板に戻る 全部 本家 最新10 1-

デジタル庁長官人事について @00085

1hoge 2020/10/09 20:53 ID:b90
デジタル庁長官人事についてソフトイーサ会長、NTT東日本の登大遊を強く推薦します。
テクノロジの運用、法律/社会上のシステムの運用をお互いに上手く作用させて両輪を回す必要があります。
それが日本の健全な発展にとっても不可欠、不可避である事は間違いありません。
ですがITに関しては日本はそれほど上手くいっておらず、欧米諸国や近隣のアジア諸国に対して遅れをとっています。
むしろ日本の社会を見ると目に見えないITが生活や社会に入り込む事に拒否感を抱く方が多く、また、政治家の中にもそのような方もいるように思えます。
このような状況を打破するにはITの力で社会をより良い形に変えれるという信念と、それを達成できる実行力を持ち、成功例を生み出す必要があります。
登大遊は既に、多くの社会的な常識、圧力、仕組みを圧倒的な技術力、観察力、実行力で変革し続けています。
このような才能を以た人間は世界的にみても稀です。
今回デジタル改革、改革と言える程の変化をもたらし、日本の世界からの遅れを取り戻し追い越すことできるのは彼しかいないと思います。
2くさはぐれ 2020/10/12 00:43 ID:77c
賛成
賛成です。以下の記事にあるように登氏には特例を勝ち取るための実行力があり、セキュリティにも詳しいことから、ぜひデジタル庁に関わっていただきたいです。

www.itmedia.co.jp/..2006/14/news015.html
3ひげ 2020/10/13 09:01 ID:442
賛成
>>2 まったく同意!です。
4hr2 2020/10/13 10:30 ID:6b5
賛成
賛成です。4月にIPAとNTT東日本からシンテレワークシステムが公開され、誰が作ったのだろうと思っていた所、5月にそれを説明する文章が公開されました。
telework.cyber.ipa.go.jp/news/20200514/
たった65万円のコストと、1人当たり数十円のランニングコストで、数万人が使用出来るシステムを作った人、若しくはチームの、少し皮肉を込めた文章に、一人快哉を叫んでいました。
この時は作成者の名前が公開されていなかったので分からなかったのですが、これを作った人なりチームなりは、非常に「分かっている人(天才)」だと感じたものです。
後にニュース等で名前が公開されて、登氏だという事が分かりました。
こういう方にやって頂ければ、最も少ない税金で、最も多くの効果が得られる事が期待出来ます。これぞ税金の正しい使い方だと思います。
5ひげ 2020/10/13 10:44 ID:442
賛成
>>4 賛成コメントありがとうございます。レイヤ1からタッチしている、プロ中のプロです。
6ひげ 2020/11/03 06:08 ID:442
賛成
>>4 登さんのFBから
www.facebook.com/dnobori地方自治体の職員の方々へ、LGWAN からのアクセステストのお願いがあります。
LGWAN 内に、1990 年代のようなおもしろ自作掲示板を置いてみました。
正常に市町村の LGWAN 内環境からアクセス、書き込みできるのか試してみていただければ幸いです。
まだ誰もいませんので、常識の範囲内で何でも書き込み、スレッド作成していただいて OK です。
LGWAN 内のアドレスは、forum.ipa.asp.lgwan.jp/ です。
インターネット側からも一応アクセスできますが、掲示板の読み書きはできません。
インターネット側のアドレスは forum.lgwan.cyber.ipa.go.jp/ です。
7ひげ 2020/11/14 09:44 ID:442
賛成
デジタル庁に民間100人超 首相トップの直轄組織に

www.nikkei.com/...66190930T11C20A1MM8000/

  投票
本家に投稿する場合はここから