要となる、データ標準・ルールを整備といったところが本件のスコープということ了解いたしました。

尚、総務省資料冒頭にてデータを以下4分類されていましたが、
1)政府:国や地方公共団体が提供する「オープンデータ」
2)企業:暗黙知(ノウハウ)をデジタル化・構造化したデータ
3)企業:M2Mから吐き出されるストリーミングデータ
4)個人:個人の属性に係る「パーソナルデータ」

今回のデータ整備対象としては、資料1のP8の記載(個人、法人、不動産、住所、法律・制度、地図、気象、文字、公共施設、インフラ、資格などを想定)から、上記1)~4)の分類でいうと1)や4)の一部が、現時点での優先的整備対象という想定になりますでしょうか。
112takashi-nt 2020/11/07 14:43 ID:63b
賛成
>>111 政府や地方公共団体のオープンデータ、パーソナルデータの整備を優先的に行い、それをベースに作業を進めていくということでしょうか。
保健医療のシステムを考えると、医療機関とのデータ連携が必要となると思いますが、それは次のステップということでよろしいでしょうか。
113便器株主 2020/11/07 15:12 ID:7fc
賛成
似たような繰り返しになりますが総務省が言うところの「脳情報データベース」が抜けているように思えます。GAFAらは対話やメール、SNS、翻訳などでデータを蓄積していますが、日本語データの肝は近現代の著作品データ(文学だけではありません)だと思います。書き言葉のデータを無視して脳情報データベースはできないかと。NICTなどの成果をオールジャパンで活用できる未来に期待します。
114takashi-nt 2020/11/07 15:18 ID:63b
賛成
>>113
デジタル改革のチームとしては、一度にはできないので国や地方公共団体から
進めていくのでしょう。 この欄に寄せられた意見にも様々なデータがありましたのでデータ整備と並行して、ベースレジストリーデータの分類を行われたらいかがでしょうか。
115
あぼーん
116内閣官房デジタル改革担当 2020/11/08 22:32 ID:ed7
賛成
皆様
データ戦略TFの会議資料にご意見いただきましてありがとうございました。すべてを吸収できているわけではないのですが。9日に第二回会議がありますので、中間的に資料としてまとめさせていただきました。
第二回の会議資料が公開されましたら、いくつかのテーマで、またご意見をお願いししたいと考えておりますので、ご覧いただけましたら幸いでございます。
117よっちゃん 2020/11/09 16:40 ID:6d2
中立
欧州には、GDPR一般データ保護規則があり、本人の同意を得ないデータ利用に罰金が課されます。

日本も同様の法律を作り、個人情報を保護しないと、民間企業などからの危険性から逃れられないと思います。
また、全ての個人情報を警察や税務署などに把握されることに反対します。
118takashi-nt 2020/11/09 16:43 ID:63b
賛成
>>116
第2回の資料が公開されたら コメントしてください。
119RiceGate 2020/11/09 16:57 ID:84a
中立
>>117
日本にも個人情報保護法という法律があり、個人情報の利用は規制されています。ただ、あまり規制を厳しくしすぎると、データの活用が阻害され、ITの活用や経済活動にも悪影響を与えることになります。
また、全ての個人情報が警察や税務署などに把握されることは問題ですが、ある程度把握できるようにしておかないと、犯罪捜査や税金の徴収に支障をきたし、犯罪者や脱税者だけが大喜びする結果となります。
120便器株主 2020/11/09 19:53 ID:7fc
賛成
総務省では脳情報の重要さに鑑みCiNetやNTTデータなどに研究をさせていますがそのデータはツイッターや生身の普通の人間から集められています。しかしここに疑問があります。小説の新人賞の応募作でさえ、真面なものは百に一つもないと言われます。つまり圧倒的に多くの言葉は「真面」ではないのです。ツイッターやヤフー知恵袋、エコーやシリ、コルタナが集めた言語より、編集を経た近代文学・現代文学の方がはるかに「真面」な筈です。酔っ払いの戯言にも対応できる自然言語処理があっても、真面な話が通じないのであればやはりそれはお馬鹿です。真面なデータを沢山食わせるには、産学官の協力が必要で、より自然ではない「改まった言葉」にも対応できるべきでしょう。例えば今「シナ」という言葉は漢字変換されませんがこれは「チャイナ」と同じ意味です。夏目漱石は支那人は支那人と呼んでいましたがいとうせいこうや奥泉光でさえ「友達は中国のある資産家の息子で」と『こころ』に書いてあるのを見て「これが中国ならかなり国際的ですね」と燥ぐ始末。近代文学のデータの有効活用なくして日本の未来はありません。著作権の存続する文学作品の提供が必要です。
121ウェン 2020/11/10 23:08 ID:a77
賛成
本アイデアの第2回版について、アイデアを分けた意見募集が先ほど開始されたようですね。

[事務局]第2回データ戦略TFへのご意見をお願いします。(総論) @03678

[事務局]第2回データ戦略TFへのご意見をお願いします。(データ整備)@03679

[事務局]第2回データ戦略TFへのご意見をお願いします。(プラットフォーム整備)@03680
122野瀬田裕樹 2020/11/18 09:33 ID:2a5
賛成
【雑感】
具体的な中身の話ではなく、複数領域にまたがった概念的・抽象的な内容なので、大筋は賛成します。が、課題は具体的な計画・運用の中で発生してくると思います

【コメント】
(1) 資料の作りがそもそもUX的に微妙。デザイナーのレビューが入っていないことが丸わかりです。構想、および資料作成の段階からデザイナー/エンジニアを入れてほしいです

(2)ベースレジストリを作りたい、という話は大賛成です

(3) ベースレジストリの構想の中で、カタログサイトの話は不要だと思います。ベースレジストリ自体を外部アクセス可能にしておけば、企業・個人側でもそうしたカタログサイトは作成できると思うので、ベースレジストリの一覧を外部から取得できるオープンデータにしてください

(4) 〜〜の必要があるのではないか、という提起で終わらないように、個々の課題・提起に対してのロードマップを作成し、それを公開してほしいです。検証が必要ならいつまでに計画を立て、いつ実施し、いつ横展開するのか、など
123信長たろう 2020/11/24 10:57 ID:233
賛成
おはようございます。
データー戦略は一つの手法ですが、データーをそのまま使えることは少なく、加工が伴い、また解読スキルを必要とし、しかもどのデーターが正しいか?いつ更新したか?誰が更新したか?(何か意図はないか?)等、該データに基づき判断した場合、常に正しく着地できるかどうかがわかりませんので、新たな調査が必要となります。
 実は多くの(機密情報以外の)有効なデーター情報は既にネット上にあると考えています。

私はもっと人と人とを言葉の障害を越え、世界中につなぐことによって、ビシネスが加速し、またコミュニケーションが加速し、正しい最新版のデータが互いに得やすくなると考えています。

自撮り顔動画が、自分の代わりに、仮想オフイスや仮想会議室に出席し、あるいは一対一で面談し、所有データーを共有し合うシステム:「自撮り顔動画が出勤するAI電子勤務&人事管理」をご提案中(その他のジャンル)ですので、ご一読をお願いできますと助かります。

なにとぞ、よろしくお願い致します。
124ITまさくん 2020/11/27 05:36 ID:d55
中立
政府DXの目的(利便性だけでなく、SDGsの何処の改善かなど)を左欄に、現状とDX目標を右欄に記した素案を国民または専門家グループに開示して、意見やアイデアを募らないと、全体最適で具体的かつ俯瞰的で効果的ななプロジェクトデザインは出来ないと思います。
125信長たろう 2020/11/27 10:34 ID:233
賛成
国家の大計がないが為に、種々のアイデアが既存のインフラや各種システムの枠組み内の発想となり、「あちら立てればこちら立たず状態」になり、アイデアボックスも、なかなか機能しないと感じております。

 今回、国家の大計を以下のように仮設定し、「バリウスリンク会議」という多くの自治体&多くの企業:官民一体となり、世界圧倒的NO1のハイテク商品を日本全国の各市で製造し、世界各国に分担して輸出するような構想を考えております。
 もし、ご賛同いただけましたなら、詳しい資料をお送り致しますので、ご連絡を下さい。

<仮国家の大計>

 暮らしやすいEV&自動運転レベル6(EVが意思をもつ)にて、多くの人が生活し、また人事&勤務管理が可能で、仕事効率3倍になる「自撮り顔動画が出勤するAI電子出勤システム」の導入によって、オフイスや家が余り、その跡地に、天軸型太陽光発電システムやEV蓄電池交換ハウスを設定し、地産地消型の温室効果ガス0社会を2050までに達成する。
 特に、高齢者・障害者が、行きたいところに行き、ケアセンターや病院などに、人を介さず行くことができ、介護に関する負担を解消する。
126takashi-nt 2020/11/27 10:51 ID:63b
賛成
>>125 現実にアメリカでは、evとカーシェアリングを組み合わせでいつでもどこでも車を呼び出せるシステムを本気で試作している企業があります。 その構想で
は今の駐車スペースの90%が不要となる試算があるそうです。
127信長たろう 2020/11/27 17:57 ID:233
賛成
>>126
コメントをありがとうございました。
アメリカの車を呼び出せるシステム構築の情報をありがとうございました。
呼び出し車は、人が基本的に乗っていないので、人をはねないようなシステムができあげれば、スピードも大丈夫ですが、もの陰からコンクリートブロックを投げつけるようないたづらなども想定せねばならず、レベル4以上に関しては、10㎞/h以下の低速に落ち着くと見ています。
 
レベル2~6のモード切替え可能な暮らしやすいEV(臭いのしない水洗トイレ付帯、交換型の大型水タンクを搭載し、電磁弁付の大型排水タンク付帯)やドライブスルー型蓄電池交換ハウス、そして人事管理が可能な自撮り顔動画が出勤するAI電子仮想オフイス・会議室システムを世界に先駆けて構築することが求められています。

上記の顔動画のテレワークシステムと暮らしいやすいEVで、移動しながら生活する人が増加してくれば、家やオフイスが余り、その跡地に再生可能エネルギーやドライブスルー型の蓄電池&大型水タンク交換ハウスを設定することができるようになります。

 地産地消のエネルギーで、電信柱や鉄塔設置&送電線を廃止できると考えています。
128takashi-nt 2020/11/27 18:49 ID:63b
賛成
>>127 少し説明がたりませんでした。 このアメリカの話は、自動運転技術の先の話として、スマホ呼び出し配車システムの事業があります。 彼らは、本気で近い将来そういうことが起きると真剣に思って事業化しているのです。 この辺りがアメリカの底力の様な気がします
129信長たろう 2020/11/27 23:00 ID:233
賛成
>>128
こんばんは、再度のコメントをありがとうございました。
確かに、現状では米国の方が圧倒的に活性化していますが、発想の転換を舵取りできれば、もともと潜在力はありますので、日本も捨てたもんじゃありませんよ。

まず、東大の有名な先生でも勘違いをされている「一つ一つ丁寧に解決していく」の発想を止めなければ、堂々巡りの議論を繰り返すだけです。「全てを同時進行させる」ことが、唯一の解決方法であり、それが本来のSDGsの考え方ですので、意識改革を行いましょう。

 英国は2030年までにガソリン車の販売の禁止を決定しましたし、今後追従する国も増加することでしょうが、日本も同様に名乗りをあげて、自動運転レベル6の暮らしやすいEVとドライブスルー型蓄電池交換ハウスを早急に立ちあげ、世界をリードしていきましょう。そして、天軸型太陽光発電システムを地産地消型で世界中に普及させ、世界標準に致しましょう。
130マサト 2020/11/28 09:31 ID:3e6
賛成
公文書データの保存期限が、ものによって、3日であることを政府の国会答弁で知りました。このルールがいつの時代から引き継がれているのか知りませんが、公文書データの保存期限は、テクノロジーの発展に従い、柔軟に見直すべきです。磁気テープなど記録メディアの記録密度は文字通り桁違いになっています。
公文書データは国民の財産であることを考えれば、極端ではありますが、全てを永久保存とするのが良いと思います。
131takashi-nt 2020/11/28 11:23 ID:63b
賛成
>>129
システム開発の現場では、よくある議論を尽くすというシステム技術者の陥りやすい問題だと思います。 私が参画したシステムで明日カットオーバーという日に
いきなり打ち合わせを初めて、結局朝までかかりました。
今回のデータ戦略の資料を拝見していると、そのことが脳裏をよぎりました。
以前にも 工程表を作成させていただいたのは、少なくとも大日程だけでも
作成した方がいいのではないでしょうか。
携帯電話も ガラケイの時代にnttの仕様を全てテストを完璧にする為に 膨大な工数を行っていました。 これに対して、スマホの時代になるとbest effort という形で進めて行きました。 これがスピード感に繋がったと思います。
以下のurlに工程表をあげています。drive.google.com/..SD6/view?usp=sharing
132りゅうきん 2020/11/29 09:04 ID:29d
賛成
まさに実務のデジタル化の一案で素晴らしいと思います。
私が事務で経験した範囲では
1.地図 都市計画図の地理院への統一 200km2の面積を作図すると概ね1億円
    1億円払っても、そのデータを一般に開放しないと税金の無駄遣いだと思います。
    QGISのような環境でもすぐ使えるように、環境設定ファイルを配布してもらうと、さらに有効利用の促進になりそうです。
2.土地・住所・不動産
    法務局の保有している、電子データの公開が不可欠かと思います。
    現在は市町と法務局で事実上二重管理のような状態ではないでしょうか。
    所管としたら境界の件があるので明らかに法務局。
3.道路 国道・県道・市道・開発道路とそれぞれ別々に管理している場合が多いように思えます。
    せめて網図だけでも統一フォーマットにし、国で管理してほしい。
    これにより、より自動運転等の技術への転用はとても楽になりそうです。
    これから自動運転がひろまればこういった道路情報の電子化はとても有益であると思いま。
マイナンバーに固執しないように頑張ってほしいです。
133takashi-nt 2020/11/29 10:20 ID:63b
賛成
>>132
データ戦略の方向性ですが、平井大臣や河野大臣のお話から察するに、次の様な手順でデータを整備していく方向が望ましいのではないでしょうか
1 行政手続きに関係するデータを整備する
2 保健、医療に関係するデータを整備する
3 不動産情報、立地情報などを整備する
4 外部のオープンデータを取り込む
これらを整理して作業を進めていく方向がいいのではないでしょうか
134りゅうきん 2020/12/01 07:13 ID:29d
賛成
投稿先間違い・・・削除です。
[事務局]第3回データ戦略TFへ移動!
ところで削除ってないんですね。
また,議論が終結したら入力禁止もあったほうがいいような?
135takashi-nt 2020/12/01 10:06 ID:63b
賛成
>>134
今回のデータ戦略は、全てで100点満点を取ろうとするのではなく、80点でも
早期にリリースをすることを目指すべきでしょう。 よしんば、データ戦略で100点のベースレジトリーができたとしても それはシステムを作る側の自己満足になってしまう可能性もあります。それよりもuiを含めたシステム全体をリリースして
ユーザーの判断を仰ぐ方が より多くの人に使われていくと思います
135.1cfpszqsxjt 2021/01/21 23:40 ID:???
135.2Marcelo Mascorro 2021/02/02 01:40 ID:8Ny
反対
You Won&>>40;t Want To Miss This! 50 pcs medical surgical masks only $1.99 and N95 Mask $1.79 each.

Special Offer for the next 48 Hours ONLY! Get yours here: pharmacyusa.online

Many Thanks,

「アイデアボックス」を2ch風にしてみた。| デジタル庁板
135.3名無し 2021/02/20 23:24 ID:???
ミスタ一マイナソバーと言われてる人は、

マイナンバーの利活用の整理に回る立場としても、
制度を作った立役者(実際は当時の部下が立役者)として
個人情報保護を整理する立場に回っても、相当ヤバい。

強引な曲解も多い。押し付けが多い。嘘も多い。
任せては危険

  投票
本家に投稿する場合はここから